<< ぞろ目ーず | main | 初ハムプロ >>
どうして涙が出るんだろう?
旅が終わる時はいっつもそう。

旅が終わってしまう寂しさなのか、明日から仕事ということへの憂鬱感
なのかわかんないんだけど、なぜか涙が出てしまう。

旅をしてるときは旅の実感があんまり実感沸かないのね。
毎度のことなんだけど。

でも、家に帰ってきて一息ついて、もしくは大阪駅から家に向かっている途中から
なんだかブルーになってくるのさ。

そうはいっても、今回も楽しい旅&波乱に満ちた旅だったからねぇ。
まずは明るく振り返ってまりますよぉ!!


明日(近日中?)ゆっくりと旅のおさらいをしようかなと思ってますが、
とりあえず、大まかにはこんな感じで旅に出ておりました。

5月2日、寝台特急「日本海3号」にて大阪を出発。
  3日1時に富山駅にて母と合流(ホームでちらっと父親の見送りを受ける(笑))
同3日、いろんな県を通過して青森に到着。駅周辺を散策。
その後、青函トンネルを通って北海道入り。親戚宅へ一泊。

5月4日 レンタカーでドライブ。絶好のドライブ日和でありました。
    北埠頭→大沼→森を通過し八雲へ→鹿部通過→水無海浜→恵山→函館
    夜、函館山を目指すもあまりの観光客の多さに断念。

5月5日 午前中のみレンタカーにて函館市内をぶらぶら。ヤキトリ弁当を食す。
    列車にて函館→札幌を経由(駅構内のみ)→小樽へ
    一般的な観光名所に混じって、フェリーターミナルも確認
   (おそらくその数時間後に音尾さんがそこから舞鶴へ旅立ったのではと思われ・・・)

5月6日 朝、小樽の山側を散策後札幌へ。
    市電に初乗車&藻岩山へ向かう。本日も快晴。ソフトクリームうまい!!
    もちろん聖地も訪問。その後母と一旦別行動にてお芝居を見にいく。
    夜、千歳へ移動。ビール園は早々に閉まっており行けず・・・。
    ホテルの目の前にメガプリを発見。大先生を拝みながら(?)就寝

5月7日 朝一便にて札幌を立つ→神戸空港へと降り立つ。
    あいにくの雨のため神戸空港は堪能せずすぐに大阪駅へ。
    お好み焼を食し、富山へと戻る母を見送り帰宅。
    帰宅後、ビデオにてどうでしょうなどを堪能。仮眠し現在に至る。

ま、こんな感じですな(笑)

先週のサンサンで大泉さんが今回ドラマの撮影中はなかなか寝れなかった〜
とお話されておりましたが、なんだろうね、私の場合は旅中はあんまり寝れないし、
寝なくても全然平気なのね。

今回は親がずっと一緒でってのもあったんだけど、それでも1時ぐらいに寝て
6時には目が覚めちゃうという状態だった。

帰ってきてしばらくはテンション高くてこのまま起きてられるかも〜と思ってた
んだけど、サザエさんみてて力尽きちゃった(笑)

でも、仮眠して目覚めすっきり。
このあと、お芝居の感想の記事を上げておこうかなぁと思いますです。

全然まとまってないけども、旅の終えての現在の心境はこんな感じ。
今回の旅は母親との2人旅。
2人でこれだけ長期間旅するというのは子供の頃以来じゃなかろうか?

今回の旅も子供のとき同様私のわがままし放題の旅だった。
だって、どうでしょうゆかりの地に振り回してばっかりの旅だったんだもの(笑)

子供の頃と同じように甘えてわがまま言って、行きたいところつれてってもらって、
おいしいもの食べさせてもらって、でも、照れちゃうから「ありがとう」
とはなかなか言えない。

ちょっとしたことでイライラして困らせちゃったりとか、しちゃったりね(苦笑)

ちょうど、旅の前に東京タワーを読み始めて、初日寝台に乗り込んでから
母親と合流するまでの間にちょうど佳境に入ってクライマックスに入る部分を
読んだため、母と合流する30分前には目がまっかっか。寝台の狭い空間の中で
一人号泣していたのでありました。

母の日を1週間前に控えて、結局何もしてあげられず、迷惑ばっかかけまくった
今回の旅だったけども、それでも、こうやって何年もやったことのなかった旅を
できたことはあとあと振り返ったときに思い出に残る旅になるんじゃないかなぁって
我ながら思ってたりもしています。

この期に及んでもなお「ありがとう」はいえないな(苦笑)

そんな私は大号泣しながらこの記事書いてるんだけどね(^^;

さささ、明日からまた現実に戻ってがんばらなきゃね♪
| 2006年5月北海道旅日記 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:06 | - | - |









http://riezorb6.jugem.cc/trackback/1227
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと