<< 2017桜めぐり@大阪 | main | 14年目ですって! >>
4/6MAHOROBAツアー@京都

本日より、井乃頭蓄音団のMAHOROBAツアーがスタート。

初日の会場、磔磔に行ってきました。

 

 

本日は、

プププランド

ザ・たこさん

との3マン。

 

プププランドのライブが始まる前に松尾さんがステージに登場し、2組のバンドの紹介をされてました。

 

プププランドは何曲ぐらいやってたのかなぁ〜。

初めから終わりまでがすごく早く感じた。

 

今日やってたのは、

 

ヘイガール涙を拭いて

おっぱい

ミスタームーンライト

最後の歌

 

かな?このほか2〜3曲あった気がする。

 

あと、新曲の「君の春になれたら」もやってくれた。

 

この曲、3月の渋谷LUSHのライブで聴いたときに、いい曲だなぁって思ってて、今日聴いてもやっぱりいい曲だなぁって思った。

昔のグループサウンズのような雰囲気があるなーと思った。

 

フォークロックなところとか、いのちくと通じるところも多くて(って多分前回も書いてると思う)、今日のライブを観てますます好きになりました。

名古屋でまたライブが観れるのがとても楽しみです。

 

8日に一緒にやる百長のライブの雰囲気も好きなので、とても楽しい1日になりそうです(^^)

 

2番手は、ザ・たこさん。

 

貫禄というか圧巻というか・・・。

パワフルすぎるぐらいパワフルだった。

 

その一言に尽きますな。。。

 

安藤さんにくぎ付けだった。ほんとパワフル以外の言葉が見つからない。すーごかった。

 

そして、トリは井乃頭蓄音団。

本日のセットリストは

 

グッバイ東京

偶然金メダル

ぼくら風まち

ようこそ我が家へ

ねんねんころりの子守唄

アンゴルモア

親が泣く

 

〜アンコール〜

素直な自分

帰れなくなるじゃないか

 

グッバイ東京から始まるの久しぶりだったーーー!!

今日は各自の場所で最初の「ぐーーっばい」のところを歌ってました。

このときだったかなぁ?松尾さんギター倒しちゃってひやっとしたけど、大丈夫だったよう。

前回も同じようなことがあったので、ちょいと心配しましたですー。

 

「ぼくら風まち」は、前回はライブ初っ端でライブ自体も久々でってのがあって、ふわふわしながら聴いてて覚えてなかったので、じっくりと演奏している全員の顔を見ながら聴きました。

今日は「覚悟はもう〜できているのさ〜〜♪」のところぐらいから、聴きながらぐっときたんだなぁ・・・。

 

この時の気持ちを言葉で表すと「愛しさと切なさと心強さと」って感じ(昔こんな歌あったな(笑))

ほんと、このフレーズがぴったりくるんですよね。この曲を聴いてたときの自分の感情と。

 

メンバーが、この時間が、磔磔の雰囲気が、愛おしくてたまらない・・・って思いながらライブ観てました。

 

しばらくアルバム「MAHOROBA」からの曲が続いて、ようこそ我が家への後は、ねんねんころりの子守唄。

歌いだす前に松尾さんがメンバー全員の顔を見渡してるのが印象的だった。

この曲を歌いだす瞬間に一瞬で雰囲気が変わるんだけど、今日は特にそれを感じた。

 

「磔磔」が伝統のあるライブハウスだからか、MVを撮った上田映劇とリンクするところがあって、この曲のときだけ、上田映劇にいるような感覚に陥った。

今日も今日とて舞台を観ているような、すごく想いの詰まった時間でした。

 

からの〜〜アンゴルモア。相変わらずの振り幅!!いやー、松尾先生(前も先生って書いてる気がする(笑))、ほんっと反則!(褒め言葉ですよ)豹変ぶりがほんとにもうなんていっていいか・・・最高です!!!

 

いつものギター始める前に一瞬襟立てたから、あれ?そっち?って思ったけど、そっち(デスコ)じゃなかった(^^;

 

ねんねんころりで胸がきゅーーーっって締め付けられそうになってるところで、ぱーんって弾けたのが来るので、ものすごいテンションがあがりました。

 

で、まさかの最後!?親が泣く。

 

「えっ!もう!?」ってなった。早すぎる・・・。グッバイ東京から親が泣くまでほんとに一瞬だった。

 

松尾さんは8日にお誕生日を迎えるので、この曲の「もうさんじゅうごーー」っていうフレーズも今日で聴き納めなのだなぁって思ったら少し感慨深くなりました。

 

「もう30」から始まって・・・だからね。いやー、しみじみするねーー。

 

全然関係ない話書くけど、TEAMNACSの曲で「ナックスハリケーン」っていう曲があって、その曲の中に「気がつきゃ30すぎじゃなーい」ってフレーズがあって。

今や5人全員が40すぎちゃったんだけど、CUEさんのイベントのときには、ずっとこの曲歌ってくれてるのね。

 

それを思うと、松尾さんにもこの曲ずっと歌い続けてほしいなーってふと思ったのでした。

 

アンコールは「素直な自分」。

 

磔磔で聴く「素直な自分」は格別。鈴木茂さんがゲストで来てくださったライブで、素直な自分をやってくれたのを聞いて以来、磔磔でこの曲聴くのはすごく特別感があるんですよね、自分の中で。

 

今日もライブハウスにこの曲が沁み渡っていくような感じがしました。

 

アンコール終わっちゃったけど、まだ聴きたい・・・もっと聴きたい!!って思ってて、まだ音止めの21時を迎えてなかったこともあって、もう1度ステージに戻ってきてくれました。

最初に松尾さんがステージに戻ってきて、メンバーを呼び込む形での登場。

 

どの曲をやるのかな??と思ってたら、まさかの「帰れなくなるじゃないか」でびっくり!

「ステージにいる全員が地方出身者です」って松尾さんが言ったのを聴いて、はっ!!!!!ってなった。

 

自分も地方出身者なので、4月迎えて、また実家を離れて何年たったなぁ〜なんてつい先日ぼんやり思ってたところだっただけに、その言葉にも、演奏にもぐっときた。

この曲をやってくれたことが嬉しすぎて、嬉しさを爆発させながら聴いてたけど、内心は泣きそうになるのをぐっとこらえてたよ。

 

そしてもう1つ、今日はアルバム「MAHOROBA」でドラムテックをされていた佐藤さんがサポートギターをされてたんだけど、この曲は急遽やることになったようで、「でも、スーパードラマーのけんちゃんなら大丈夫でしょう!」ってヒロヒサさんがいってて・・・。

んじゃ、見事にドラムを演奏されてて、さすがだなぁと。素晴らしいなぁと思ったのでした。

 

そんなこんなで、大大大大大∞大満足なMAHOROBAツアー初日でした。

 

最後、アンコールを歌い終わって、「ありがとうございましたー」と深々お辞儀をしながら挨拶していたメンバーの皆さんに、こちらこそ「ありがとうございました」という想いでいっぱいです。

 

1日空いて明後日8日(もう日付が変わってるから明日か!)は名古屋。

松尾さんの誕生日にライブを観るチャンスは過去に何度かあったものの、実は今回が初めてなのです。

素敵なバースデーライブになりますように・・・☆

| 井乃頭蓄音団 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:59 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3499
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
樋口了一 Ryoichi Higuchi Fanpage
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと