<< 11/30下北沢にて’14@CLUB Que | main | 11/30下見とかカレーとか >>
11/30エンドレスライス@上尾ショーサンプラザ
タイトルを観てお分かりのように、「諸事情」とは、別のライブ(しかも久々の樋口さん!!)に向かうことでした。

また前置きが長くなりますがご了承を(苦笑)ライブの感想は続きに書いております。

エンドレスライス=樋口了一さん&村上ゆきさんのユニットです。

11/30に上尾でエンドレスライスのインストアライブがあることがわかったときに、「これは、いのちくの出演時間次第ではしごできるかも!!」っていろいろ考えてました。

ただ、なかなか「下北沢にて」のタイムテーブルが発表にならなかったので、とにかくライブ時間がかぶらないことを祈りつつ、発表を待っていました。

で、先週の土曜にタイテの発表があり、早速観に行ったところ・・・。

いのちくの出番は13:10〜14:00とのこと。

ちなみに、エンドレスライスの出演時間は 13:00〜と15:00〜の2回。

こっ、これは・・・。

まぁ、間違いなく13時の回は無理ですよね。
で、15時の回。。。

交通手段を調べたところ、下北沢→上尾までの所要時間がほぼ1時間かかることがわかり、うーん、これは諦めねばならぬのかと。。。

下北沢か上尾、どっちか1つしかいけないのであれば、今回遠征するのは諦めようと思ってたので、ほんとにほんとに迷ったのですが、なんとか最小限のロスで行けないものかと試行錯誤を重ねた結果、いのちくを10分だけ諦めて出発すれば、15時の上尾にギリギリ間に合う!という結論に達しました。

ただ、上尾到着時間は14:58。超ギリギリです(笑)

先ほど書いた通り、花いちもんめの途中で会場を出た時点で13:50。
そこからダッシュで下北沢駅へと向かい、小田急線で新宿へ。
1本でも早いのに乗れたら・・・と思っていたものの、結局予定していた14:19発の湘南新宿ラインで上尾まで向かうこととなりました。

上尾って初めて行ったんですが、浦和とか大宮とかあらゆる主要駅のさらに先にあったんですな。。。

遅延等がなかったのはほんとに幸いで、14:58定刻通りに上尾に到着。
そこからショーサンプラザまで徒歩2分だったってのも幸運でした。

駅からダッシュで会場を目指したのですが、とりあえず2分でつけるってことしか調べてなくて、ライブをやっている会場がどこかわかんない!!
あせりまくって、1F降りてうろうろしてたら「それではそろそろライブを始めたいと思います」というようなアナウンスが流れてきて、「あっ!あっちだ!!!!!」と、急いで向かいました。

ほんとに前置き長くてすみません(苦笑)

じゃ、ライブの感想を。
15時の回の演奏曲は

山鹿のピアノ
手紙〜親愛なる子供たちへ〜
結婚写真
1/6の夢旅人2002

の4曲でした。

山鹿のピアノは、Eテレのみんなのうたで流れてますというお話しをされていて、ちょうど11/30が放送の最終日だという話をされていました。
でも、リクエストが集まればまた流れるかもしれないのでぜひリクエストしてみてくださいね、とも。

山鹿のピアノをライブで聞いたのは今回が初めて。
ラジオで流れたり、Eテレで観たりしてたのは聴いていたのですが、生のハーモニーは格別ですね。
「ポロロン♪ポロロン♪」と楽しく聴かせていただきました。

「手紙」もエンドレスライスバージョンで。
ちょうど私の斜め前で見ていらっしゃった若い女性の方が、曲の途中から涙がこらえられなくなっていたのが印象的でした。

そして、結婚写真。唯一許された撮影時間に「カシャッ」と撮影できた写真がこちら。


樋口さん「どぞーっ」って手で合図してくださってます(^^)

その「カシャッ」というシャッター音とともに結婚写真がスタート。

それまでの2曲はわりと冷静に2人の演奏・歌を聴いていたのですが、結婚写真の途中から、なんかわかんないけど胸にこみ上げてくる思いがあって、途中からうるうるどころじゃなく、完全にぽろっときちゃってました(^^;

曲を聴きながら、「結婚写真」の歌詞にぐっときたのも、先日UPされた結婚写真のMV「いい夫婦Ver」を思い出したのも、その涙の要因の1つになってます。

もう1つ・・・。樋口さんの奏でるギターと樋口さんがギターを演奏する姿にも心を動かされました。
むしろ、それが涙の大きな要因といっても過言ではないです。

今年の初めから、ずっとエンドレスライス、そして樋口さんのライブを観たいと思いつつもなかなかタイミングが合わず、この日を逃すと来年までライブお預けという状況の中でようやくライブを観ることができて、本当に嬉しかったんだと思います。

結婚写真の明るい曲調に乗ってリズムよくギターを弾く樋口さんの姿が、すごく印象に残りました。
その樋口さんの弾くギターをやさしくリードするゆきさんの演奏&歌声にも癒されましたです。

そして、ラストは1/6の夢旅人2002。

演奏前に、樋口さんが「1/6の夢旅人で僕がギター弾く姿を観れるのはエンドレスライスの時だけですよ」なーんっていってて、確かに確かに!!と思いながら聞いてました(^^)

これもひっさびさだったので、楽しくて楽しくて・・・(エンドレス(笑))

今年の「1/6の夢旅人2002」歌い始め&歌い納め(おそらく)ができました。

笑ったり泣いたり、ジェットコースターのような30分間でございましたです。

CDもようやく購入。お2人のサインもいただけとてもうれしかったです。
週末の大分でのライブも25日の東京・日比谷でのクリスマスライブも行けない予定なので、次お2人のライブを観られるのは来年になると思いますが、またぜひとも観に行きたいなと思ってます。
今年は、ほんとこれが最初で最後だったので、もうちょっとライブの機会を増やせたらなぁと思っておりますです。

日本各地を回るのであれば、ふらっとお邪魔いたしますので(^^)
| 樋口了一 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3324
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
樋口了一 Ryoichi Higuchi Fanpage
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと