<< 2014年2月、ひとよし春風マラソン参戦記(1) | main | 2014年2月、熊本・人吉旅 >>
2014年2月、ひとよし春風マラソン参戦記(2)
では、続きを。

2/14仕事終わりで熊本に向けて出発。
この日はちょうど、関東が大雪に見舞われた日で、大阪での積雪するぐらい雪が降っていました。
新幹線も出発が10分以上遅れましたが、熊本駅には奇跡的に時刻通りに到着しました。

その日は熊本市内に宿泊し、翌日午前中に人吉へと移動。
天気もよかったので、駅前で自転車を借りてぶらぶらと人吉散策をしてきました(それについては改めて)

夕方に受付を済ませ、ゼッケンを受け取った後、ホテルにチェックインし本番に備えたのでした。

大会当日は5時半頃に起床。
今回は朝食付きのホテルだったので、6時過ぎからごはん、味噌汁、おかず、と普通の朝食を食べました。
大会は10時スタートということで、部屋の中でストレッチをしつつ、ゆっくりと準備。
テレビでは、熊本城マラソンのスタート直前の様子が流れていました。

9時前にホテルを出てスタート地点へと移動。
気温は3℃ぐらいだったのかな?少し肌寒かったです。
ただ、日中は10℃ぐらいまで気温が上がったようで、風が心地よく(向かい風もありましたが)感じました。

今回は、久々の大会出場ということもあり、スタート直前はかなり緊張しました。
ハーフに出場された選手は2000人以上いたみたいで、たくさんの人がスタート地点に並んでました。

10時にハーフのスタートとなり、先頭に並んでた人から順番に走り始めました。
最初は集団でずーっと走って行ってて、若干人酔いしそうになりましたです(^^;
でも、徐々に自分のペースを取り戻しました。
最初の5kmは37分ぐらい。ジムで走ってるよりも早いペースで走れてました。
なんか、すごく不思議だったのは、自分でもちろん走ってるんですが、誰かに押されている感じがするというか、霊的な意味では全くなくて、普段走ってるときとは違う感覚なんですよね。
体が軽く感じる、というのともちょっと違うんですけど、なんか引っ張られて走ってるような感覚というか・・・。
そんな感じで、わりと快調に走ってました。
5km地点あたりで最初の難関の長い上り坂がありました。
急な坂道ではなかったんですが、なかなか終わらなくて、いつまで続くんだろう・・・と思ってたところに折り返しのコーンを発見。
そこから下り坂に変わったので、一気にペースを上げて走っていくことができました。
その下り坂から、10km過ぎまではかなり楽しく走れました。
10km過ぎぐらいから川沿いを走っていった記憶があります。
そこも、折り返しまでの距離が長く感じましたです。

押し返したところで12kmぐらいだったのかな?
このあたりから、徐々に足が重くなり始めてました。ただ、けがをしているところが痛い、というよりも、足全体的に重いなぁと感じる状態。
あと、太ももあたりが重たいのと同時に、肩や腰あたりにも疲労がたまってきているのを感じてました。
肩腰の方が足よりも痛かったかも。

とりあえず、15kmまでは走ろう・・・とペースが落ちながらも走り続けました。
15kmを超えた後は、16kmまで、17kmまで。。。と1kmずつ走る距離を伸ばしていく感じ。
ただ、16kmをすぎて、あと5km!!と思ったところで、一気に足が重たいのが進みまして、上り坂に差し掛かったりしたときは、ついつい歩いてしまってました。

あと3kmぐらいのところからが一番しんどかったです。

ゴールはもうすぐなんだけど、あと3kmもある・・・と思うと体も心も前に進まず。
でも、ゴールは近づいてきてるんだと信じて、応援の声もパワーに変えてなんとか少しずつでも前に進みました。

すると、だんだんと見覚えのある風景が見えてきて、青井阿蘇神社の前を通ったあたりから「あともう少しだ!!!」と確信。

再びペースを上げて走り始めて、なんとか無事ゴールすることができました。

タイムは3時間をちょっと切る程度とかなり遅いペースだったものの、今回に関してはゴールできることだけを目指していたので、無事に戻ってこれてほっとしました。

ペース的には、最初の10kmが1時間15分ぐらい。後半が1時間半ぐらいかかっていることになります。
あと残り3kmの時点で2時間20分すぎぐらいで「1km10分ペースで行っても3時間切れる」と思った記憶があります。

走り終わった後の率直な気持ちは「また走りたい」でした。
なんかね、走り終わったあとの達成感というか「走れたぁぁ!!」という安心感みたいなのがすごくあって、すごくテンションが上がったというか、またやりたいなぁという意欲がわいてきました。

できれば、もう1回フルマラソンにもチャレンジしてみたい。
そのためには、体力的な強化はもちろん必要ですし、心の筋力というか、ハートの強さ・タフさが必要だなと思っています。

早ければ今年の秋、遅くとも来年の今頃には、また何らかの大会に出たいなぁと思ってます。

そして、最後になりましたが、沿道にて応援してくださった人吉の皆様、ボランティアの皆様、大会関係者の皆様、本当にありがとうございました。

声援を送って下さった方の中には、ゼッケンから名前をみつけてくれて(応援の旗にゼッケンと名前が書かれていたみたい)、名前を呼んで応援してくださった方が何にもいらっしゃいました。

○○さんがんばってー!とか、大阪から!がんばってー!!とか、とても励みになりましたです。

本当に素晴らしい大会をありがとうございました!!
| 熊本・くまモン | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:02 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3256
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
樋口了一 Ryoichi Higuchi Fanpage
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと