<< 初ハムプロ | main | いきなり閑話休題 >>
2006年GW北海道の旅<1>
今回の旅は、2006年5月2日20時17分大阪発「日本海3号」に乗車するところから
スタートいたしました。

5月2日はもちろん通常通り仕事。
出勤時荷物をロッカーに預け、仕事を終えて大阪駅へ。
出発までに時間があったので構内で夕食でも〜って食べたらよかったんだけど、
途中敦賀で数十分停車するみたいだし買出しもそのときでいいか〜と
甘い考えでホームへと向かったのでありました。

出発の10分前ぐらいに日本海が入線。なんでしょう?このわくわく感。
もうね、ずっと乗りたかったの!!
小さい頃母親の実家を訪ねるときの交通手段はもっぱら日本海での移動だった。
最後に日本海で母の実家を訪ねたのが13歳のとき。それからもう15年が経過。

北の方々を好きになって、北海道を好きになって、ずっとずっとやってみたい
と思っていた寝台特急での北海道入りがついに叶うときがやってきたのでありました。

最近は北海道へ行くとか旅行をするといってもそれほどわくわく感は
なかったのですが、今回ばかりはものすごく興奮しましたね。
入線してくる日本海を見て「あぁ、これに乗れる日がきたんだぁ」
と思ったら感慨もひとしおだったのであります。

写真撮影をしていざ乗車。

上段のベッドということで、荷物を上げて階段でのぼっていくとぉぉ・・・

せっせまいっ!!!

いやぁ、サイコロ3で寝台特急の映像をみたときはもっと広いかなぁと
思ってたけど全然だったね。

してねぇ、最初、上段の高さと揺れにびびりまくりだったの。

とにかく舞い上がっちゃって何から始めたらいいかわんなくて、
意味なくかばんの中の整理を始めちゃったり、ベッドメイクを始めたり。
横になった時点でまだ9時とかだから全然目が冴えちゃってるわけ。

仕方がないので、旅行用の本をみたりしてたけど、まだまだ時間あるなぁと
いうことで、昨日もちらっとかいた「東京タワー」を読み始めたのであります。

なんでしょうなぁ「母と旅行」というタイミングでこの本を読んだのは
よかったというか悪かったというか。

カーテンを閉め切っているので見えはしないのですが、明らかに嗚咽をもらす
声は聞こえてたのではないかと思われます。

ちなみに、B寝台は4つのベッドがひとつの空間にあるというような状態
なのですが、私の下には女性一人旅とおぼしき人が、私の斜め下には
母と小さい子供連れがそれぞれ使用しておりました。

そうこうしてるうちに敦賀に到着。

ここである事件が勃発いたします。
敦賀での停車時間は28分。
まだ10時を少し過ぎたころだったので、当然kioskは空いているだろう。
なんだったら立ち食いそばでおなかを満たそうと思っていた私の目に
飛び込んできたのはシャッターの閉まった売店・・・。

いやいやいや、改札出たところのキオスクはさすがにあいてるでしょ?
と思ったのにこれまたあいてない!!

いやーーくいっぱぐれるのかなぁ・・・これはまずいっ!と思った私は、
駅周辺にコンビニがないか探してみることにしました。
ずんずん先へ進んでいくものの、いっこもコンビニがみつかりません。
時間も刻々と迫ってきており若干あせりぎみ。

すると、ようやく交差点の向こう側にコンビニ発見!

急いで店に入り、迷いそうになりつつも弁当と飲み物を購入。
猛ダッシュで駅へと戻ったのであります。

汗だくで戻って時計をみたら出発の5分前。もうギリギリ。やばすぎです。

しかし、5分立っても電車が動かない。なんで??と思っていたら、
どうやら後続のサンダーバードが湖西線付近で強風の影響により
遅れているとのこと。

日本海より大阪を30分も遅くでたサンダーバードに敦賀で抜かされていくのであります。

サンダーバードの到着を待って、10分ほど遅れて再出発。

今回の旅の計画を立てたときに、てっきり上段でも窓が見えると思っていて、
窓越しの景色を楽しみにしてたんだけど、上段には窓がなく、
外の景色も楽しめぬまま狭い空間でひたすら時間が過ぎていきます。

東京タワーを読み終えたのが、富山に到着する30分ほど前。
もう、涙で目は真っ赤。若干涙声になっててその状態から通常の状態へ
取り戻すのに必死でありました。

1時過ぎ、富山駅に到着。
教えていた号車の乗り場から顔を出すも母がいない。んん?寝過ごしたか??
と思ったら父親登場。
どうやら母は反対側の扉から乗り込んでしまったらしい。

寒い中、母を駅まで見送り、ほんの数秒の父と娘の再会(笑)

普段実家から大阪へと戻る時は寂しくなっちゃうからホームでの見送りは
断ってるんだけど、こんときはさすがに数秒だけでもお目にかかれて嬉しかったです。

そんなこんなでばたばたのまま母と合流。
母は向かい側の上段のベッド席を確保しておりまして、
夜中ということで、最初は軽く挨拶だけしてお互い就寝。

ガタンゴトンガタンゴトン、電車に揺られて夜は更けていくのでありました・・・。

(いやぁ、今回の記事は相当長くなりそうだわ・・・まだ何処にも着かない(苦笑))

| 2006年5月北海道旅日記 | 21:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | - |
日本海・・・いいなあ、乗りたい!
この続き楽しみにしてますよ!
その頃私は逆の九州を旅しておりました・・・
ほんと、「どうでしょう」な旅でした(笑)

さて、今ちょうどおにぎり部隊は、
富山・石川方面でロケしているようですね。
昨日のモバのシゲさんの写真で、
どこにいらっしゃるのかピンときちゃいましたが。
おいしいものいっぱい食べてって欲しいですね。
| すみまる。 | 2006/05/09 1:43 PM |
> すみまる。さま

九州にいかれてたんですな!
いやぁ、九州も魅力であります。

今日の大泉さんのモバキューであらら福井にいっちゃったのねぇ
と思ってましたが、昨日上げてた写真の中の「セフレ」って
富山にあるんですな!!

いやぁ、どこいったんだろう?気になりますです。
| Riezo | 2006/05/10 1:09 AM |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/1229
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと