<< 2014年一発目 | main | 1/18 究極のダブルヘッダー(後編) >>
1/18 究極のダブルヘッダー(前編)
1/18は東京までライブを観に行ってきました。

豪華2本立て。しかも、樋口さんと井乃頭蓄音団という、私にとっては最高かつ最強の2本立てだったのです。

しかし、残念なことが1つ・・・。ライブ時間がおもいっきりかぶっていたのです・・・(号泣)

経緯を説明すると長くなるので割愛しますが(苦笑)、正直、直前まで、どうしよう!どうしよう!!どうするのがベストなんだろう・・・と悩みに悩みまくりました。

ただでさえ両方見たいライブなのに、樋口さんの方はデビュー20周年+レコ発ライブ+7thでの久々のライブ、井乃頭蓄音団の方は、2マンライブで出演時間たっぷり+重大発表(嬉しいやつ)あり、というどちらもスペシャルなライブでして。。。

半分本気で「分身の術とか使えるようにならないべかー。もしくは渋谷から下北沢に通じるどこでもドアないべかー」って考えちゃうくらい、1/18は自分の体を渋谷と下北沢に両方派遣したかったです。

そんなこんなありつつ、まずは7th Floorを目指し、渋谷へ移動。

会場近くには開場予定時間から10分ほど遅れて到着したのですが、まだ開場にはなってなかったようで、たくさんの人が列を作っていました。
以前にライブにきた時は、かなり早めにライブ会場についていたので、前回の列の状況はわからないのですが、今回は、私がついた時点で30人以上は並んでたんじゃないかなーと思います。

どうでしょうファンとおぼしき方、「手紙」を聴いてライブにこられたのかなー?と思われる年配の方など、いろんな方々が並んでいたように思います。

しばらくすると、徐々に列が動き始め、無事7階に到着。
入口には「HTB水曜どうでしょう」さんから届いたお祝いの花も飾られていました。

開演までの間、先に到着されていた、ひぐっちーずの皆様にご挨拶するなどして、しばし待機。
すると、しばらくして、白い壁に映像が映し出され、樋口さんの若い頃の映像が次々と流れてきました。

覚えているのは、アニバーサリーソングのPV(どうでしょうのサイコロ3でもちょこっと流れたことありますよね?)、あと、1/6の夢旅人(ニューバージョン)のPV(動画サイトにまだあるのかな?何年か前に見たことがあります)、さらに、渋谷DUOでライブをやったときの映像など。

DUOのライブ映像では、バンド編成(ドラムあり)の真ん中で1/6の夢旅人2002を自らもギターを弾きながら熱唱されてました。
いやー、かっちょよかった!!
途中、ジャンボリーの話も出てたので、2004年頃かなー?と思って調べたら、2006年の11月28日のライブ映像っぽいですな。

ちょうど、ベストアルバム「ベストコレクション-あの頃の僕がいるなら-」のリリース記念のライブだったみたい。

これが見れただけでもとても嬉しかったです。

このVTRが終わってしばらくすると「どうもどうもー」と樋口さんがステージに登場。
トークはいつにもまして絶好調でした(笑)
冒頭にMCされたときに、ほんとにこのまま2時間しゃべりっぱなしなんじゃないか?と思うぐらいの勢いでしたもん(笑)

突然「シカでしたー!」って樋口さんが叫ぶから、「何!?」と思ったら、照明のところにシカの頭の飾りがついているのを指さしてたり(近くに座ってたのに気付いてなかった・・・)

ひとしきりトークで盛り上がったあと、まずは1曲目「いまでも」のスタートとなりました。

ギターが忠太郎さん、ピアノが岡本さんという3人編成のライブも久々(一昨年の12月以来かしら?)。
7th独特の雰囲気と相まって、スタートから心地よい演奏と歌声に浸っておりましたです。

2曲目は「シュガー・キス〜21世紀の恋をしよう〜」

おぉぉぉぉ!!!!!(大興奮)

樋口さんのMCで、「この曲を作ったときは2010年なんて遠い未来だと思ってたのに、今や4年すぎちゃいましたからねー」ってなことをおっしゃってたのが印象に残ってます。

確かに歌詞の中に「2010年ハッピーニューイヤー♪」って歌詞が出てくるんですよね。

まさか2曲目にこの曲が来ると思ってなかったので、一気にテンションがあがりました!

さらに3曲目。
7th Floorでのライブは2002年の午年に初めて今年でちょうど干支が一回りしたとおっしゃってました。
そして、このお店には、同じ熊本県出身の女性の方が働かれていたとのこと。
その女性の方が残念なことに昨年他界されてしまい、これまでのお礼と鎮魂の意味も込めてこの曲を捧げます…と樋口さん。

「作詞:阿久悠 作曲:都倉俊一『UFO』」

数秒間があって、ポカンってなりまして・・・(^^;

しかも、最初なんとなく樋口さんが口ずさみ始めたのも「UFO」じゃなかったし(笑)サウスポーだった気がする。

その後、改めて紹介があり、「今日もどこかでデビルマン」がスタート!(作詞作曲が同じ方なのですな)

まさかのチョイスでまたまたびっくり!!

明るいというか、激しい激しい鎮魂歌となりました。
樋口さんもギター弾いてらっしゃいましたし。すごーーーーくよかった!!かっちょよかったぁぁぁぁぁぁ!!!!!

さぁさぁ4曲目は何?????・・・と行きたいところではありますが、実は私がこの日の7thのライブで聴けたのはここまでなのでございます(大号泣)

この後には、古澤さんとのセッション、村上ゆきさんとの「エンドレスライス」での新曲披露などなど、盛りだくさんだったようでございます。

詳細は、ゆんさんのブログ「渋谷までCDを買いに(ライブ編)」をご参照くださいませ。たっぷりレポが書かれておりますよー(^^)

7thのライブは、願わくは今年もう1回(もっともっとあっても可)やってほしいなぁと心より願っております。

そして、今度はもちろん、最初から最後までたっぷりとライブを楽しませていただきますね!
| 樋口了一 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/3246
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと