<< 4/12つくづくつづくツアー@大阪 | main | 2018年桜巡り大阪編 >>
4/13ライブ鑑賞@名古屋sunset BLUE

というわけで、翌13日は名古屋までライブを観に行ってきました。

 

定時で会社を終えて難波までダッシュで向かったら近鉄でも間に合うかもー!と思ってはみたものの、さすがにいろいろギリギリだなという判断し、無難に新幹線移動にすることに。

 

18時過ぎに新幹線に乗り、19時頃に到着。

前回新栄町の駅からライブハウスまでの道のりでめちゃめちゃ迷ったので、無事たどり着けるか心配でしたが、すんなり3分でつくことができました。

 

 

会場に着くと、2番手みっちーさんの準備中。

ほどなくライブがスタート。

1回VOXHALLでライブ観たことがあって、ライブ楽しかった印象があったのですが、今日のソロライブもとても楽しかったです。

「君の瞳に恋してる」のカバーもよかったなぁ。

今度はバンドバージョンでのライブをまた観てみたいです。

 

そして、いのちく。20:20からのライブ予定が10分ぐらい押してたのかな?

 

セットリストは

 

二人の影

ようこそ我が家へ

親が泣く

カニの缶詰

この人は誰だろう

息子の恋

カントリーロード

〜アンコール〜

東京五輪

 

前日とセットリストをがらりと変えてくるところがにくいわぁ〜(褒め言葉(^^))

 

二人の影は今回聴けたらいいなぁと思ってたのでライブで聴けてとても嬉しかった。

久々に聴いてもじーーんと来る。名曲。

 

2曲目はうって変わって激しい目のギターとマンドリンの演奏からスタート。

ハモりと曲のアップテンポな感じが好きです。

 

親が泣くのときは、終盤、この日観に来ていた松尾さんの同級生に向けて松尾さんが歌ってました(^^)

これぞ地元!って感じでいいですな。

 

そして「カニの缶詰」。この曲聴くといつも思うけど、メロディと歌詞の内容のギャップにドキッとするんですよね。

いのちくの前にやってたみっちーさんが、ねこが車に轢かれちゃうみたいな歌を歌ってて、ちょっとリンクしてるなぁなんて思いながら聴いてました。

 

続いてこの人は誰だろう。いやぁ、ほんとがっつりセットリスト変わってる。

この曲もハモりとアップテンポな感じが好き。

近くで観てたお客さんに「面白いね〜」って受けてました(^^)

 

さらに、前日に続いての「息子の恋」。

昨日は(も)、全員が一人ずつ歌う「むー」「すー」「こー」「のー」「こいーー」がびしっと決まってました!!

最後の「私の恋なのだ!」っていう歌詞のところを松尾さんがアレンジしながら歌ってたのも面白かった。

最終、ネタ尽きちゃってましたけど(笑)

 

最後は「カントリーロード」。

この前ぐらいに、今後のライブ告知をされていて、5月には名古屋でまたライブがあること、4月末にはフラカンさんとアラバキに出演(出場?)することなどをお話しされてました。

松尾さんとヒロヒサさんが名古屋出身なので、「僕らも名古屋の宝になります!」とか話してた記憶があります。

 

前日がワンマンだったこともあってか、あっという間に最後の曲まで終わっちゃった印象。

アンコールやってほしいなぁって思ってたら、会場からも拍手が起こって再びステージに戻ってきてくれました\(^o^)/

 

松尾さんも「アンコールいただけると思ってなかったので嬉しいです」とか話してて、こっちも嬉しくなりました(^^)

アンコールは「東京五輪」。

 

たまに、東京五輪歌ってるとき、最後感極まってる(?)って思う時あるんだけど、昨日もちょっとそんな感じがした。

ライトの加減もあるのかもだけど、めっちゃ目がうるうるしてるように見えたんですよね。気のせいかしら?

 

とにかく、松尾さん・ヒロヒサさんの地元だけあって、アットホーム感をとても感じました。

 

もともと5月は栄ミナミのライブに行こうと思ってたので、それとは別でライブがあるのはとても嬉しい。

今回と同じアコースティック編成らしいので、またどんな曲が聴けるのかとても楽しみです。

 

2日間ライブを観終わって、久々にいろんな感情が渦巻いたといいますか、たま〜に、「なんでいのちくのことこんなに好きなんだろう?」って思うことがあって、その答えを探そうとするんだけど、わかんなくて心がザワザワするみたいな現象が起こるときがあるんですよね。

よいライブを観たときは、余計にその感情に陥る。

 

すごく温かい気持ちになるし、愛おしいなって気持ちになるし、でも曲によってちょっぴり切なくなったり。ライブ中もいろんな感情に揺さぶられるからなのかしら。

 

ほんととても充実感のある2日間でした。

 

アラバキは観に行けないので、大成功を祈ってます!!アラバキいかれる方は是非、フラカンさんと井乃頭蓄音団のステージを楽しんできてくださいませー!

| 井乃頭蓄音団 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:40 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3549
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと