<< 統計を取ってみました | main | 11/12 皇居めぐり >>
11/11 10周年“目前”ワンマンライブ

11/11は渋谷WWWに井乃頭蓄音団のワンマンライブを観に行ってきました。

 

 

ワンマンの数日前に井乃頭”生”音団の配信がありまして、「セトリがやばい」という情報があり、とても楽しみにしてました。

 

18時過ぎに、まずはこの日のライブタイトル「また馬鹿になっていい」が発表になり、メンバーが登場。

このタイトル、ほんとピッタリだと思う!!

そして、ほどなくしてライブがスタート。

 

ワンマンのセットリスト(今回も応援団の方のツイートを参考にしています。いつもありがとうございます!)

 

少年

帰れなくなるじゃないか

帰れてしまったじゃないか

さよならと言ったわけ

タスマニアエンジェル

ライバル

遠い小さな町

オーライ

カニの缶づめ

ねんねんころりの子守唄

いくつになっても

文豪気取り

コンドームなんて持っていなかった 〜上半身の愛

不滅の男(遠藤賢一さんの曲のカバー)

カントリーロード

アンゴルモア

親が泣く

東京五輪

グッバイ東京

 

〜アンコール〜

 ぼくら風まち

最近ワンマンでは、間に休憩があって、2部制でライブをやることが多かったんですが、この日は最初から最後までノンストップでした。

集中して観てたからか、一瞬で終わった気がしました。

 

配信のときにヒロヒサさんが言ってた通り、前半激しかった!!

 

最初の少年のイントロもめっちゃかっこよかったんだよね。

そして、帰れなくなるじゃないか〜帰れてしまったの流れも好き!

 

もし、来年以降に新しい音源が出て、帰れてしまったじゃないかが収録されるとしたら、ぜひ帰れなくなるじゃないかのセルフカバーバージョンも一緒に収録してほしいと密かに思ってます。

 

ちょこっとMCを挟んだあとに、ヒロヒサさんのギターのイントロを聞いて、「キターーー!!!」と(笑)

小躍りです(笑)

 

こっからほんと怒涛だった。

さよならと言ったわけやってくれて喜んでたら、間髪入れず松尾さんが「タスマニアエンジェーーール!!!」って叫んで、はっ!!!!!!!ってなったよ!!

 

ずっとずっと聴きたいと思ってたんですよねー、タスマニアエンジェル。

ライブで聴いたの1年半ぶりぐらいだったから、超久々だった。いやーー嬉しかった!!

すっごい楽しかったのは覚えてるんだけど、松尾さんがどんな動きしてたとか全然覚えてないわ(^^;

 

さらに、ライバル。どんだけ攻めんのよいのちく!!(褒め言葉です(笑))

 

間奏で松尾さん謎の動き初めて、なんだろうこの動き?って思ってて、すぐ「はっ!これポッキーのCMのやつ!!」って気づいてからは、ずっとニヤニヤしながらみてました(笑)

エンターテイナーな松尾さん降臨ですな(笑)ほんとこういうのすごいなって思う。

 

中盤はしっとりと。

遠い小さな町も久しぶりでしたね。
ライブ前にいのちくファンの方とお話ししてて、遠い小さな町が聴きたいって話を聞いたところだったので、やってくれてよかったなぁと。

松尾さんの高音のキーの歌声が心地よかったなぁ・・・。

 

その後は、オーライ、そしてカニの缶づめ。

最近、個人的にあんまりテンションが上がってなくて、どうしたもんかなぁ?という感じだったんですけど、オーライ聴いてちょっと励まされました。

 

ねんねんころりの子守唄は、ヒロヒサさんとハモりがすごく印象に残ってます。

2人の歌声がとても力強く感じた。

 

この後、ちょっとMC挟んだのかな?

次にやってくれたのが「いくつになっても」で。

 

今回はリクエストの対象外だったんだけど、音源化されてない曲でライブでまた聴きたいなぁと思ってる曲がいくつかあって、その中でも特に聴きたいなと思ってた曲が、この「いくつになっても」でした。

 

まさかの不意打ちで、いろいろ想いが巡ってウルっときそうになったけどこの日は耐えた。

 

いのちくのライブで知り合ったときに高校生だった応援団は、二十歳を過ぎて、ほんとにお酒飲めるようになってるんだよね。

そう考えると本当に感慨深い。

この日歌ってくれて本当にありがとう、って思いました。

 

グッと来てるところで、文豪気取りのイントロが始まって、ノリノリで踊りながら歌ってる松尾さんがまた反則なんだわ(褒め言葉です(2回目(笑))

 

文豪気取りの終盤に、松尾さんがギターをもって舞台袖に消えちゃって、4人だけでの演奏がしばらく続きました。

ギター、ベース、ドラムの競演がとにかくかっこよかった!!ほんとかっこいいよね・・・(しみじみ)

 

そんな余韻に浸ってたら、松尾さんが聞き覚えのあるメロディーを弾きながら袖から現れたんですよ・・・。

 

前回の日記で、リクエスト曲を迷ってるっていう話を書いてて、どうしようかさんざん迷った結果、リクエストしたのは「コンドームなんて持っていなかった〜上半身の愛」だったんですね。

 

私がライブを観に行きはじめた初期の頃にほぼ毎回やってた曲で、でも最近はなかなかライブでやる機会がなくなって、リクエスト叶うかわかんないけど、ダメ元で送ってみようって思って。。。

そしたら、どうやら多数決でこの曲が採用されたみたい。

 

松尾さんが袖から出てきた瞬間に「はっ!!!」ってなった。「まじかーー!!!」と。

前半の松尾さんの口上というか、歌いえばいいのか語りといえばいいのかわかりませんけど、とにかく懐かしくて。

いのちくの公式ツイッターアカウントで動画がUPされてるからぜひ松尾さんのエンターテイナーっぷりを観てほしい。

 

「よっつも!!」のときの顔芸(?)も健在で。ずっとニヤニヤしながらみてた。ほんとすごいよ、松尾さん。

 

松尾さんの独壇場のときって、他のメンバーはシラーーっとした感じになってるんだけど、ヒロヒサさんとかも一瞬笑ってた気がする(笑)

 

そして、密かに好きなのが「上半身の愛」のときの演奏なのです。

この日はちと短めだったかな?って感じたんだけど、ジョニーさんとヒロヒサさんのギターバトルがすごく好きで。

初期の頃は、ちょっと怖い人たちなんじゃないか?って思ってビビりながらみてたのが懐かしい。

最後の演奏が終わる瞬間のみんながビタッと揃うとこ(うまく表現できない)がすっごい好きなんです。

いやーー、かっこよかった!!

 

次にやってくれた、エンケンさんの「不滅の男」もめちゃめちゃかっこよかった!!

曲が始まる前に、エンケンさんの話をしてて、大貫さんとエンケンさんとのエピソードにびっくりで。

そんなつながりもあったのだなーーとすごく驚きました。

さらに驚いたのは、「不滅の男」を歌い上げる大貫さんの姿。いやーー、鳥肌立った。かっこよくて!!

ほんと素晴らしかったです。ほんとかっこいいって言葉しか思い浮かばないぐらいかっこよかった!!

 

終盤は「いのちくといえば」って曲が続きました。

カントリーロードが始まった瞬間に、「あっ、終盤に入ったんだな」ってなんとなく思って一瞬寂しくなったんだけど、次に松尾先生がアゲアゲでアンゴルモアのリフを始めたので、テンション復活しました(笑)

 

親が泣くでは恒例の松尾家の近況報告(お母様にはこの近況報告止められてるらしい(笑))。

 

そして、東京五輪。

東京五輪は、終盤の演奏のシーンが印象に残ってます。

ヒロヒサさんがジョニーさんのところまで行ってギターを弾きあってて、それをちょっと離れたところで松尾さんが見守りながらギター弾いてるっていう姿になぜかグッときた。ずっとずっと見続けたい光景。

 

最後はグッバイ東京でにぎやかに。

久々に松尾さんのマイクに4人集まって、最初の「ぐーーっばーい」のイントロ歌ってた。いやーー好きだーーー!!(←このタイミングでいう(笑))

そして、グッバイ東京のときの松尾さんのはっちゃけっぷりが大好きだ。

めちゃめちゃ弾けてたよ、松尾さん。超楽しそうでとてもハッピーな気持ちになれました!!

 

アンコールは、ぼくら風まち。

これからも、日本各地で井乃頭蓄音団のさわやかで、切なくて、笑えて、泣けて・・・いろんな風を吹かせてくださいませ!

 

Wアンコールではフォトセッション。みんないい顔してたなぁ・・・。ほんと、最高の5人です!!

 

来年はいよいよ結成10周年!

井乃頭蓄音団にとって、素晴らしい1年になりますように☆彡

| 井乃頭蓄音団 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:17 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3530
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
樋口了一 Ryoichi Higuchi Fanpage
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと