<< 6/18大阪北部地震について | main | 7/9いのちく札幌ライブ初日@つくしのこ >>
6/23どうでしょうさんとシャープさん

7月7日は嬉野さんのBirthday♪ということで(?)先日参加したイベントを振り返ります〜。

 

嬉野さん59歳とかびっくりだから!

このイベントの時も「俺、来年で定年なんだよな」ってなお話をされていて「まじか!?」ってなったのでした。

 

このイベント、嬉野さんの対談のお相手が「シャープさん(SHARP_JP)のツイッターの中の人と知り、行きたい!と即決。

チケット発売日のお昼に速攻チケットを取ったのですが、席は後方でした(左端からお客さんを埋めていったのかな?)

 

当日はあいにくの雨模様。結構な土砂降りで、会場に到着する頃には服がずぶ濡れになってました。

 

 

キャンパスプラザ京都は京都駅から歩いて5分ぐらいのところにありました。

 

入口にはこんな掲示板が。

 

4階に移動し、会場内へ。

黒板には嬉野さん直筆のメッセージも書かれてましたよ(^^)

 

会場内は、大学の教室みたい。まさに「キャンパスプラザ」なだけありますな。

隣で観てた方はイベント中メモを取られてて、ほんとに講義を受けてるみたいな感覚になりました。

 

15時過ぎに嬉野さんとシャープさんが登場。

「中の人」と呼ばれている人は多いと思うんだけど(ゆるキャラとかも含めて)、その中の人の実物にお会いするというのも初めてだったので、新鮮でした。

 

前半はシャープさんの紹介(でいいのかな?)

まず思ったのは、センスがずば抜けてよいっ!!ということ。

しっかりと”ツボ”を抑えているというか、ツイートもそうですけど、何気ない一言や画像がすっと心の中に入ってくるんですよね。

 

わかるわかるっ!!っていう部分が何度もあったり、スクリーンに映される画像が変わった瞬間に爆笑したり。

 

すごく楽しかったし、こういう感覚って大事だよなぁって思うこと何度もありました。

 

印象に残ったのは、どの話題でお話されてた内容だったかは忘れてしまった上に、解釈が合ってるかも不安なのですが、今やyoutubeでは1分間に300時間以上の動画がUPされる時代となっているとのこと。

 

2000年代に入って、youtubeのような動画が簡単に作れるようになったり、SNSが普及したりした結果、情報量が人間が処理する量を大幅に超えてしまったよう。

 

そうなると、本当に欲しい情報が欲しい人に届かなかったり、届けたいと思う情報も受け取られずにスルーされてしまうことも多いと。

 

そのため、万人に受ける情報というのが難しくなっており、「誰か」に届ける情報が重要であるとのこと。

 

シャープさんのツイートは、製品情報の他にも、日常のたわいもないことをツイートしたり(テレビ番組の感想とかも)、ときには、大雪の時の室外機の対策方法について、同業他社のダイキンさんのサイトを引用してツイートするなど、お客さんにとって必要な情報であれば、他社の情報も活用するというスタンス。

 

そういう姿勢が、フォロワー47万人にも及ぶ要因なのかなと思ったりしたのでした。

 

フォローしたくなるアカウント(公式)の特徴としては、フォロワーとの距離の近さもあるのかなと思ったりします。

リプライくると、やっぱり嬉しいですし。

告知だったり、商品紹介だったりにも反応したりしますけど、その人(中の人?)の感じている生の声がツイッターで届くと、こんなことを感じたり見たりしてるのかぁと思って、興味持ったりすることがありますです。

 

そんな感じで、だいぶ話の内容は忘れてしまっているのですが、シャープさんの中の人の自己紹介があって、その後は、嬉野さんと対談という話で中盤進んでいきました。

 

嬉野さんの話で印象的だったのは、どうでしょうのレギュラー放送が終了してからしばらくの間、HTBのサイト内にあるどうでしょう日記の更新に合わせて、BBS(掲示板)に書きこまれるファンの方々からの書き込みに返信したりしていたことがあって、ファンの方々との距離が近くなったと。

 

HTBの上層部の人たちなんかは、BBSに返信作業をすることでどんなメリットがあるんだなんて言われたりもしましたけど、嬉野さん自身にはそれをやったことによる実感を感じたこと出来事として、2005年のどうでしょう祭の話をされてました。

 

ステージ袖で待機してると、カッパきながら楽しそうにしてるお客さんの姿が見えて、思わずうるっときて、自分がやってきたことは間違いじゃなかったと思った、なんてことをお話されてました。

 

2005年のどうでしょう祭は参加したので、その様子がすごく伝わってきて嬉しかったなぁ〜。

 

あと、どうでしょうって、一応企画を決めて現地に行くけど、どの場にいかないと何が起こるかわからないって話もしていて、ヨーロッパ20か国完全制覇(完結編)のときに、クワンカの街で起こった出来事として、大泉さんがやる「糸ようじ」のモノマネに爆笑した話を挙げてました。

 

「糸ようじ」のフレーズに爆笑する会場(笑)

どうでしょう藩士の方々もたくさん来場されてたんですな(^^)

 

そんなこんなで、いろいろと記憶が抜けてますけど、あっという間の1時間半でした。

 

またこんなイベントがあったら参加したいなぁ〜〜。

 

<追記>

 

イベントが終わったら、雨があがってました。

帰りに京都駅近くにあるサートーマスリプトンで女子トーク(笑)

白桃のタルト&ロイヤルミルクティ、おいしかったです(^^)

| その他の水曜どうでしょう | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:11 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3559
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと