7/11いのちく札幌ライブ最終日@LOG

井乃頭蓄音団×奥山漂流歌劇団プレゼンツ「ねんねんころりでまた明日」最終日の感想。

 

この日は最終日なだけあってOAから盛りだくさんな内容。

 

 

19時を少し過ぎて、まずは1番手のジョニーさんが登場しました。

 

セットリストは

 

さよならだけが人生ならば

水族館ブルース

もっと、もっと、もっと

心に薔薇を

 

セットリストを決めずに歌われてたみたい。

 

最初のMCで、地元札幌で初のソロライブですってお話をされていて、急に胸がきゅーんってなりました。

地元でのソロ初ライブに立ち会うことができて光栄です。

 

ライブはブルージーであり、フォーキーであり、井乃頭蓄音団で演奏するときとはまた雰囲気が違ってかっこよかった!

 

3曲目に入る前のMCで、「この曲書かなかったら、井乃頭蓄音団とも出会ってなかっただろうし・・・」って話をされてて、「もっと、もっと、もっと。」がスタート。

もともと、この曲は心に沁みる曲なんですけど、そんなMCの後だったから、ちょっとうるっときそうになりました。

ぐっときたなぁ・・・。

 

最後は、会場のお客さんの手拍子とともに「心に薔薇を」。

 

4曲と短かったけど、ものすごく温かくていい時間となりました。

 

2番手は、奥山漂流歌劇団で3日間サポートギターをされていたヤハタトシキさん。

 

そういえば、機材の関係でジョニーさん、ヤハタさんのギター弾きながらソロ歌ってました。

 

3日間、奥山漂流陰劇団の一員として、ギター弾いたり、歌ってる姿をみて、楽しそうだな〜本当に歌が好きなんだろうな〜って感じがしてたので、OAでソロライブが観れるのを楽しみにしていました。

 

5曲ぐらい演奏されてたんだけど、ほんと楽しそうに歌ってたな〜。

札幌に自宅があるのに、奥山さん家にみんなで泊まってたって話もされてた。

 

おそらく、今回出演されてたメンバーの中では最年少な感じがした。

メンバーやいのちくのみんなからも可愛がられてるなぁ〜っていう感じがしました。

 

歌はやさしくもあり力強くもあった。

 

そして、今調べてわかったけど、ヤハタさんが歌ってる姿を見るの、これが初めてじゃなかったことが判明。

 

4年前、いのちくが初めて札幌でライブしたとき、LOGのライブでバンド(ハウアユース)で出演されてたんだね。

 

バンドスタイルでもライブもいつか見てみたいです。

 

そして、OA3番手はヒロヒサさん。

 

セットリストは

 

はしっこねこ

僕のオリオン座

雨のニューヨーク

ギター

途切れた絆

 

ヒロヒサさんのソロも数年前に、風知空知の誕生日企画で観て以来だと思う。

 

当然なんだけど、ジョニーさんとはまた全然違った雰囲気、切り口の曲が続いて、とっても楽しめました。

 

CDに入ってる曲で演奏してくれたのは、「はしっこねこ」「僕のオリオン座」「ギター」の3曲。

この3曲だけを見ても、ぞれぞれタイプが違うというか、特に後半の2曲は、心にズシンとくる歌詞がちりばめられてて、結構考えさせられることもありました。ギターは特にそうだな・・・。

 

あと、最後にやった曲も、想いをストレートに表現してるところに関心をもちました。

 

ソロライブはなかなか観る機会がないので、今回ヤハタさんも含めて3人のソロライブが観れてよかった。

 

ヒロヒサさんもお母様の故郷が小樽で若干北海道に関係があるっておっしゃってましたし、また札幌遠征のときに、ソロライブも聴けたらなぁと思ってます。

 

(というか、大阪とか名古屋とかにもソロでライブ来てくれたら喜んで駆けつけますよ(^^))

 

というわけで、OAだけでがっつり感想かきましたが、さらに続きます(笑)

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/10いのちく札幌ライブ2日目@tabibitoキッチン

井乃頭蓄音団×奥山漂流歌劇団プレゼンツ「ねんねんころりでまた明日」2日目の感想。

 

この日は、午後からあいにくの雨模様。

ライブが始まる直前は結構激しめの雨が降ってました。

 

この日のライブ会場は狸小路の近く。

てっきり商店街の中に会場があるものだと思って、中をうろうろしてたものの全然見当たらず、スマホのマップを使ってようやく会場を発見しました。

 

会場は、逆L字型になってて、その真ん中でライブをするというスタイルでした。

 

昨日のライブが楽しかったのもあってなのか、会場は超満員。廊下にも人があふれてました。

そして、熱気がすごかった!!

雨が降って湿度も高く人も多かったため、めちゃめちゃ暑かったです。

 

この日も、まずは奥山漂流歌劇団のライブからスタート。

 

この日やってたのは、

 

みんなのしあわせ

おもしろきこともなき余をおもしろく

負け犬の遠吠え

原始の宴

同じ世界

 

かな?

 

1曲目にやったのは、前日の最後に演奏してた曲。

この曲好きですねぇ。すごく楽しく、元気になれる曲。そして、やはりこの日もジャンベの女性の演奏に惹かれた。

なんかわかんないけど、好きなんですよね。

 

そしてこの日も「負け犬の遠吠え」やってくれました。

 

原始の宴と最初にやった曲以外は、以前に買ったCDの中に入ってる曲だったのでライブで聴くの久々だなぁと思いながら聴いてた。

原始の宴も多分、以前に観たライブでもやってた曲だと思う。

メロディも好きだけど、歌詞も好きなんですよね。

結構、感情を揺さぶられるような歌詞があったりします。

 

2番手はBENBEさん。

 

男性3人組のバンド。ウッドベースとアコギとエレキギターの3人編成でした。

以前はバイオリンの方もいたみたい。

 

初恋の歌とか、お酒の歌(途中で乾杯した記憶ある)とかを歌ってたように思います。

カントリーっぽかったり、フォークっぽかったり、北海道の雰囲気に合ってるなって感じがした。

 

室温が暑かったのがちょっぴり残念だったな。なかなか曲に集中できなかった。私の問題でもあるんだけども。

 

もう1回、北海道の雰囲気を感じながらライブを観てみたいです。

 

そして、この日もトリは井乃頭蓄音団でした。

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/9いのちく札幌ライブ初日@つくしのこ

井乃頭蓄音団×奥山漂流歌劇団プレゼンツ「ねんねんころりでまた明日」初日の感想。

 

いのちく、約2年半ぶりの札幌でのライブ。

今年の春に「札幌でライブやるよー」との告知があり、「絶対行く!!!」と即決しました。

 

ちなみに、2014年のライブの感想は、こことかこことかここ、2016年のはここここに書いてます。

 

個人的に北海道は大好きな場所で、いのちくが札幌でライブやってくれたらいいなぁってのをファンになった当初から思ってたんですが、その夢が最初に叶ったのが2014年。そして、2年前にもグッバイ東京のレコ発ツアーで札幌2daysがありました。

今年、結成10周年のタイミングで、札幌でライブをやってくれたことが本当に嬉しい!!

 

平日の3日間でしたが、がっつりと休みを取ってライブ&観光を堪能しました。

 

初日の月曜日は、午前中仕事をし、職場から関空へと移動。

15時半発の飛行機で、新千歳空港へと向かいました。

 

チェックイン後、地下鉄で北18条へと急いで向かいましたが、会場に到着したのはライブが始まる直前でした。

 

 

会場はお座敷タイプ(後方にはカウンターもあり)の居酒屋。

転換のときのBGMは「子供ぼんおどり唄」。

初日、2日目、そして最終日の途中までずっとこの曲が流れてたから、脳内「ちゃーんこちゃんこちゃんこ」がぐるぐるしてた。

札幌の人いわく、この曲聴くと「夏の終わり」を感じるみたいで。

でも夏は始まったばかりなんですよね。

 

この曲聴くと、嬉野さんがいつぞやのどうでしょうで瀬戸大橋の明かりみながら「祭の明かりみたいだな」みたいなことをいったときに、大泉さんがこの曲歌い出したのを思い出します。

フルコーラスで聴いたの、というか、あれだけエンドレスで聴いたの初めてだったので、すごくインパクトが強かったです(^^)

 

そんなこんなで20時過ぎ、まずは奥山漂流歌劇団のライブがスタート。

 

この日は、キーボード、アコースティックギター、エレキギター、ジャンベ、コーラスの5人編成。

ジャンベの女性に妙に惹かれました。なんかとっても雰囲気がよかった。

 

セットリスト(順不同)

 

ほんとは知りたいんだ

負け犬の遠吠え

原始の宴

みんなのしあわせ(曲名調べました。最後沖縄っぽい雰囲気になっててすごく好きな曲だった)

 

4曲ぐらいだったかな?

 

この日嬉しかったのは、久々に「負け犬の遠吠え」が聴けたこと。

札幌でのライブ&奥山さんといえば、まず思い出すのがこの曲なんですよね。

 

初日からこの曲をやってくれてすごくすごく嬉しかったです。

 

ライブの途中には、ドリンク・食事注文タイム〜なんかもあって、アットホームな雰囲気の30分でした(^^)

 

2番手は、音道青心さん。

 

見た目がファンキー!曲もファンキー―!な印象。

4弦タイプのギターを使ってたと思うんだけど、1曲目ぐらいで速攻弦が1本切れてました。

 

ご自身でもおっしゃってましたけど「反社会」的な雰囲気ながらも、愛すべきキャラクターといいますか、先日の豪雨災害のこととかについても、何とかできないかと思って活動をしにいくというお話をされてましたし、しっかりとした信念をもった人なのだなという感じがしました。

 

最後にみんなで、「輪」ってやるやつが楽しかった(^^)

久々に昔のタイプのいいともを思い出したわ(笑)

 

最初、照れちゃってできなかったんですけど、全員やらないと終わらない雰囲気だったので参加したら、なんとお店のマスターがやってなかった、とかでやり直し(笑)

昔、この曲だけで20分以上続けたことがあるとか言ってた気もします。

 

会場が熱気に包まれた状態でいよいよ、本日のトリ、井乃頭蓄音団の登場となりました。

 

 

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
6/10ライブ鑑賞@新栄SiX-DOG

約1ヶ月ぶりの井乃頭蓄音団のライブ鑑賞。

 

 

4月、5月とアコースティックバージョンのライブを観ることが続いたため、ロックンロール!ないのちくは久々。

本日のサポートドラムは、これまた久々のキシモッティさんとのアナウンスもあり、とっても楽しみにしていました(^^)

 

いのちくの前に演奏してた「スキッツォキドマン」さんがインパクトの強いバンドで印象に残りました。

右側の人はとてもクールに歌ってた一方、左側のベースの人がとっても謎めいたキャラクターでそのギャップが面白かった。

地獄から来たっていう現実離れした感じもよかったです。

 

続いてのいのちくは、予定の19:50〜を少し過ぎてからのスタート。

 

セットリストは

 

アンゴルモア

さよならといったわけ

ライバル

THE財閥

東京五輪

親が泣く

 

率直な感想は、「攻めすぎやろ!!!」←最大級の褒め言葉です(笑)

 

いやね、今日は久々のドラムあり、エレキギターありのバージョンで、正直どんなセットリストで来るか全然想像つかなかったんですよね。

んじゃ、いきなり松尾さんがアンゴルモアのときのリフやりはじめて、「まじかっ!!」ってなってました(笑)

 

ひっさびさだから、テンションあがるあがる。

いやーー、楽しかったわぁ。久々に「それは明日じゃないのかな?」ってコールしたり。めちゃめちゃ楽しかった!!

 

アンゴルモア終わった後に、松尾さんがマイクをスタンドから外したから「これはっ!!!!!!!」ってなってた。

ヒロヒサさんのギターが始まる前に気づいたよね、次何演奏するのか。

 

久々の5人編成で、さよならといったわけやってくれるかもなーーって思ってたら、2曲目に来て、またまたアゲアゲです(^^)

 

アンゴルモアのときか、さよならといったわけが終わった直後か、キシモッティのドラムがめちゃめちゃかっこいいっ!!!!って思った瞬間があったんだよね。

私の観てた角度からキシモッティの演奏してる姿がすごくよく見えて、超絶かっこよかったです。

久々にキシモッティのドラム聴けたのがほんとにほんとに嬉しかった!!

 

どの曲だか、演奏始まる直前にすごく気合入った表情してるときもあって、好きだーーー!!!ってなってました(てへっ)

 

さらに、波状攻撃は続いて、「ライバル」もってくるんだもの。

今日の間奏のところは、卓球してましたね、松尾さん。

 

てか、ライバルとか楽しすぎて記憶が飛んじゃってる←ダメじゃん・・・(笑)

 

3曲激しめのが続いた・・・と思って、次なんだ?と思ってたら、さらに怒涛の攻撃で、「THE財閥」がきました。

さすがに、「すっ、すげーー」ってライブ観ながら声出ちゃってたと思う。

 

この4曲、間髪入れず続いたので余計になんだよね。攻めて攻めて!!って感じが素晴らしかった。

 

相変わらず、THE財閥やってるときは、松尾さんに誰かが降臨してる気がする。

まぁ、今日は前半ずっと激しかったので、すっごい「動」な松尾さんだったんだけど、財閥は特別だなぁ。

思わず見入っちゃうというか。うまく表現できないけど。

 

ここまできて、ちょっとだけMC挟んだのかな。

次何来るのかな?と思ったら東京五輪で。

 

ここ最近も、嫌なニュース・目を覆いたくなるような悲しいニュースがあったのと、凄惨な事件から何年経ちましたみたいなニュースもつい数日前にあって、だから余計に、この曲の途中の歌詞にある「いろんな事件を見てきたように〜」って歌詞のところがズシンと心に響いた。

 

さっきまで、笑って弾けて楽しいっ!!ってテンションだったところ、この曲が始まって現実に引き戻されたというか。

なんて表現したらいいか難しいんだけど、すーーっとスイッチが切り替わって、この曲のときは歌詞をしっかり噛みしめながら聴いてた。

 

松尾さんが最後の歌詞を歌い終わって、一旦静まり返った後に、キシモッティのドラムから再びアウトローに入って行くところか、ちょっと鳥肌立ったな。

今日は間近で演奏を見てたので、余計にガンガン心を揺さぶられた。

ジョニーさんがまずメインで弾くところから、ヒロヒサさんへと移っていくところとか。

終盤、ギター3人が集まって演奏してるところとか。

バックで支えてる、ベースの大貫さんとキシモッティの音もすごくよくて・・・。

とっても満足感の高い時間でした。

 

ラストは「親が泣く」。

隣で観てた別のバンドのファンのお兄さんが、「おやが〜なく〜」のところで一緒に反応してくれてて、とても嬉しかった(^^)

 

ラストまでほんとあっという間の時間でした。

 

アコースティックないのちくも大好きなんですが、ロックないのちくも大好きです!!

 

次に、ロックないのちくが観れるのは「いの誕」の日かな?

 

この日のゲストも発表になってて、ものすごく楽しみです!!

| 井乃頭蓄音団 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
5/13つくづくつづくツアー@名古屋編

日曜夜は、金山ブラジルコーヒーで、PPKingと井乃頭蓄音団の2マンライブを観ました。

 

 

19時過ぎに、まずはPPKingのライブがスタート。

今日は、ベースの方が欠席されていて、3人編成での演奏でした。

 

この日は、「スープ」や「犬の気持ち」など、前日の栄ミナミ音楽祭でも聴いた曲のほか、新曲もあって、たっぷりと演奏してくださいました。

 

そして、この日はボーカルの方のMCがキレッキレでしたね(^^)

 

「いのちくのライブを心待ちにしているお客さんに、『まだかまだか』と思わせるようにライブをやりたい」とか、

栄ミナミ音楽祭で配給されるお弁当の話とか。


あと、新曲やる前に「4回転ジャンプ決めます」みたいなMCしてたんだけど、カウントがうまくいかなくて、「いきなりこけちゃいました」みたいなMCしてたりとか。

 

最後には、前回のライブのときにめちゃめちゃ面白かった”乾杯”になぞらえたMCもやってくれて嬉しかったです(^^)

この日は3番の歌詞だったな(笑)

 

曲とMCとのギャップがまたよいのよねぇ・・・。

 

前回の日記でも書いたけど、ほっこりと心が温まるような穏やかな曲ばかりなのです。

 

またライブみたいなぁ・・・。

三重とか名古屋でライブをやることが多いみたいなので、機会があればぜひまた観に行けたらと思います。

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
5/13栄ミナミ音楽祭2日目

栄ミナミ音楽祭、2日目は前日の快晴から一変し、雨模様となりました。

 

昨日下見したアスナル金山のアスナルステージは、幸いお客さんのところにもテントがしてあって、あまり濡れることなくライブをみることができました。

 

この写真は、まだ雨がそんなに降ってない時間帯のときのもの。

 

 

井乃頭蓄音団のライブが始まる15時まで時間があったので、スガキヤでランチ。

でら野菜盛りラーメンとな。

 

再び、金山に戻って15時からのライブが始まるまでしばし待機。

多分、いのちくがライブしてた時間帯が一番雨激しかったんじゃないか?と思うくらいの豪雨でした。

 

アスナルステージでのセットリストは、

 

帰れなくなるじゃないか(途中まで。ボーナストラック)

親が泣く

この人は誰だろう

東京五輪

ぼくら風まち

 

でした。

 

ステージに登場して、自己紹介してるときに、松尾さんがぽつりと「金山では20年ぐらい前にストリートライブとかやってました」って話されてましたね。

ゆずとか歌ってたとかいって、夏色ちょこっと歌ってみたりとか。

青春だねぇ・・・(しみじみ)

 

帰れなく〜親が泣く〜と続いたので、「おっ!母の日縛りのセットリストかな?」と思ったのですが、次に「この人は誰だろう」が来たので、「あっ!違った(笑)」と思ったのでした(^^)

 

途中のMCで松尾さんもヒロヒサさんも言ってましたけど、雨音が万雷の拍手見たいになってましたね。

かなりの音量の雨音でしたけど(^^;

 

最後は、いのちくのテーマソングになりつつある「ぼくら風まち」。

ほんと、全国いろんなところを回りながらいのちくの曲を届けてほしいなぁと思います。

 

この日はこのあと、もう1ステージあるっていうのが嬉しかったなぁ。

そちらの感想はまた別の日記にて。

| 井乃頭蓄音団 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/13ライブ鑑賞@名古屋sunset BLUE

というわけで、翌13日は名古屋までライブを観に行ってきました。

 

定時で会社を終えて難波までダッシュで向かったら近鉄でも間に合うかもー!と思ってはみたものの、さすがにいろいろギリギリだなという判断し、無難に新幹線移動にすることに。

 

18時過ぎに新幹線に乗り、19時頃に到着。

前回新栄町の駅からライブハウスまでの道のりでめちゃめちゃ迷ったので、無事たどり着けるか心配でしたが、すんなり3分でつくことができました。

 

 

会場に着くと、2番手みっちーさんの準備中。

ほどなくライブがスタート。

1回VOXHALLでライブ観たことがあって、ライブ楽しかった印象があったのですが、今日のソロライブもとても楽しかったです。

「君の瞳に恋してる」のカバーもよかったなぁ。

今度はバンドバージョンでのライブをまた観てみたいです。

 

そして、いのちく。20:20からのライブ予定が10分ぐらい押してたのかな?

 

セットリストは

 

二人の影

ようこそ我が家へ

親が泣く

カニの缶詰

この人は誰だろう

息子の恋

カントリーロード

〜アンコール〜

東京五輪

 

前日とセットリストをがらりと変えてくるところがにくいわぁ〜(褒め言葉(^^))

 

二人の影は今回聴けたらいいなぁと思ってたのでライブで聴けてとても嬉しかった。

久々に聴いてもじーーんと来る。名曲。

 

2曲目はうって変わって激しい目のギターとマンドリンの演奏からスタート。

ハモりと曲のアップテンポな感じが好きです。

 

親が泣くのときは、終盤、この日観に来ていた松尾さんの同級生に向けて松尾さんが歌ってました(^^)

これぞ地元!って感じでいいですな。

 

そして「カニの缶詰」。この曲聴くといつも思うけど、メロディと歌詞の内容のギャップにドキッとするんですよね。

いのちくの前にやってたみっちーさんが、ねこが車に轢かれちゃうみたいな歌を歌ってて、ちょっとリンクしてるなぁなんて思いながら聴いてました。

 

続いてこの人は誰だろう。いやぁ、ほんとがっつりセットリスト変わってる。

この曲もハモりとアップテンポな感じが好き。

近くで観てたお客さんに「面白いね〜」って受けてました(^^)

 

さらに、前日に続いての「息子の恋」。

昨日は(も)、全員が一人ずつ歌う「むー」「すー」「こー」「のー」「こいーー」がびしっと決まってました!!

最後の「私の恋なのだ!」っていう歌詞のところを松尾さんがアレンジしながら歌ってたのも面白かった。

最終、ネタ尽きちゃってましたけど(笑)

 

最後は「カントリーロード」。

この前ぐらいに、今後のライブ告知をされていて、5月には名古屋でまたライブがあること、4月末にはフラカンさんとアラバキに出演(出場?)することなどをお話しされてました。

松尾さんとヒロヒサさんが名古屋出身なので、「僕らも名古屋の宝になります!」とか話してた記憶があります。

 

前日がワンマンだったこともあってか、あっという間に最後の曲まで終わっちゃった印象。

アンコールやってほしいなぁって思ってたら、会場からも拍手が起こって再びステージに戻ってきてくれました\(^o^)/

 

松尾さんも「アンコールいただけると思ってなかったので嬉しいです」とか話してて、こっちも嬉しくなりました(^^)

アンコールは「東京五輪」。

 

たまに、東京五輪歌ってるとき、最後感極まってる(?)って思う時あるんだけど、昨日もちょっとそんな感じがした。

ライトの加減もあるのかもだけど、めっちゃ目がうるうるしてるように見えたんですよね。気のせいかしら?

 

とにかく、松尾さん・ヒロヒサさんの地元だけあって、アットホーム感をとても感じました。

 

もともと5月は栄ミナミのライブに行こうと思ってたので、それとは別でライブがあるのはとても嬉しい。

今回と同じアコースティック編成らしいので、またどんな曲が聴けるのかとても楽しみです。

 

2日間ライブを観終わって、久々にいろんな感情が渦巻いたといいますか、たま〜に、「なんでいのちくのことこんなに好きなんだろう?」って思うことがあって、その答えを探そうとするんだけど、わかんなくて心がザワザワするみたいな現象が起こるときがあるんですよね。

よいライブを観たときは、余計にその感情に陥る。

 

すごく温かい気持ちになるし、愛おしいなって気持ちになるし、でも曲によってちょっぴり切なくなったり。ライブ中もいろんな感情に揺さぶられるからなのかしら。

 

ほんととても充実感のある2日間でした。

 

アラバキは観に行けないので、大成功を祈ってます!!アラバキいかれる方は是非、フラカンさんと井乃頭蓄音団のステージを楽しんできてくださいませー!

| 井乃頭蓄音団 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/12つくづくつづくツアー@大阪

4/12は大阪にあるBEGGARS BANQUTで、井乃頭蓄音団のアコースティックワンマンライブを観てきました。

 

 

いのちくがこの場所でライブをやるのは昨年7月に続いて2回目。

会社から近いこともあり、オープン直後に会場に行ってスタートまでゆっくりと過ごしていました。

 

19:50。まずは、OAのあうんさん・すうじぃさんが登場。

全く予備知識なしでライブを観たのですが、とても楽しかったです!

 

コロンビアのレコードプレーヤーを使ってレコードかけたり、MCの軽妙なトークも楽しかった(^^)

 

途中、ソノシートのお話をされてたんですが、「いつもはもっと食いつきがあるんですが、今日あまりないってことは、ソノシート知ってる世代の人が多いんですね!」とかおしゃってました(^^;

ギリ(?)知ってる世代です(笑)

 

終盤はヒロヒサさんとのセッションも!!

あうんさんさんのバンジョーとヒロヒサさんのマンドリン・ギターとの共演がとても素敵だった。

もともと予定してた段取りと違うことになってたのにもかかわらず、びしっと演奏してたのはさすがです!!

 

30分ほどオープニングアクトがあった後、井乃頭蓄音団の出番。

この日はアコースティック編成。

アコースティックギター、アコースティックベース、バンジョー、マンドリンなどを弾きながらのライブでした。

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/1結成10周年企画第1弾@B.Y.G

日曜日は、渋谷B.Y.Gに井乃頭蓄音団の結成10周年企画第1弾ライブを観に行ってきました。

 

 

2月にこのライブ情報が発表になったときに、対バンのお相手が松崎ナオさんだと知って、これは行きたい!!と即決しました。

もう1つ、この時期に東京に行きたかった理由として「東京で満開の桜が見たい!」というサブ目的もありました。

花見編は改めて。

 

18時前に会場について、開場後座席を確保。

18時半過ぎに、まずは松尾さんとヒロヒサさんが登場し、本日の出演者松崎ナオさんの紹介をされてました。

センターにマイクがおいてあって2人で登場すると、松尾さんがジャケットを着ているせいなのか、若干漫才師に見えてくるから不思議(^^;

 

そんなこんなでまずは、松崎さんのステージとなりました。

 

松崎さんのライブは2年前に井乃頭蓄音団も出演したパンダ音楽祭のときに1度みたことがあって、とてもパワフルな歌声の方だなぁという印象があったのですが、この日も力強い歌声が印象的でした。

 

歌ってるときと間にちょこっとMCするときのギャップがまた素敵♪

 

途中のMCで「井乃頭蓄音団とはそんなには仲良くないんですが(笑)、パンダ音楽祭の打ち上げのときによくしてくれて、2年経っても覚えててくれたのが嬉しかった」なんて話をされてたのが印象的でした。

あと、松崎さんはソロで20年ぐらいライブ活動をされていて、最近バンド活動もやられているそうなのですが、バンドで10年も続けられているのはすごい、というようなお話もされてました。

 

ライブの終盤には、「ドキュメント72時間」のテーマソングも歌ってくださいました。

ライブで聴くのは2回目ですけど、鳥肌立ちますねぇ。。。

72時間の番組がとても大好きで毎回見ているので、名シーンを思い出しながら聴いてました。

 

約50分ぐらいのステージが終了し、続いて井乃頭蓄音団の登場。

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
3/20ライブ鑑賞@BASEMENT BAR

3/20は下北沢にあるBasement Barで井乃頭蓄音団のライブを観てきました。

 

いのちくは19:40〜の出演。

 

セットリストは

 

親が泣く

さよならと言ったわけ

THE 財閥

アンゴルモア

グッバイ東京

東京五輪

 

親が泣くから始まるのは久々だったかも。

1曲目が終わってすぐ、ヒロヒサさんのギターの音色に反応!

ここ半年ぐらい、観に行ったライブのときはほぼこの曲やってるんじゃなかろうか。

なので、さよならと言ったわけのイントロが始まると、パブロフの犬みたいに無意識に反応してしまいます(笑)

 

身体も自然と動いちゃいますな(^^)

松尾さんもキレッキレで動いてました。

 

2曲目終わって、全然聞いたことがないイントロ流れてきて、新曲かな?と思ってじっくり聞いてました。

「THE 財閥」初めて聞いたんですけど、攻めてますな!!!

記憶に残ってるのは、いっぱい財閥名でてきたなってことと、松尾さんが謎の動きしてたなってこと。

メロディはすごくアップテンポだったなぁという印象が残ってます。

うまく表現できないんだけど、なぜかかっこいい!っていうのがいのちくっぽいんですよね。

 

あと、この曲松尾さんが作ったっぽいんですけど、松尾さんの曲はものすごく脳内に残りますね。

次の日とかずっと、「三井三菱住友〜〜」っていうのが脳内ぐるんぐるんしてました(笑)

きっとまたライブで聴けると思うので、楽しみにしてます!

松尾さんの動きがどう変化していくかも楽しみです。

 

さらに「アンゴルモア」。前半は激しめのが続きましたな。

攻めまくりのいのちく、めっちゃ楽しかったです!!

 

次何が来るんだろう?と思ってたら久々の「グッバイ東京」。

最初のみんなで音を合わせるところが好きです(^^)

 

この日は、グッバイ東京の最後の「ぐーーっばーーい♪」のところがなくて、そのまま「東京五輪」へ。

「東京五輪」聞いて、そっか、2020年まであと2年か・・・って改めて思いました。

アウトローのみんなそれぞれに演奏してるシーンがすごく好きなんですよね。

ヒロヒサさんがジョニーさんのところまで行ってギター競演してたりとか。

相変わらずのかっこよさでした。

 

もう1曲ぐらい聴きたい〜〜〜って思うくらい、あっという間の30分でした。

 

最近、素直な自分がすごく聴きたくて、いつかライブで聴けるかなぁと今か今かと待っているんですが、今回は叶わず。

次回の参戦時は叶うといいなぁと思ってます。

 

この日は、次に出演したhy4_4yhまでライブみてました。

女性2人とDJの方のステージだったのですが、MCのときのしゃべり方がライブときにたまにやる松尾さんのしゃべり方にそっくりで、「似てるわぁ〜」と思ってニヤニヤしながらステージ観てたのは内緒です(笑)

ほんと似てたわー。

ヒップホップなステージは初めてみたので新鮮でした。

 

ライブを見終わって、ちょこっと下北沢でご飯食べて帰宅。

また下北沢散策もしたいです〜〜。

| 井乃頭蓄音団 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと