<< 10/27秋のお散歩服部緑地公園編 | main | 11/4「いのの恩返し」@下北沢 近松(前編) >>
11/1MONTOBA'18@大阪市立大

11/1は大阪市立大学の大学祭「銀杏祭」で開催されたMONTOBA'18に行ってきました。

 

会社終わりで向かいましたが、まずは「あびこ」駅近くで腹ごしらえ。

 

久々に「ラマイ」でスープカレー食べました!

 

「野菜」をベースにチキンをトッピング。

 

ごはんは「中」にしたんですが、「小」でもよかったかもと思うぐらい、スープカレーがぼりゅーみーでした。

でもおいしかったーーー!!!

 

「ラマイ」を出て、歩くこと15分。無事、大阪市立大学に到着。

 

会場のある大音楽練習室まで大学のキャンパス内を移動したのですが、なんか、うっかり学祭に忍び込んだ人みたいな感じがしてちょっとドキドキしました(^^;

 

会場前に着くと看板を発見。

 

台風クラブからライブを観ることができました。

台風クラブはずっとライブ観たいなぁと思ってたので、今回観れて嬉しかった。

 

関西のバンドだけあって、関西弁で学生たちに話しかけたりしてるのもなんかよかったんだよね。

 

楽しげな曲もたくさんあったので、またライブ観れたらなと思います。

 

トリは「THEラブ人間」。

 

セットリストは

 

砂男

これはもう青春じゃないか

クリームソーダ

りんごに火をつけて

わたしは小鳥

新曲(電波だったのかな?)

〜アンコール〜

新曲(こんなもんじゃねえんだ)

 

砂男の前に、まだ正式にライブが始まってない段階(?)で1曲歌ってたんだけど、多分、「21世紀”楽勝”宣言」だったと思う。

 

いきなり砂男からくるとフラットな気持ちのまま聴けるので、うるうるスイッチは入らず、終始笑顔で聴いてました。

 

なんというか、砂男の時点では盛り上がりがまだまだ〜といった感じだったんだけど、「青春」やり始めた頃から学生のボルテージが一気に上がって会場の雰囲気が変わったのが面白かったな。

学生のノリがまた楽しかった。

金田さんステージ降りちゃって、学生に囲まれながら歌ってたし(笑)

 

次のクリームソーダもかなり盛り上がってました。

 

会場内、学生ばっかり来てるのかな?と思ったけど、学生以外のお客さんも半分ぐらいいたみたい。

 

個人的に、この後にやってくれた「りんごに火をつけて」はちょっと反則だったな。

うるうるきそうになるのを必死で抑えてた。

ラブ人間の中でグッとくる曲の1つ。この曲と「砂男」と「おとなになんかならなくていいのに」はやばいね。

 

最後は新曲(電波だったと思う)

 

風のようにライブをやって風のように去って行ったって印象を受けた。

 

アンコールが起こってステージに再び登場したとき、「何聴きたい?リクエスト受けるよ」とかいっておきながら、結局新曲を演奏し始める金田さんが最高でした。

 

さらに、ダブルアンコールも起こって、金田さんだけ登場。

昔、曽我部恵一バンドとライブしたときに、ダブルアンコールが起こってそのときに歌えなかった曲をやるっていって、その頃ツイッターが出始めたころで、ツイッターの歌?っていうのを歌ってました。

 

とにかく、さっきも書いたけど一瞬で学生たちの心をつかむラブ人間の演奏がすごいなって思った。

あと、金田さんがいい意味で、この大学はやべーなって何度もいってたのが面白かった(^^)

あの雰囲気はほんとよかったなぁ。

 

なんとなく行ってみよう〜って思っていったライブだったけど、めちゃめちゃ楽しめました\(^o^)/

 

| ライブ鑑賞 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:25 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3578
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと