<< 8/20東京プチ観光 | main | 9/11柴犬まる撮影会@阪急百貨店 >>
9/10ライブ鑑賞@名古屋 sunset BLUE

今日は名古屋へ井乃頭蓄音団のライブを観に行ってきました。

 


 

 

前日、いのちくは徳島での初ライブ。とっても行きたかったのですが、交通手段等の関係で泣く泣く断念しました(涙)

ライブは学生がたくさん観に来てて大盛り上がりだった模様。よかったよかった(^^)

 

翌、日曜はドラムレスのアコースティック編成でのライブ。

 

この編成久々なので、どんな感じになるのか楽しみにしていました。

 

本日の出演者は、

ASTLOGY

PPKing

TORILOGY

井乃頭蓄音団の4組

 

18時ちょうどに1組目のASTLOGYが登場。

若いなぁという印象だったのですが、昨年結成されたバンドのようですね。

最近はアコースティックのライブが中心とのことでした。

 

続いて、PPKing。

4人編成で全員メガネ着用。ベース以外は帽子着用というスタイル(たまたまなのかしら?)

ボーカルのMCがツボで一瞬で好きになりました。

ああいう感じのMC、好きなんですよねー(^^;

途中の乾杯のご唱和で、某乾杯の歌詞を引用されてて、2回目やったときに、「その続きの歌詞いうんじゃないかしら?」と思ってたらほんとにその歌詞がきて、一人でハマってました(笑)

後半でメンバー紹介をしてくれたのですが、一人ひとり色に例えてて、ベースさんが桃色、ドラムが琥珀色、ギターがバラ色とか例えてたんだけど、自分は「人生いろいろ」とかいってたりとか。

MCの印象が強いのですが、曲も最初の方ハワイアンぽいなーと思ったり、聴いてて心地よいメロディでした。

またどこかのライブで出会えたらなぁと思います。

 

トリのTORILOGYさんは時間の関係で観れず(すみませぬ)

 

では、いのちくということで。

今日のセットリストは

ぼくら風まち

逆上がり

二人の影

カントリーロード

ねんねんころりの子守唄

腰痛

カニの缶づめ

 

1曲目の「ぼくら風まち」は、いつもよりもゆったりと始まったなぁ〜という印象でした。

波にたゆたっているような、ゆら〜りゆらりとした感じでとても心地よかった。

 

続けて「逆上がり」。

ここから「ねんねんころりの子守唄」までの4曲、歌ってるときの松尾さんの感情のこもり方がすごかったなぁという印象が残ってます。

 

逆上がりは、1人の男性の人生をこの曲の間中、映像で観ているような感じで聴いてました。

表現難しいんですけど、ほんとそんな感じ。久々に映画観てるみたいな感覚でライブ観てたんですよね。

 

二人の影もそう。

すごく曲に引き込まれたんですよね、聴いてて。ぐっときたという表現が一番ぴったりくるかなぁ。

 

今日はMCを挟まずに、続けてカントリーロードへ。

カントリーロードもさっきの逆上がりと一緒で、映画というか、情景を浮かべながら聴いてた。

後半のみんなで歌うところで、今日はマイクが4本前にあったこともあるのか、大貫さんの歌声もしっかり聴こえて、全員の声が聴こえてきて、またそれにぐっときそうになりました。今日のカントリーロードはすごくよかった。

 

通常なら、ここでがらっと「動」な感じの曲に移ったりするんだけど、今日はこのまま「ねんねんころりの子守唄」へ。

 

今、近隣国の情勢の心配があったりして、この曲聞くとこれまで以上にいろいろと考えさせられます。

この曲を歌う時、松尾さんの感情の入り方が一段と増すというか、すごくこの曲と歌詞にいろんな想いを込めて歌っているなぁという印象を受けるので、余計にそういう想いが強くなる。

歌っている姿観て、ドキッとする瞬間があったんだよね。これもうまく表現できないんだけど。ものすごく引き込まれた。

 

でですよ。

 

この曲歌い終わった後に松尾さんが、「いつも歌詞と言葉に魂込めて歌ってます」みたいなMCを始めたんですね。

最初、そのMCをし始めた時に、「あっ、今日は真面目な感じでいくんだな」って思って、すっごく真剣に聴いてたんですよ。

でも、どこのタイミングかな?「あれ?このMC、既視感ある」と思って・・・。

 

ただ、若干半信半疑な自分がいて。「いやいやいや、そんなはずはない。確かにその曲やるときのMCっぽいけど、いやいやいや、この流れでそれはない」って思ってて、自分の中で否定してたんですけど、どうも怪しい・・・って思い始めて・・・

ニヤニヤしていいんだか、まじめに聴かなきゃいけないんだか、すっごい迷ってたんだけど、途中から疑心暗鬼が確信に変わってニヤニヤしながらMC聞いてました(すんません(笑))

 

読みは正解っ!案の定「腰痛」やったよ、松尾さん・・・。

おそらく、ライブ終わった後のステージ上の感じからすると、その場の即興でやったっぽいんですよね、腰痛。

 

初めていのちく観に来た人が多かったっぽいので、ちょっと「ぽかん」ってなってましたけど(笑)

でもねー、こういうのぶっこんでくるところがねー、松尾さん!!!!!って思う(いい意味でね)

 

ここまでの曲の流れがしっとり、感情たっぷり、胸にずっさずっさ突き刺さる感じで、きゅぅぅぅぅってなりかけてたところで、緊張と緩和という感じで、ちょっと緩む時間があってちょっと心がほどけました。

 

最後は「カニの缶づめ」。

腰痛があったおかげなのか、いつもよりも冷静にこの曲を聴けたなぁという印象があります。

後半の歌詞を聞くととてもしんみりしてしまうので、明るくとまではいかないけど、冷静にっていう表現がやっぱ合ってるかな。

 

「腰痛」は突発的だったとはいえ、今日はアコースティック編成の中でも特に、感情面に訴えかけるような曲がメインの構成だったなと思う。

だからね、あの腰痛前のMCは意外と今日の構成とぴたっときてたんですよね。

たまーに、松尾マジックやっちゃうからなぁ・・・。みすてりあすですよね(ひらがなで書いとこ(笑))

 

次回の名古屋は10/5とのこと。今日百長のメンバーさんもいらっしゃってましたが、次回は対バンになりますね。

さすがに平日なのでいけないのですが(涙)

 

関東地方は9月、毎週末にライブがあるみたい(詳しくはいのちくのHPをご覧くださいませー)

 

関西も10/6が神戸、10/7がミナホ。神戸はむかーし1回ライブやったとき行けなかったので、今回はぜひ観たいなと思ってます!

| 井乃頭蓄音団 | 02:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:04 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3521
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
樋口了一 Ryoichi Higuchi Fanpage
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと