<< 12/13ライブ鑑賞@名古屋 ell.SIZE | main |
12/13-14名古屋旅

名古屋は今年何度もいきましたが、いつも夜バタバタっと帰ったりそのまま東京へいっちゃったりしたので今回は1泊旅にしました。

 

13日は13時発の近鉄特急で名古屋へ。

 

15時過ぎに名古屋着。大阪も寒かったけど名古屋も寒かったです。

ナナちゃんはクリスマス仕様でした。

 

ホテルにチェックインし、しばらくゆっくりした後、17時過ぎにホテルを出て中村区役所方面へ。

 

以前教えてもらった萬珍軒というお店の玉子とじラーメンを食べにいってきました。

 

17時半からの開店ということで、開店直後ぐらいについたのですが、すでにたくさんの人でにぎわってました。

 

こちらが名物の玉子とじラーメン

 

箸あげ風(笑)

 

写真だとわかりにくいですけど、かなり細麺でした。

外寒かったしほっこりと温まりました〜!

 

お店出たら18時を過ぎてたのでいそいで大須まで移動。

 

ライブの感想は1つ前の記事に上げた通り。

 

帰りに栄で夕食を食べて(中華おいしかった!)ホテルへ帰還。

2日目も快晴!

 

ホテルで無料で自転車を借りることができたので、朝食後荷物を預けに名古屋駅へ。

ついでに、大須観音まで行ってきました。

 

今年、大須に来る機会が何度かあったものの、大須観音には夜しか来ることができなかったので今回は朝にしっかりとお参りしてきました。

 

ホテルへ戻ろうと自転車置き場に行くと、道路標識に「熱田神宮」の文字を発見。

この道まっすぐいったら熱田神宮にいけるのかぁ・・・。自転車でいけるかも!?と思い立ち、一旦ホテルに戻ってチェックアウトした後、再び自転車で出発!

 

ホテルのあった伏見から大須までは約1km、大須から熱田神宮までは4kmちょっと。30分ぐらいでつけました。

 

平日の朝の熱田神宮はとても静かでした。

 

お参りし、御朱印をいただいた後、境内を散策。

すると、「四季桜(シキザクラ)」という桜を発見!

 

手水舎の近くにも咲いてました。

 

別の場所では紅葉も。

 

春と秋を一変に楽しめた感じがしましたです。

 

再びホテルへと戻り自転車を返した後、地下鉄に乗って東山公園へ。

 

東山動植物園に来るのは9年ぶりだったみたい。

園内を散策して、たくさんの動物たちを観てきました。

 

まずは、プレーリードック

 

オオカミ

 

カワウソ

 

トラ

 

コアラはどこにいるでしょう?の状態でしか撮れなかった(^^;

 

他にも、キリンやゾウ、ペンギン、クマなどいろんな動物がいました。

 

今回じっくりと観たのが「ゴリラ」。

ちょうど餌をやる時間だったようで飼育員さんがゴリラのコーナーのいろんな場所にたくさんの野菜をおいてました。

餌を置き終わるまで20分ぐらいかかってたんじゃないかしら?

待ちきれなくてゴリラが壁の向こうから「ドンドンドーーン」って催促してる音が聞こえてました。

 

餌を置き終わって飼育員さんが帰った後、しばらくしてゴリラが一斉に出てきました。

 

イケメンゴリラの「シャバーニ」くんもおいしそうに野菜を食べてましたよー。

 

 

シャバーニくんだけで50枚ぐらい写真撮ってました(笑)

(インスタに何枚か上げてます→こちら

いやー、ほんとかっこよかった!

 

たっぷり動物園を堪能して名古屋駅へと移動。

ちょいと早めでしたが13時の近鉄特急で大阪へと戻りました。

 

今度は動いてるコアラが観れたらいいなぁ・・・。

| どうでしょうな旅 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3533
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
樋口了一 Ryoichi Higuchi Fanpage
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと