<< 7/20ライブ鑑賞@FLAMINGO THE ARUSHA | main | 7/22どうでしょうキャラバン2018埼玉 >>
7/21「いの誕」@下北沢 近松

HAPPYBIRTHDAY〜井乃頭蓄音団〜♪&わたし〜〜(笑)

 

ずっと念願だった自分の誕生日にいのちくのライブを観に行くという夢が、今年ついに叶いました!!

 

しかも、ライブの企画自体も「いの誕」=井乃頭蓄音団の誕生日、というもの。

 

4月にBYGのライブを観に行ったときに、このイベントの発表があって「いのちくと誕生日かぶってるーーー!!」ってめちゃめちゃテンションあがりました(^^)

 

井乃頭蓄音団の結成が、7月のこの時期だったみたい。(しかし、正確な日にちはわからないのもいのちくらしいというか松尾さんらしいというか。。。)

 

チケットもソールドアウトしていて、満員のお客さんと一緒にいのちくの誕生日をお祝いできたのも嬉しかったです(^^)

 

ライブは19時過ぎからスタート。

 

まずは、この日のために結成された「タカユキカトーバンド」が登場。

ヒロヒサさんもギターで参加されてました。

 

セットリストは

 

赤いかきごおり

君の銀色のギター

練馬区の歌

七夕のお祭り

ピンク色の部屋

 

ラスト2曲がエモい!!!

 

前にタカユキさんとヒロヒサさんがやってた「ひらくドア」というバンドで、一番好きだったのが「七夕のお祭り」という曲なのです。

2012年の見放題がちょうど七夕の日で、この曲やってくれた記憶あるなぁ・・・(懐)

 

タカユキさんの歌声も懐かしかったし、タカユキさんの横でギター弾いてるのがヒロヒサさんっていうのもちょっと感動だった。

 

さらにラストでやったのが「ピンク色の部屋」って!!「ピンク色の部屋って」!!!(大事なことなので2回言いました)

 

ちょっと鳥肌立った。

 

ひらくドアが解散してもう4年も経っているっていうのも衝撃だったな。

 

でも、この日のバンドスタイルのライブを観て、「ひらくドア復活!」とはいわないけど、今日みたいなスタイルでバンド形式のライブをまた観れたらいいなぁと強く思ったのでした。

 

ほんと、いいライブだった。

 

続いて登場したのは、THEラブ人間の金田さんだったのだけど、転換の間に、どこからかマイクを持った松尾さんの声が聴こえてきて、「どこ!?」ってみたら、DJブースに松尾さんいました(笑)

 

DJブースに戻ってくる元忘れの梅津さんを待つ間、「ひらくドア」について熱く語ってたなぁ。

わかる!わかるよ松尾さん!!と思いながら話を聞いてました。

 

梅津さんとは同い年とのことで、片づけを終えて戻ってくるDJ梅津さんを呼びこみしてました(^^)

そういえば、DJに合わせてちょっと踊ったりとかしてた記憶あるな(笑)

 

そんなこんなしてたら、金田さんのステージがスタート。

 

順番は忘れちゃったけど、覚えてる曲は

 

コウタ

東京の翌日

桜の顔したハクモクレン

いつもどおり、いままでどおり、好きなように

バンドをやめた友達

砂男

 

結構、歌詞の内容が衝撃的なのが多かったなぁという印象だった。

金田さんが身近に感じたことや身近に起きたことを歌ってるから、余計に印象に残る感じがしたなぁ。

地震ときの歌とか、おじいちゃんが入院してたときの歌とか。バンドをやめた友達って曲もそうだし。

 

砂男は、最初のギターの段階で「あっ!くるーーー!!」って思って構えてたら、一旦金田さんがギター弾くの止めて、「みんな砂男やるって思ってるんだろーー」みたいなこと叫んだ記憶ある。

実際フルコーラスじゃなかったけど、やってくれて嬉しかった!!

 

近松の前身がCABE BEってライブハウスで、そこで当時ブッキングしてたのが金田さんで。

 

いのちくをライブに出してくれたり、タカユキさんともライブしたり。

こういう関係が長年続いててて、全員がまだ音楽を続けているっていうのが、すごいな、羨ましいなぁって素直に思った。

 

THEラブ人間も来年で10周年。

いのちくとほぼ同時期に好きになったバンドなので、これからもライブ観に行きたいなって思ってます。

 

そして、21時前ぐらいに井乃頭蓄音団の登場となりました。

井乃頭蓄音団のセットリストは

 

Happy Birthday to You

誕生日

昔はよかった

さよならと言ったわけ

ライバル

夏子さん

ともだち

愛(新曲)

THE 財閥

アンゴルモア

東京五輪

帰れなくなるじゃないか

 

〜アンコール〜

ぼくら風まち

親が泣く

 

ステージの冒頭、自ら「Happy Bithday to You」を演奏するいのちくの皆さん(^^)

「ハッピーバースディ―ディア いのちく〜♪」って歌ってました。

 

からの〜、「誕生日」!!!!!!!!!!!!

 

この曲、やってほしいなぁ〜〜って密かに、ほんとに密かに願ってて、でもさすがにやんないだろうなって勝手に思ってて…

ほんじゃあ、誕生日やっちゃうんだもん!!

 

うひょーーー!!!!!!ってなってました。嬉しすぎて。やってくれてほんとにほんとにありがとう!!!

 

ライブは後方から見てたので、「シャッターチャンス!!」っていって松尾さんがポーズ決めてたときの写真はありませぬ(苦笑)

 

そんときに撮ったのこれ。お客さんでいっぱいなの、伝わるかしら。

 

昔はよかったのあとは、懐かしめの曲が続きましたね。

 

さよならと言ったわけ→ライバルって続くと、攻めてるなぁっていっつも思う。

 

札幌でアコースティックなライブを観た後に、ロックンローール全開のいのちくみると、両方味わえるのほんと嬉しいし、すげーよな、いのちく!!って改めて思うのです。

 

この後、結成時に歌ってた曲をってことで、「夏子さん」と「ともだち」。

 

「夏子さん」やってくれるなんて、もう涙ものですよ・・・。

なんだろう、嬉しすぎて、こうだったっていうのがうまく言葉にできない・・・。それぐらい嬉しかった。

 

あと、「ともだち」。

MCで、松尾さんがこの歌詞に出てくるお子さんが中学生になってますって話をされてて、そうなんだぁ。。。ってしみじみしました。

「ともだち」をアコースティックじゃなく、松尾さんのソロでもなく、バンドスタイルで聴くのはほんとに久々だったと思う。

「ビールを一本、追加で一本話をしてくれよー♪」って一緒に歌ってたら、ジーンときたな。。。

 

このあとは、松尾さんが新曲をってことで、「愛」って曲を歌ってくれました。

ストレート、ド直球なラブソングだった。・・・っていうのしか覚えてないけど、いい曲だった!!!

早くもう1回聴きたいです。

 

ここからまた「攻めのいのちく」が再び!!

 

THE財閥→アンゴルモア。松尾さん、全力投球です!

 

つい直前に愛について歌ってたのに、「もーういーくつねーるーとー、おーかーねーもーちーーー」って歌うギャップね!

いのちくの魅力、そういうとこですよ!!

ほんと好きだ!大好きだわーーーー!!

 

そして、東京五輪。

前回札幌で聴いたときは号泣だったんだけども、この日は笑顔で聴いてました。

2年後も絶対、このメンバーでこの曲歌ってるって信じてる。開幕まであと7/24で2年だって。

 

本編最後は、「帰れなくなるじゃないか」。

むしろ、この曲でうるうるきそうになった。

 

井乃頭蓄音団のライブに行くようになって、断トツで好きな曲がこの曲です。個人的にゆるぎなくNO1の曲。

 

いのちくの誕生日であり、かつ、自分自身の誕生日にこの曲が聴けて本当に本当に嬉しかった!

 

アンコールは「ぼくら風まち」と「親が泣く」。

 

これからも、ずっと歌って旅を続けていくであろういのちくに本当にぴったりのテーマソングです。

 

そして、「親が泣く」。

この日の出演者、全員登場しての大合唱でした。

親への告白タイムは、元忘れの梅津さんが担当してました(^^)

バンド辞めたけど、後悔してない、今日この場にいれて楽しかった!っていってくれてたのが嬉しかったなぁ。

 

最後の、「親が泣く〜」って締めるところ、また最初に金田さんが締めちゃってて、この展開、懐かしい!と思いながらみてました(笑)

密かに全員出てきてこの曲歌ってた時、最後金田さん締めちゃうんじゃないかって思ってたら本当にやってくれて、ニヤニヤしながらみてた。松尾さんはご立腹だったけど(笑)

その後、タカユキバンドの人も全員、「親が泣く〜」って締めていって、最後に松尾さんがびしっとしめて大団円!

 

本当に楽しい、10周年お誕生日お祝いイベントでした!!

そして、個人的には、とっても思い出深い誕生日の1日となりました。本当にありがとう!!

 

これからも、一緒に年を重ねて行きましょう〜(プロポーズ風(笑))

| 井乃頭蓄音団 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:34 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3567
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと