<< 7/9いのちく札幌ライブ初日@つくしのこ | main | 7/11いのちく札幌ライブ最終日@LOG >>
7/10いのちく札幌ライブ2日目@tabibitoキッチン

井乃頭蓄音団×奥山漂流歌劇団プレゼンツ「ねんねんころりでまた明日」2日目の感想。

 

この日は、午後からあいにくの雨模様。

ライブが始まる直前は結構激しめの雨が降ってました。

 

この日のライブ会場は狸小路の近く。

てっきり商店街の中に会場があるものだと思って、中をうろうろしてたものの全然見当たらず、スマホのマップを使ってようやく会場を発見しました。

 

会場は、逆L字型になってて、その真ん中でライブをするというスタイルでした。

 

昨日のライブが楽しかったのもあってなのか、会場は超満員。廊下にも人があふれてました。

そして、熱気がすごかった!!

雨が降って湿度も高く人も多かったため、めちゃめちゃ暑かったです。

 

この日も、まずは奥山漂流歌劇団のライブからスタート。

 

この日やってたのは、

 

みんなのしあわせ

おもしろきこともなき余をおもしろく

負け犬の遠吠え

原始の宴

同じ世界

 

かな?

 

1曲目にやったのは、前日の最後に演奏してた曲。

この曲好きですねぇ。すごく楽しく、元気になれる曲。そして、やはりこの日もジャンベの女性の演奏に惹かれた。

なんかわかんないけど、好きなんですよね。

 

そしてこの日も「負け犬の遠吠え」やってくれました。

 

原始の宴と最初にやった曲以外は、以前に買ったCDの中に入ってる曲だったのでライブで聴くの久々だなぁと思いながら聴いてた。

原始の宴も多分、以前に観たライブでもやってた曲だと思う。

メロディも好きだけど、歌詞も好きなんですよね。

結構、感情を揺さぶられるような歌詞があったりします。

 

2番手はBENBEさん。

 

男性3人組のバンド。ウッドベースとアコギとエレキギターの3人編成でした。

以前はバイオリンの方もいたみたい。

 

初恋の歌とか、お酒の歌(途中で乾杯した記憶ある)とかを歌ってたように思います。

カントリーっぽかったり、フォークっぽかったり、北海道の雰囲気に合ってるなって感じがした。

 

室温が暑かったのがちょっぴり残念だったな。なかなか曲に集中できなかった。私の問題でもあるんだけども。

 

もう1回、北海道の雰囲気を感じながらライブを観てみたいです。

 

そして、この日もトリは井乃頭蓄音団でした。

2日目のセットリストは

 

ようこそ我が家へ

この人は誰だろう

遠い小さな町

生活の柄

帰れなくなるじゃないか

父さんになったら

息子の恋

親が泣くwith奥山京

〜アンコール〜

ヘイヘイマイマイ

 

おぉぉ〜がっつりセットリスト変えてきた―!!っていうのが最初の印象。

「ようこそ我が家へ」は、ジョニーさん札幌お帰り〜〜!って思いながら聴いてました(^^)

 

外は雨が降ってる中で「遠い小さな町」を演奏してくれたのも嬉しかった。

 

この日だったかなぁ?ヒロヒサさんのMCが絶好調で、すっごいしゃべってた印象ある。

いやいや、初日からすでにめちゃめちゃテンション高かったかも。

MCがキレッキレでした(^^)

 

そして、生活の柄。「高田渡さんの〜」って松尾さんが話し始めたから、この曲かな?もう1つの方かな?と思ったらこっちの方でした。

この日もスタンドマイクは1本だったので、途中代わる代わる歌ってたのが面白かったな。

 

中盤から終盤にかけては、ちょっと家族を感じる曲が続いた印象。

 

まずは「帰れなくなるじゃないか」。いつも「お正月には帰ってくるんでしょ〜」って歌ってる部分が、この日は「お盆には帰ってくるんでしょ〜」に変わってて、夏だなーと実感したのでした。

 

そして、「父さんになったら」

なんか、この曲歌う時、曲に入る前から松尾さん集中力を高めてて感情を込めて歌っていたのが印象に残りました。

最後のフレーズのとき、ちょっと涙声になってたから「え!?」ってなって、ちょっとドキッとしました。

それだけ、感情移入しながら歌ってたってことなのかな。。。

 

その直後に「息子の恋」が始まって、すっごく楽しそうに演奏して歌ってるものだから、そのギャップでなんか感情を揺さぶられそうになったんだよね。

これほんと、どう表現していいかわからないんだけど、松尾マジックというか井乃頭マジックというか・・・。

「むー」「すー」「こー」「のー」「こいーー」ってみんなでマイクの前で歌ってるのがかわゆかったな(てへっ)

 

この日の本編ラストの曲は「親が泣く」。

 

歌う前に奥山さんを呼んで、終盤の告白タイム?のところで、奥山さんが親に向けてのエピソードを披露してくれました。

お父様が厳格な方だというのは、前のライブの時にも聴いてて、そんな中でも、いのちくのことは好きでいてくれるらしく、松尾さんについては「武田鉄矢の生まれ変わりだ」とおっしゃっていたらしい。

そのエピソードの途中で、松尾さん金八先生のマネしてましたけど(笑)

 

正確には、武田さんご健在なので、”生まれ変わり”ではないよねーって会場がちょこっとざわついてましたけど、それもご愛嬌ってことで(^^)

 

あと、最後の「おやがーなくーーっ!」って締めのところも奥山さんに歌わせてて、仲の良さをとても感じる時間でした。

 

アンコールはヘイヘイマイマイ。

 

この曲初めて聞いたんですけど、相変わらず耳に残る曲だわー。

「ヘイヘイマイマイヘイマイマイ、ヘイヘイマイマイマーーイ♪」って1回聴いただけでも覚えちゃった(笑)

 

2日目は感情の揺さぶりが激しかったなぁ。それがいのちくの真骨頂でもあるんだけど。

 

2日目もあっという間に終わって、残すは最終日のみ。

最終日は、ヒロヒサさん、ジョニーさんのソロもあって、めちゃめちゃ楽しみにしてました。

 

感想はまたじっくりかきまーーす!

 

<おまけ 2日目はこんな感じ。なぜかヒロヒサさんがセンターの時の写真>

 

| 井乃頭蓄音団 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3561
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと