<< 2/4くまモンファン感謝祭と大阪城散策 | main | 3/4春を探す旅@大阪 >>
3/5はしごライブ@東京

日曜は、東京へライブを観に行ってきました。

 

4月からツアーが始まる前に、いのちくのライブ観ておきたいなぁ〜と思ってたところ、3月はこの日しかバンドのライブがない!とのことだったので、急きょ観に行くことにしました。

 

ちょうど、THEラブ人間も新宿でライブをやっているとのことだったので、まずはそちらを観に行くことに。

 

 

SAMURAIは、初めて行くライブハウスでした(HPには去年6月にできたって書いてたなぁ)。

 

この日のセットリストは

 

東京

幸せのゴミ箱

昨日・今日・明日(新曲)

悪党になれたなら

東京の翌日(新曲)

大人と子供(初夏のテーマ)

コント

これはもう青春じゃないか

砂男

ばらの坂道(新曲)

 

ライブ時間1時間ということで、たっぷり10曲!

 

「東京」はすっごく久々にライブで聴いた気がする。

「知らず知らず風邪をひいたみたい 野菜は腐っちゃったみたい」ってフレーズのところをすごく懐かしく思いながら聴いてた。

 

この日のセットリストを改めて見ると、「新曲」と「少し前の曲」を交互にやってくれてたんだなぁってことに気づいた。

 

新曲は、現実を照らしてるような歌詞があってドキッとする曲があったなぁ(東京の翌日って曲のときかな?)

「昨日・今日・明日」は年末にも聞いたんだけど、明るい曲調の曲だった記憶がある。

 

「悪党になれたなら」とか「大人と子供(初夏のテーマ)」とか、最初の「東京」もそうだけど、東京都内の地名が出てくるので、東京でライブ観ると不思議とテンションが上がる。

 

「悪党〜」の時は、「新宿三丁目」って歌詞出てくるし。「大人と子供の〜」は「井の頭通り」って歌詞もあるし。

 

「大人と子供(初夏のテーマ)」も好きな曲なので、久々にライブで聴けて嬉しかった。

 

「砂男」はやっぱ絶対泣いちゃうんだよね(苦笑)

前回のライブのときは、ケンジさんとまりなさんがいるラブ人間の見納めだったので、聴いてて涙があふれまくりだった。

 

この日は、曲前の金田さんのMCも冷静に聴いてて、「大丈夫そう」って思ってたのに、途中の金田さんの「黄金の瞬間は今だーー!!」って叫びにやられた。なんかわかんないけど、ずどーーんっ!って胸に突き刺さったんだよね、その言葉が。

ほんとに、いつ聴いても心を揺さぶられる曲。

 

ラブ人間のライブは、最近サーキットフェスで観ることが多かったので、長尺たっぷりのライブ、とっても楽しかったです。

メンバーが抜けてもサポートメンバーのドラムとベースの方が加わってずっとライブを続けてくれてるのが嬉しい。

 

春以降にまた関西にライブ来てくれることがあったら、ぜひ観に行きたいなぁと思ってます。

ラブ人間のライブを観終わった後、新大久保から渋谷へと移動し、渋谷LUSHへ。

 

着いたら、ぽわんのライブ中でした。

 

その次に登場したのが「プププランド」。

 

4月の井乃頭蓄音団のツアーにも参加されるとのことで、どんなライブをやるのかなぁとワクワクしながら見てました。

 

右側のギターの方が面白い雰囲気で気になってます(^^)

 

5曲演奏してくださったうち、後半3曲がとても良いなぁと思いながら聴いてました。

特に、3曲目の「きみの春になれたら」って曲がすごくよかった。早くもう1回ライブで聴きたいです。

 

私が勝手に思った印象ですが、この曲の時かな?、なんか、スパイダースみたいって思ったんだよね。なんとなく。

なんか、日本の昔のバンドサウンドって感じがしたの。フォークロックな感じで。

その辺は、いのちくとも通じる部分があったりして、余計に親近感がわきました。

 

また、気になるバンドに出会えてうれしい。次回のライブはどんな風に感じるかなぁ。楽しみです!!

 

そして、井乃頭蓄音団。この日のイベント、トリだったんですね!(トリとは知らなかった)

 

セットリストは

 

ぼくら風まち

言ってはいけない言葉

ねんねんころりの子守唄

アンゴルモア

親が泣く

東京五輪

〜アンコール〜

素直な自分

 

1曲目の記憶がない・・・(汗)なんかね、久々だーーってなって多分テンション上がってたんだと思う。。。

絶対ニヤニヤしながら見てたんだろうけど、嬉しすぎてどこみてたとか一切記憶にないです(苦笑)

 

2曲目の途中ぐらいでようやく正気に戻った(笑)

曲前のイントロというか、ドラムのリズムでは次何の曲やるかわかんなかったんだよね。

「あれ?夢ひとつかしら?」って途中まで思ってた。そしたら、「言ってはいけない言葉」だった。

 

この日のサポートドラムは、アルバム「MAHOROBA」でドラムテックをされてた佐藤さん。

やっぱり、演奏する人が変わると雰囲気がガラッと変わりますね。キシモッティさんのときとはまた違う雰囲気でした。

 

上手く表現できないんですけど、腹に響く感じのドラムというか。「ずどーーん」ってくる瞬間が何回かありました。

 

相変わらず、「ねんねんころりの子守唄」でぐっと心をつかんでおいて、そこからすぐ「アンゴルモア」の松尾さんのギターのところが始まるっていうのがニクい(←褒め言葉です(^^))

この日も松尾さん「まだまだぁ〜」とかいって、結構長い時間ギターのとこやってた気がする。

 

親が泣くの前後でライブ告知があったんだけど、どこかのタイミングで松尾さんが「ライブ(バンドはかな?)は生きがいです!」って言ってて、まーつーおーさーーーーん!!!!!!!ってなった(この気持ち、うまく表現できない)

そういう一言って、すごく嬉しかったりするんだよね。

 

私にとってもいのちくの存在はほんとに大切なので、ほんと「生きがい」って言葉に尽きるなぁと思ったのでした。

 

その言葉を聞いたあとだったからか、東京五輪のアウトローの演奏のところで、あと一押しで泣くー!!って瞬間が訪れた。演奏してる姿を一人一人順番に観てたら、みんな愛おしくてたまらなくなった。

この瞬間の幸せな時間を得るために生きてるんだなーっておおげさじゃなくほんと思ったよ。

 

アンコールにも応えてくれて、心の中で「素直な自分聴きたいなぁ・・・」って思ってたら、通じたみたいでやってくれた!

すごくすごく嬉しかった!!!

この日は「帰りに笑っていられたら勝ち、涙を流したら負けの賭けー♪」ってフレーズがものすごく心に響きました。

 

実は今回、「ライブ時間が後半だったら当日中に大阪戻れないしなぁ・・・」って思って、行くのを1回諦めたんですね。

でも、3月はこれしかいのちくのライブがなくて、次が4月。

 

3月は仕事が詰まってるので、なんとかパワー充電しに行きたいと策を練った結果、ウルトラC的な移動手段の助言をいただき、無事ライブを観に行くことができました。

 

もし、ライブに行ってなかったら・・・というのは正直わかんないけど、ライブ観に行ったことでモチベーション上がったのは間違いないし、ほんといってよかったなって思ってます。

 

1か月後にまたライブが観られる!!という楽しみもあるからがんばれる!!

4/6の磔磔、満開の桜が咲く京都でのライブ、楽しみに待ってます!!

| 井乃頭蓄音団 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3494
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
樋口了一 Ryoichi Higuchi Fanpage
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと