5/12 アガッタフライデーライブ

先週日曜日は、心斎橋にあるリズム&串揚げ アガッタにヒロヒサさんのソロライブを観に行ってきました。

 

普段は、金曜日にライブをやってるらしいんだけど、この日は特別に日曜開催だったよう。

 

19時過ぎ、あうんさん・すうじぃさんのライブからスタート。

すうじぃさんのライブは40分ぐらいあったのかな?

レコードの45回転の歌は、去年にいのちくと一緒にライブしたときも歌ってましたね。

あと、沢田研二さんの曲のカバーなんかも歌ったりしてました。

(ヒロヒサさんと武道館ライブ観に行ったらしい)

 

バンジョー弾きながら語ったり歌ったりするのがよかったわぁ。

前のライブのときも思ったけど、ぼそっと放つ一言が好きですねぇ。クスってなる感じが好きです。

 

後半は、ヒロヒサさん。

大阪でのソロライブは今回が初めて。非常に楽しみにしてました!

 

まずは、前日の名古屋でも歌った「はしっこねこ」からスタート。

にゃーにゃーいってる姿をみて「猫ひろしか!」ってこっそり突っ込みいれてたのは内緒です(笑)

 

次に、大阪ならではの(?)曲ってことで「森友学園ラグ」という曲を。

風刺というか、こういうのチョイスしてくるところが、ヒロヒサさん!!!!!って思うわ。

 

松尾さん並み(いや、それ以上だな)に「〇っ○い」「お○ぱ○」いってたの、この曲だよね?

 

あと、順番はバラバラだけど、いのちくのアルバムに入ってる「少年」とか「遠い小さな町」とか「偶然金メダル」も歌ってくれました。

「偶然金メダル」は、いのちくのライブでもあまり聞かないので新鮮でしたねぇ。

 

中盤、「僕のオリオン座」のあとは、洋楽をヒロヒサさんバージョンでアレンジした曲を2曲。

この日はThe Bandの「The Weight」はやらなかったんだけど、ヒロヒサさんがカバーしてるの聴くと、原曲を聴きたくなるという逆転現象が起こってます。

 

後半もたっぷり歌ってくれました。

 

これまた前日に引き続き「雨のニューヨーク」歌ってくれたんだけど、前日以上にグッと来たんだなぁ。

「雨の大阪で〜」ってフレーズが入ったりとかして、それも嬉しかった。この日めっちゃ快晴だったけどね(^^)

 

あと、ギャンブルはいけません!ってMCの後い、「逆バリズム」って曲を歌ってました。

タイトルだけ過去に見たことがあって、なんだこれ?どういう意味だ?って思ってたので謎が解けてよかったです。

 

終盤は、「ギター」と「ねんねんころりの子守歌」。

ギターの前に東日本大震災のときの話をされていて、ちょうど震災があった数日後に仙台でライブの予定があったみたい。

でも、当然ライブは中止になり、東京を始め関東地方も混乱が続いていたってお話しされてました。

その3月の後半には大阪でライブがあったんだけど、大阪は震源から離れてるためかそれほど混乱してなくて、トイレットペーパーとか物資をいろいろもらって帰ったって話をしてましたね。

 

多分、いのちくじゃなくて別のバンド(ひらくドア?)で大阪来たんじゃないかしら?

 

「ギター」後にあと1曲っていってたけどその前にもう1曲いいですか?ってことで歌ってくれたのが「ねんねんころりの子守歌」。

この曲もいのちくのライブではしばらく聴いてなくて、久しぶりにライブで聴きました。

今年、福島にライブを観に行ったこともあり、また、「ギター」も震災に関連した曲だったので続けて聴くと余計に胸に突き刺さるものがありました。

 

そして最後は「自分が作った曲の中で一番知られている曲」ということで、「東京五輪」を。

来年、オリンピックが終わったら歌えなくなるとかいってたけど、いやいや、歌ってくださいよーーー(涙)

 

アンコールは、すうじぃさんと2人で。

最初は、すうじぃさんメインで洋楽のカバーを。次は、ヒロヒサさんがメインで「途切れた絆」を。

そして最後は「あそんだら」を2人でやってくれました。

いやー、楽しかった(^^)

 

次ソロで来るのは数年後かな?とかいってましたけど、またぜひライブにきてくださいませーーー!!

 

ライブ後は、串揚げを堪能。二度づけ禁止っていうのが大阪らしくてよいわぁ。

大阪で串揚げ食べたの実は初めてかもしれん(食べ放題の店で自分で上げるお店には昔いったことあるけど)

 

次は6月にバンドでアコースティックのライブがあるとのこと。

それまで大阪ではしばらくライブがなさそうなので、楽しみに待ちたいと思います。

| 井乃頭蓄音団 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
5/11 栄ミナミ音楽祭 ヒロヒサさん編

3月の初めに、栄ミナミ音楽祭の出演者第1弾の発表があったときに、ヒロヒサさんがソロで出演されることを知り、うきゃーっ!ってなってました(^^)

 

そして、せっかく名古屋にくるなら、その前後で名古屋近郊か関西でライブやっていったらいいのになぁ〜と思っていたら、翌日に大阪でライブやってくれることになり、これまた、うきゃきゃきゃきゃーーーっ!!ってなってました\(^o^)/

 

風知空知で誕生日ライブがあったり、昨年ぐらいからソロでライブする機会も増えてはきてたんだけど、なかなか東京までは観に行けない&西方面ではライブが観れないという状況が続いていただけに、今回のソロライブの遠征は本当に嬉しかったです。

 

栄ミナミ音楽祭は、11日の16:30から「希望の泉」でのライブでした。

この場所、ライブ前に場所確認に行ってわかったんですが、去年の栄ミナミ音楽祭でPPKingのライブを観た場所と同じでした。

 

16時過ぎにナディアパークでの古澤さんのライブが終わってすぐ、希望の泉へと移動。

矢場町→栄まで早足で10分ぐらいでしたかねぇ。

まだ、ヒロヒサさんの前の出演者の方が演奏中に到着できてよかったです。

(前にやってた「TRILOGY」さんは、一昨年sunsetblueでいのちくと同じライブに出てた方でしたな。気づかなかった…)

 

最初、サウンドチェックのときに「生活の柄」をちらっと歌ってて、おっ!ってなってました。

 

 

この日のセットリストは、

 

帰郷

雨のニューヨーク

はしっこねこ

僕のオリオン座

東京五輪

あそんだら

 

ライブ始まる前のMCが若干漫談ぽいっていうか、若干ぴりりと辛い(?)でも愛情たっぷりなトークも交えつつ、1曲目帰郷歌うっていうのがよかったわぁ。

 

雨のニューヨークのときは「今日は快晴ですけど、雨の歌歌います」っていってたと思う。

 

このあとは、昨年発売したソロアルバムから「はしっこねこ」と「僕のオリオン座」。

ヒロヒサさんのアルバムの中でこの2曲は特に好き。はしっこねこはメロディが好きです。

「僕のオリオン座」は逆に歌詞にグッとくる。どちても大好きな曲です。

 

そして、東京五輪。

つい先日、チケットの申し込みが始まったところということで、サイト見に行ったらネットなのにサイトに入るまでに10数万人待ちになってた、って話をされてました。

馬術観に行きたいなんて話もされてましたな。

 

そうそう、この日は譜面台を見つつ歌ってましたが、風が強くてパタパタしてたもののなんとか持ちこたえてくれました。

(ファイルの最初のページに譜面を入れるとパタパタめくれないってことを学んだって話もしてましたね(^^))

 

最後は「あそんだら」でにぎやかに。

 

なんか、改めて思い出しても名古屋でヒロヒサさんが一人でライブ(しかも野外で)っていう光景が新鮮でした。

 

翌日の大阪はさらにたっぷり歌っていただけたので、続きはまた改めて!

| 井乃頭蓄音団 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/28 金田と松尾と茶封筒と@下北沢 近松

GW2日目は、下北沢へライブを観に行きました。

 

 

最初、イベント告知のときに真ん中のイラストのところにモザイクがかかってて、あと1人誰だろう?って気になってたら、松尾さんって発表されて、これは行きたいっ!と思ったのでした。

 

金田さんと松尾さんがお互いソロで一緒にイベント出るのって、すごく久々じゃないかなぁ?(私が覚えてるのでは2013年のパンダ音楽祭の番外編(綱島温泉でのイベント)以来なのだが、その後もあったのかしら?)

 

19時過ぎに、まずはこの日の出演者3人がステージに登場。

オープニングトークということで、3人で25分くらいお話をされました。

 

前半のトークはすっかり忘れちゃってるけど、とりあえず、松尾さんがことあるごとに立ち上がって前でて話そうとするのを、金田さんが「はいはい、わかったわかった」って、なだめてたのが面白かったです(^^)

ステージでは写真のポスターと同じ並びで座ってて、松尾さんと金田さんが並んで話してる姿を見てるだけでうひゃーーっ!って興奮してたのは内緒(笑)

なかなか見れないんでね、この2ショット。すごく嬉しかったです。

途中、質問箱からツネさん(近松(ライブハウス)の代表)が考えたっていう質問を引いて答えてくってのもやってました。

 

その中に、「令和」ってタイトルで即興で曲作ってっていうのがあって、金田さんがドラム、らすてぃーさんがギターを演奏して、松尾さんが即興で歌うっていうのやってました。

ボサノバ調で2人が演奏してて、松尾さんが「れいわ〜♪」って歌ってた。意外とちゃんと曲になってたのがすごいなーーって思ったのでした。

 

そうそう、茶封筒のボーカルの「らすてぃー」さんという方がこれまた素敵な方で、最初はどんな人かな?って若干警戒しながら見てたんだけど、らすてぃーワールドが独特で非常に興味を持ちました。

 

それは演奏にも表れてて、オープニングトークの後1組目が茶封筒だったんだけど、歌詞の着眼点がすごい!

この日はウッドベースとドラムとギターっていうアコースティック編成で、前半はらすてぃーさん1人で弾き語り、後半は3人で演奏というスタイルでした。

ギターのコードの歌とか(ほんとにギターコードだけが歌詞になってた)、はとバスから降りない人の歌?とか、もう1回聴いてどんな曲だったか確認したいって、今すごく思ってます(^^;

 

歌声は河島英五っぽかったんですよね、なんとなく。あと、浜省って思った瞬間もあった(私だけだろうな)

いやーー、ほんともう1回ライブ観たいです、早く。ものすごく気になり始めてる。

 

その興奮が冷めやらぬまま、松尾さんの出番。

松尾さん、どんな感じで来るんだろう?って思ってたら、以下のようなセットリストでした(おかぴさんのツイート参照)。

 

ともだち

親が泣く

ハエ

自由

おっぱい

なにがなんだかわからない

西武鉄道999(THEラブ人間のカバー)

カニの缶づめ

腰痛

 

ともだちから始まると、松尾さんのソロライブだなーってすごく思う。

久々かな?って思ったけど、9月にBYGで聴いて以来だった(それでも半年以上ぶりだけど)

 

2曲目に「親が泣く」のイントロの演奏が始まって「これは、イントロだけで終わっちゃうかしら?」って若干ドキドキしてたら、ちゃんと歌い始めて、最後まで歌ってくれました。誕生日迎えてからは、初めての歌ったんじゃないかしら?「もう38〜」に歌詞が変わってたのが感慨深かったです。

 

ここからの振り幅がすごかった(笑)

 

「ハエ」ってほんと久々だわ。曲前のMCで「ご両親に結婚の挨拶にいったときに思い出してもらえたら〜」みたいに話してて、「何の曲だ?」って頭の中でぐるぐる考えてたんですけど、思い浮かんだ曲と全然違いました(^^;

ここからほんと怒涛で、「自由」とかやり始めて、「下の方の歌詞が続いたので、次は上で」っていうから、てっきり「上半身の愛?」って思ってたら「おっぱい」やっちゃうし・・・(笑)

この日も松尾ワールド全開でしたな。

 

松尾さんのライブを初めて見る方もたくさんいらっしゃったようで、ここまでの曲に「!?」ってなってる様子をみてチョイスしたのかはわかりませんが「なにがなんだかわらかない」を歌ってました。

 

後半はがらっと雰囲気が変わって、THEラブ人間の「西武鉄道999」をカバーで歌ってくれました。

前回のソロライブのときに、ラヂカセの曲をカバーしたらしく(生で聴きたかった!!!)、もしかしたら今日もあるかも?ってほんの少しだけ期待してたら、ほんとにカバー曲やってくれて、しかも曲がこの曲だったのがもうもうもう・・・(感涙)

 

金田さんがこの曲作った後、一番最初にこの曲を聴いたのは僕だって話もされてましたね。

そんなエピソードもあってこの曲聴いたから余計にグッときました。いやー、よかった・・・(しみじみ)

 

この曲の後に、カニ缶やるの反則だわ(褒め言葉です)。これまたグッと来た。

 

で、最後ですよ、問題は。

なんか、まじめな話始めたなって思って、数秒だけ真面目に聴いてたんですけど、気づいちゃったんだなぁ、次何の曲やるか。

ただ、あの会場にいる人の半分ぐらいはほんとにまじめに聴いてたと思う、多分。

まさかの「腰痛」ぶっこんでくるんだもん、最後。

本人も「これで終わっちゃっていいのかな?」とはいってましたけど、ほんとに終わっちゃった(^^;

 

この日は30分間に松尾さんの要素をぎゅっと詰め込んだって感じでしたね。

 

5/10の下北沢Lagunaでのライブはいけませんが、この日は後藤さんとの2マンライブなのでもっともっと松尾ワールド全開と思われます(^^)

 

そして、トリは金田さん。

この日でちょうど歌い始めて20年目っていうお話をされてました。

 

金田さんはじっくりと聴かせる曲が多かったなぁという印象。

「コウタ」って曲は、前にソロライブみたときも歌ってくれて、とても印象に残っている曲。

それ以外は初めて聞く曲が多かったなぁ。

この日は金田さんのレコ発も兼ねてて、最後に歌ってくれたのが新曲の「スナックふうるおんざひる」って曲だった。

 

MC聴いてても思ったけど、歌うことや曲を作ることに対しての考え方に変化が出てきたのかな?っていうのは感じた。

それは、こないだ3月にラブ人間のライブみたときも感じたんだな。

 

昔が良かったとか、今がいいとかいうんじゃなくて、1曲をものすごく大事にして、届けてくれてるんだなっていうことをものすごく思ったんだよね、この日。

 

もう1曲、この日楽屋で作ったって曲も聴きたかったなぁ(夜中のスナックふうるおんざひるでは歌ったのかしら?)

 

3人のライブが終わった後、エンディングトークが25分(といいつつ結局1時間ぐらいやってた)ありました。

 

エンディングトークはお客さんが書いた質問に答えていくという形式。

全部で20問ぐらいに答えてたのかな。

音楽関係の質問は興味深かった。以下、順不同でこんな話があったなってのを箇条書き。

 

歌詞から先に書くのか、曲から先に作るのかって話とか(らすてぃーさんは「タイトル」が先とかいってたけど、あながち冗談じゃない気もする)

好きなギターコードは?とか。

影響を受けた歌手・アーティストは?とか。

「平成」に絡めた質問も何個かあった。

あと何あったかなぁ?好きなカップラーメンの話とか。

何時間寝ますか?って話とか(金田さんは短くて、松尾さんは8時間ぐらい寝るって話してた)

ぜいたくだと思う食べ物の話とか(カルピスの話でやたら盛り上がってたの、ここかしら。濃いカルピスの話)

平成最後の日に何するって話とか?(松尾さん以外はライブあるっていってた)

好きな女性のタイプは?っていう質問は回答がなかったんじゃないかしら?(真剣に考えなきゃ?とかいってて結局そのまま終わった・・・)

あとなんだろう?どこでライブしてみたい?って質問もあった。

なぜか北陸押しだったのが個人的に嬉しかったな。金田さんは鯖江っていってたし、松尾さんも北陸っていってたし。

らすてぃーさんは地元が北海道で、札幌でライブやれたらって話してて、いっそ3人でーみたいな話もあって、「この3人で札幌でライブやるならいくよっ」って本気で思ってます。やってくださーーーい(懇願)

 

他にもいくつかあった中で、選ばれし4名のお客さんが記念の缶バッジをプレゼントされてました。

 

ライブ時間よりもトーク時間の方が長いイベントってあまりないので、珍しい企画だったけど、いろんな話をたっぷり聴けてとても楽しいひとときでした。

前半にも書いたけど、とにかく松尾さんと金田さんが並んで話してるのが貴重だったわぁ。

金田さんちに松尾さんが遊びに行って一緒にレコード聴いてたって話とか、想像しながら「おぉぉ」ってなってた(^^)

 

ただ、最終的にトークコーナーの主役は、らすてぃーさんだったね、間違いなく。

なんだろうなぁ、なんで「ぼそっ」って言う一言があんなに面白いんだろうか。素晴らしい感性の持ち主だわ。

よくぞ、この2人と一緒に出演してくれた!ってほんと思ってる。

下北沢とか吉祥寺とかでライブやってるみたいなので、またぜひライブ観に行きたいです。

この2人(もしくはバンド)とのライブもまたぜひ観たいので、Vol2企画を近松かどこかのライブハウスでぜひやってもらえたらなぁと思ってます(^^)

| 井乃頭蓄音団 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/7 春のYOIMACHI@大塚MEETS

ワンマンの翌日(4/7)は、大塚で開催されていた春のYOIMACHIにいってきました。

 

 

日中は桜巡りを中心に活動していたため、ライブは井乃頭蓄音団のみの鑑賞となりました。

 

この日はアコースティック編成でのライブ。

 

セットリストは

 

ようこそ我が家へ

言ってはいけない言葉

ヘイヘイマイマイ

佐々木です

イキテク才能

カニの缶づめ

デスコ

 

ちなみに、本番直前にはボーナストラックとして、「この人は誰だろう」もフルでやってくれました(^^)

 

前日とガラリとセットリスト変えてくるところがさすがだわ。

 

バンドセット編成とアコースティック編成を2日間楽しめたのも贅沢な時間だった。

 

ヘイヘイマイマイも久々だったなー。

この曲聴くと、「ヘイヘイマイマイヘイマイマイ〜」ってところのフレーズとメロディがしばらくぐるぐる脳内再生されます(^^)

 

終盤にカニの缶づめがあって、ちょっとしんみりした気持ちになってたところに、「ようちゃん」が現れまして・・・

この日も振り幅がすごかった・・・。最後デスコぶっこんでくるの、反則です(褒め言葉です(笑))

 

フロアにいたみんなで、立ったり座ったりできて楽しかった!!!

アコースティックだけど、ロックンロールって感じで。ほんと、楽しかった(2回目)

 

ツアーファイナルが終わった後って、なんとなく感傷に浸ってしまって、寂しいなって気持ちが強くなるんだけど、今回は翌日もライブが観れたおかげでとてもハッピーな気持ちのまま家路につくことができました。

 

2日間、ほんとに楽しかった(3回目)←大事なことなので3回いっておきます(^^)

 

5月6月はアコースティック編成のライブが続くようですが、8月には、たこ放題が帰ってくる!!!ということでめちゃめちゃ楽しみです!!(あっ、4回目だ)

| 井乃頭蓄音団 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/6 INOTOPIA TOUR 2019 ファイナルワンマン

4/6は、下北沢にあるライブハウスCLUB Queで、イノトピアツアーのファイナルワンマンを観てきました。

 

 

Queでライブ観るの4年半ぶりでした(多分)。2014年の下北沢にてのときにここでライブ観て以来だと思う。

 

この場所は、2013年3月の東京での初ワンマンの印象が強くて、久々にライブハウスの中に入ったときに「あぁ、こんな感じだったな」って思い出しました。

 

思い出に浸ったり、ファイナルワンマンだーっていろいろ考えたりすると緊張が変な方向に高まっちゃいそうだったのでなるべくフラットな気持ちでスタートを待ちました。

 

19時を少し過ぎた頃に、松尾さんが登場し、O.Aのたけとんぼの2人を紹介した後、たけとんぼのステージがスタート。

雰囲気は昭和感ありましたね、なんとなく。服装とかもそうだし、醸し出す雰囲気もそんな感じで。

曲もフォーク調だったから余計なのかも。

フォーク好きなんで、オープニングアクト楽しかったです。初々しい感じが各所に出てました。

O.Aが30分ほどあって、いよいよファイナルワンマンのスタート。

 

ワンマン自体もいつ以来だろ?ってぐらい久々だった。

去年は多分1回もやってないはずなのよね。10/10のいの祭りはゲスト満載だったし(てか、ライブ観に行けなかったし(涙))

純粋なワンマンっていうのは1年半ぶりぐらいな気がする。

 

じゃあ、セットリスト(おかぴさんいつもありがとうございますっ!)

 

悲しむといい

夢ひとつ

昔はよかった

コスモス

この道を

佐々木です

違う次元に行こうよ

息子の恋

ナミダナミダ

文豪気取り

土竜

アンゴルモア

イキテク才能

東京五輪

THE 財閥

〜アンコール〜

親が泣く

 

やっぱワンマンだと盛りだくさんだよねー。

 

「愛」から始まるのは、松尾さんのマイク前の気合の入れようでわかった(笑)

新旧の曲を織り交ぜてのライブだったけど、わりと旧の方も最近の曲が多かったなという印象。

 

「夢ひとつ」をやってくれたのは嬉しかった。春になると聴きたくなる曲。

「この道を」は意外だったな。あんまりライブで聴かない曲なので。

 

この日は、曲と曲の間をつなぐ演奏も含めて心地よかったんだよね。

「あっ、次この曲やるのね」っていうのは、間のメロディを聴いてたら気づくんだけど、2か所だけわからないときがあって、それが、「コスモス」と「土竜」のときだった。

特に、「土竜」のときは全く分からなったし、すごいかっこいいアレンジがされててかっこいいっ!ってなってた。

曲もアルバムに入ってるのとはまた雰囲気が違った印象を受けた。ダークな感じというか、うまく表現できないけど、この曲のもつ印象とビタッとあってたというか。とにかくかっこいいなーと思いながら聴いてました。

 

他に何があったかなぁ?(思い出し中・・・)

 

「佐々木です」のときに、ヒロヒサさんが「お客様の中に佐々木はいらっしゃいますかー?」って聞いてたけど、東京は0でしたね。

これ、名古屋で聴いたときも0だった気がする。仙台はたくさん佐々木さんがいたらしい。

 

中盤は「INOTOPIA」からの曲をたっぷりと。

さっきの曲と曲の間の演奏もそうだけど、ジョニーさんとヒロヒサさんのギターがねー、随所にかっこよさを発揮してました。

なんなのよもう!ほんとかっこいいわ(何回でもいっとこ(てへっ))

ナミダナミダと文豪気取りのときがとにかくかっこいいんだわ。

 

あと、東京五輪のときかな。終盤に2人でギターでの掛け合いみたいなのをしてたんだけど、あの姿観てたらちょっとうるうるきまして。。。それをちょっと後ろから見守る松尾さんとか、大貫さんとかがいてさぁ。。。(感涙)

この曲ほんと反則(褒め言葉です)。

この曲でこのツアーラストだーって思ってたから(この日ここまでにTHE財閥をやってなかったことには気づいてたんだけど)、ほんとにあと1歩押されたら泣く寸前だったのね。

そしたら、急に「メディチチチチ」って始まって、まじかーーーーーーーーーーーーってなりました(笑)

 

ほんとぶっこんでくるよね、いのちくは。前曲とのギャップが激しくて、パチンって弾けちゃう(^^)

あーもう終わっちゃう――っていう悲しい気持ちがぶっ飛んだもの(笑)

さすがだわぁ。。。

 

前後するけど、「アンゴルモア」のときに、最初の松尾さんのリフのところを、会場の人たちに口ギターで歌わせてたのが面白かった(笑)みんなノッてやってたのもすごいわ。めっちゃ面白かった(^^)

 

そうかと思えば「イキテク才能」のときに、松尾さんが、井乃頭蓄音団を結成して10年〜って少し話始めて、「諦めから始まったバンドだ」っていってたな、確か。

でも、今はやる気になってきて、話をしてて、ほんっとに続いてくれてることが嬉しいなって改めて思った。

このときも、ライブの最後にも話してたけど、ずっとずっと止まらずに走り続けるのでって言葉はすごく心強かったんだよね。

 

いのちくと出会ってから8年間、ずっと生活の中で寄り添ってくれてるバンドだから。

まだまだこれからもいてくれないと困るし。ここでも何度も言ってるけど、「NOいのちくNOライフ」なので(ほんとに)

 

そんな感じで本編が終わりまして、アンコールは「親が泣く」

恒例の「親が泣くエピソード」を話すコーナーがあって、たけとんぼの2人の告白タイムがありました。

 

その後、「本家の松尾さんも!」ってしきりにヒロヒサさんが煽ってたんだけど、「言えないことしかない」みたいな感じでひとっつも告白してくれなかった(笑)で結局、ジョニーさん流れ弾っていう(笑)

ジョニーさんのエピソードは去年の札幌で聴いてたけど、若気の至り感がありますね。反抗期だったんですかね(^^)

このコーナー出演陣からしたらちょっと恐怖だよね(笑)

 

アンコールも終わって、一度ステージからはけたんだけど、また戻ってきてくれて、そしたら、松尾さんへのハッピバースデーソングとともに、ケーキが登場しました。

若干照れながら「ふーーっ」ってやってたのがよかったです(^^)

 

 

ワンマン終わって、会場にいた人たちとおめでとーーって言えたのがすごく嬉しかったなぁ・・・(しみじみ)

 

久々にライブ会場でお会いした応援団もいっぱいいて、みんなでお祝いできたのがほんとに嬉しかったです。

 

イブイブにお祝いして、昨日もライブがあって、今日が本当のお誕生日ということで。

改めまして、松尾さん、お誕生日おめでとうございますっ!!!

そして、明日も後夜祭?のソロライブがあるみたいで(^^)。

明日はライブいけないですけど、ずっと松尾祭りが続いてる感じでよいですなぁ。

新しい年齢の最初に何を歌うのか、情報を待ちたいと思いますっ!

 

この日はこの後のライブの発表もいくつかあって、6月以降には関西にもライブに来ていただけるみたいなので楽しみです!

 

INOTOPIAツアー、お疲れ様でしたっ!各所での楽しいライブ、ありがとうございましたっ!!

| 井乃頭蓄音団 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
3/20 INOTOPIA TOUR 2019 京都編

今日(日付が変わったので昨夜だね)は、磔磔にイノトピアツアーの京都編のライブを観に行ってきました。

 

 

磔磔でいのちくのライブ観るのはMAHOROBAツアー初日のライブ以来、2年ぶり。

今回のツアー日程が発表になったときに、「磔磔」が入ってたのがめちゃめちゃ嬉しくて、ライブ楽しみにしてました(^^)

 

しかし、休みが取れず、仕事終わった後急いで向かったのですが、1組目のアフターアワーズのライブは間に合わず。

 

2組目のねじ梅タッシと思い出ナンセンスから鑑賞しました。

 

最初、ボーカルの人が板前さんの格好で登場したとおもったら、いきなり大根のかつらむきを始めたので、思わず見入ってました。

さすが16年も板前さんやってるだけあって見事でしたね。

他のメンバーが登場して、かつらむきされた大根を支えてる感じもよかった(笑)

 

そんなパフォーマンスで始まったこともあり、妙に親近感がわいて、とても楽しくライブを観ることができました。

板前やりながらバンドマンもやってるってすごいなー。

ドラムの人もインパクトあったなぁ。。。

 

いのちくは、20時過ぎに登場。

 

セットリストは

 

文豪気取り

悲しむといい

息子の恋

二人の影

ナミダナミダ

イキテク才能

THE財閥

帰れなくなるじゃないか

〜アンコール〜

東京五輪

 

京都といえば文豪ってイメージなのかな?文豪気取りのときの松尾さんの動きがキレッキレだった。

 

「息子の恋」では、一番最後の「息子の恋なのだ」って歌詞ところが名古屋からどんどん増えてますって自分でいいながら、これまでで最長じゃないかって思うぐらいずっとやってた(笑)他のメンバーも「ジャンジャン♪」って楽しそうに演奏してたのが印象的だった(今日はけんちゃんがよく見える位置でライブ観てたのもあって、すっごい楽しそうでよかったんだよねぇ)

 

その次の曲で松尾さんが指ピック(っていうのかな?)を装着してて、何の曲やるんだろう?って思ってたら「二人の影」をやってくれてびっくり!!全く予想外だった。久々だったしフラットな気持ちで聴いてこともあってジーンときたなぁ・・・。

 

そうかと思えば、ナミダナミダではツインギターのかっこよさにもうもうもうもう!!!ほんと「なんもいえねぇ」って感じ。なんなの?あのかっこよさは!ヒロヒサさんからジョニーさんに演奏がバトンタッチしていくとことかめちゃめちゃ好きです(^^)

 

あと、「イキテク才能」→「THE財閥」の振り幅ね。財閥での松尾さんの動きがまたキレッキレっていうか、今日、途中で口ギターみたいなのしてた(笑)予想外のことをし始めたからか、けんちゃんずっと笑ってたのが印象的だった。

 

あっという間に最後の曲になって、最後何かな?って思ってたら、帰れなくなるじゃないかをやってくれて、テンションめちゃめちゃあがりました。

名古屋の時も書いたけど、私の中でこの曲は別格で、大好きという一言では言い表せないぐらいに思い入れが強い曲なので、ヒロヒサさんが弾く最初のイントロを聞いただけで「わっ!!!!」ってなる。

いやーー嬉しかったぁ。。。(しみじみ)

 

音止めの時間が迫っていたこともあり、ステージに降りかけてアンコールが起こったと同時にすぐステージに戻ってきてくれて東京五輪を演奏してくれました。

 

ほんとあっという間だったなぁ。。。

 

松尾さんがしきりに「今日はセミファイナル」っていってたのを聴いて、今回のツアー、残りはもう4/6のワンマンだけと思ったら急に感慨深くなったんだよね。

今回、名古屋、大阪、京都と近郊で3か所ライブが観れたのが嬉しかったし、前々回の大阪のライブがすっごく楽しくて、今日の磔磔のライブまで間空いちゃうのがつらくて福島まで急遽行くことにしたのもよき思い出。笑夢のカレーもおいしかったなぁ。。。

 

ツアーファイナルが下北沢CLUB Queってことで、いつもとはちょっと違った緊張感がちょっとあります。

私の中でこの場所は、6年前の3/23のライブの印象が強くて・・・。

東京初ワンマンの場所であり、旧メンバーとの別れの場所でもあり。

その年は桜の開花が今年以上に早くて、東京に満開の桜が咲いてたこともすごくよく覚えてる。

 

あれから6年経ったってことは、大貫さんが加入してからのバンドとしての期間の方が長くなったんだよね。

 

2013年以降に発売されたアルバムでは名曲(迷曲(?)も)がたくさん産まれて、破壊力抜群の松尾節全開!!みたいな曲もあれば、胸にぐさぐさ突き刺さって感情を揺さぶられる曲もたくさんあって、年を重ねれば重ねるほどいのちくが大好きになった。

でも、それ以前に作られた曲を聴くと、妙な懐かしさとライブを初めて観た時の衝撃とワクワクした感情が高まって、またこの曲もあの曲もライブで聴きたい!!って気持ちにもなる。

 

そんな珠玉の曲たちの中から、ファイナルに選ばれし数曲はどの曲になるのか、めちゃめちゃ楽しみです!!

ワンマンライブは2018年は多分1回もなくて、2017年の11月にクアトロでやった”結成10周年目前”のライブ以来になるのかな。

4/6まで2週間ちょっと、ワクワクと緊張に交互に襲われながら過ごすことになると思います(笑)

 

あとは、ライブとは関係ないけど、東京の桜がその日までなんとか咲いててほしいという願いも持ってます。

こないだ河津桜は見れたけど、ソメイヨシノもみたい。桜もがんばれーーー!!!

| 井乃頭蓄音団 | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
3/2 INOTOPIA TOUR 2019 福島編

昨日は、福島アウトラインにイノトピアツアー福島編のライブを観に行ってきました。

 

 

さぁ、若干前置きが長くなりますよ(笑)←相当長くなった(汗)

 

今回のツアーの詳細発表時に、東北ツアーの対バンはザ・ラヂオカセッツとの発表があり、第一印象で「行きたい!!!」って思ってました。

 

しかし、〜綾気紡膾紊妊薀ぅ屬あること、日曜の仙台もライブを観ると月曜までに大阪へ戻れないこと、0榮圧離と費用、などを加味した結果、一旦行くのを諦めました。

 

でも、心の片隅で「行きたい」って気持ちはずっとどっかにあって、モヤモヤした想いが残ってたんですよね。

 

そして先週、大阪でのライブを観賞。

 

ライブ中めちゃくちゃ楽しくて、でも大阪のライブが終わってしまうのが寂しくて、これ終わったらまた1ヶ月ぐらいライブみれないのか。。。って思い始めて。。。

 

そしたら、急に「東北ツアー行きたい!!!!!!」って想いが再燃したんです。

 

いのちくのライブみたいのはもちろんなんですが、ラヂカセのライブもすごくみたくて。

この2組対バンで観れるの、やっぱいいなぁってなっちゃったんですよね。

 

で、大阪のライブが終わった翌日(というか、ライブ後家に帰ってから夜中)、どうやって東北へ行こうか、そもそも東北へ行っていいのか、などなど、いろいろ考えに考えまくってました。

 

当初の予定は、飛行機で仙台まで移動→仙台でちょこっと観光して福島へ。

翌日は出演時間によって、仙台のライブを観るか、観ずに帰るかを決断するというもの。

 

その後、気持ちの中では「行く」という決断をしてはいるものの、決定ボタンを押せずに数日が経過しました。

 

そうこうしているうちに、あっという間に航空券の支払期限がやってきて、「さぁ、どうしよう・・・」と再び迷いが。

 

非常に悩んだ結果、仙台を中途半端に観光するのであれば、行きに仙台を経由するのはやめて、東京経由で福島へ向かおう。

そして、翌日のライブの状況によって仙台に行くか、諦めて大阪に戻るか決断しようということにして、仙台行きの飛行機はキャンセルし、別ルートでの移動手段に切り替えました。

 

仙台を丸々諦めてしまうことにすごく葛藤があってその後もしばらく悩み、最終的にすべての手配が終わったのが木曜日。

ほんとギリギリで行くことを決断しました。

 

というわけで、本編に戻りまーーす(笑)

 

この日の出演者は、井乃頭蓄音団、ザ・ラヂオカセッツのほか、thing of gypsy lion、パイナップル独りウェイの4組。

 

1番手は「パイナップル独りウェイ」さん。

 

ライブハウス到着が開演に間に合わず、数分遅れて入場したときにはすでにライブが始まってました。

最初、後ろからみてたため1人って気づかずバンドだと思っていたのですが、途中で「あれ?一人だ」ってなったのでした。

それぐらい、1人な感じがしなかったのよね。1人で何人も演じてたように感じたというか。

 

例えるなら、ちょっとスイッチが入ったときの松尾さんのよう、というか。

とにかくハイテンションな感じだった印象が残ってます。

 

お客さんの巻き込み方が秀逸だよね。面白かったなぁ。。。「おにぎり」の歌とか。面白いのいっぱいあったな。

完全に会場の雰囲気があったまりましたもん(^^)

 

その雰囲気そのままに、2番手の「thing of gypsy lion」略して「シンジブ」さん。

いのちくのメンバーよりも年齢的にちょっとお兄さんのようで、落ち着いた雰囲気でした。

ロックな感じもあり、フォークな感じもありっていう点ではいのちくとも共通するかなー。

歌詞も、自分たちに近いことを歌ってた気がして、すんなり入り込めたんですよね。

ライブ途中では「今日は”アイドル枠”で呼んでもらいました」とかいってましたけど(笑)

 

最後の曲がちょっといのちくの「さよならといったわけ」っぽい曲調に感じて(個人的に)おっ!て反応したりとか。

 

あと、会場も雰囲気で最高です〜っていって演奏してるバンドのみんなも楽しそうにしてるのもなんかよかった。

「シンジブ」さん、覚えておきます!

 

全国各地にいろんなバンドやアーティストがいるんだなぁって改めて思ったなぁ・・・(しみじみ)

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
2/23 INOTOPIA TOUR 2019 大阪編

昨夜は、GANZ toi,toi,toiにイノトピアツアー大阪編のライブを観に行ってきました。

 

この日も開演前に松尾さんがジョニーさんと一緒に挨拶のためステージに登場しました。

雰囲気だけ漫才師っぽく見えちゃうのよねーどうしても。松尾さんがジャケット着ているせいかしら。

 

挨拶が終わった後、Baconの人にめっちゃ突っ込まれてましたけど(^^;

 

てなわけで、トップバッターはBaconでした。

 

ずっと気になってたバンドで今回ようやく初めてライブを観ることができました。

身体も自然に動くし、楽しかったなぁという印象。

ボーカルの方の雰囲気がまたよいわぁ〜。

松尾さんをちょいちょいステージからいじってて、途中2曲目ぐらいで袖から覗いてた松尾さんをステージに呼んで一緒に踊ったりしてました(笑)

 

あと、ドラムの「アル」さんはイヌガヨのドラムもやってて、激しめのライブを2本続けて(この後がイヌガヨだったので)やってたのがすごいなぁって思った。マジですごいよ。

 

新曲も披露してくれて嬉しかったです!

 

そして、2番手はイヌガヨ。

 

イヌガヨといえば、ファンダンゴっていうイメージが強い。なので、GANZでライブ観るのが新鮮だった。

じゃっくさんはトーク中と演奏中のギャップがあって一気に引き込まれました。

ライブ中はものすごく熱くてパワフル!!目力と突き上げるこぶしがすごく力強かったです。

逆にトークは面白いのよねー。人吉に行ったら映画の撮影に来てた大道具さんとお店で出会って、よくよく話を聞いたらGANZを作った人だったとか。

「ここでライブする前に、ライブハウス作った人に出会っちゃいました」とかいってて持ってるわ〜!と思ったのでした。

 

何曲かを一気に演奏されるので、集中してライブを観ることができて一瞬でステージが終わった感じがしました。

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
2/9 INOTOPIA TOUR 2019 名古屋編

昨夜は、K.Dハポンに井乃頭蓄音団のライブを観に行ってきました。

 

 

昨年末にカウントダウンに参加して以来のライブ参加。実質、2019年の初ライブ参戦となりました。

会場に行く途中で、アルバムから1曲MVがUPされるって情報が上がってきて、「もしやあの曲が・・・」と思ってたらビンゴでした!

「THE 財閥」いろんな意味で衝撃的なのでぜひともご覧くださいませ(トップ画像からしてヤバさ全開やないか・・・(笑))

 

 

さて(気を取り直した)、「INOTOPIA TOUR2019」初日は、松尾さんとヒロヒサさんの故郷でもある名古屋!

地元ということもあり、ご家族やヒロヒサさんの小学校時代の恩師もいらっしゃっていて、非常にアットホームな雰囲気の中でのライブでした。

 

この日の出演者は、井乃頭蓄音団のほか、the Tiger、百長の3組。

 

最初に松尾さん・ヒロヒサさん・ジョニーさんがステージに登場して、今日の出演陣の紹介をした後、トップバッターのthe  Tigerのライブスタートとなりました。

 

the Tigerは予備知識を全く入れずに初めてライブを観たのですが、とてもよいバンドでした。

1曲目にやった曲を聴いててビートルズみたいな雰囲気を感じるなぁと思ってたら、ライブ後に彼らのツイッターにビートルズ好きって書いてるのを見つけて納得。

女性ボーカルのバンド(他のメンバー3人は男性)は見る機会がなかなかないので新鮮だったし、何よりもパワフルな歌声に魅了されました。

 

まだみんな20代前半ということもあって若々しくもあり、それでいて演奏はすごく堂々としているというか、ビシビシ伝わってくるものがあって、めっちゃよかったです。

 

またライブ観たいなぁ。。。またいのちくと対バンやってほしいし、関西にライブ来たら観に行きたいなと思ってます。

 

そして、2番手は百長。

 

名古屋でいのちくがレコ発ライブやるときはほぼ出てくれている素敵なバンド。

今回もアルバム発売の発表があってすぐにツアー出演オファーの連絡があったらしいです(笑)

 

「くされ縁」って表現が似合うよね、お互い(前は「ずぶずぶの関係」とも言ってましたけど)

 

百長も演奏がかっこいいのよねー。

今回も大好きな「背中」って曲をやってくれて嬉しかった。

 

あと、途中でボーカルの大森さんが突然「コールアンドレスポンスしましょうか」とかいって、「いのちくの曲がいいですかねぇ?」とかいいながらおもむろに、「THE 財閥」の最初の入りのところやり始めて、「はいっ」ってお客さんに振ったら、みんなぽかーんとしてたのが面白かったです(笑)

このあと、いのちくの出番の時に同じ曲やったの聴いて、会場にいた方々は「あっ!あれか!」ってなったかしら(^^)

 

3マンだったこともあり、たっぷり曲が聴けて嬉しかったです。

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
12/31カウントダウンライブ@B.Y.G

あけましておめでとうございまーーーす!!(おそっ(笑))

今年は猪突猛進でがんばる・・・予定でしたが、初日から風邪で会社を休む事案が発生したため、健康第一に過ごしたいと思います。

 

さて、2018年の大晦日は、渋谷B.Y.Gに井乃頭蓄音団とハッチハッチェルさんによるカウントダウンライブに行ってきました。

大晦日を東京で過ごすのは初めて。しかも、厳戒態勢の渋谷に向かうことにかなりびびってました(^^;

 

ハチ公前はちょいと回避しようということで、渋谷マークシティの中を通り抜けて道玄坂を下ってBYGへと向かいました。

 

 

開演直前に近くのアイドル兼任のママさんがオープニングアクトしまーすってことで、2〜3曲歌って行かれました。事前に知らされてなかったのでびっくり!!でも、お店の常連さんたちも一緒にいらっしゃってたみたいで盛り上がってました(^^)

 

ほどなくして22時となり、カウントダウンライブがスタート。先攻は井乃頭蓄音団でした。

 

セットリストは

 

アンゴルモア

THE 財閥

悲しむといい

ぶらぶら節(高田渡さんのカバー:井乃頭バージョン)

ありがとう(小坂忠さんのカバー)

ナミダナミダ

おそうじオバチャン(憂歌団のカバー)

東京五輪

親が泣く

 

アンゴルモアから始まるのが新鮮だったな。しずかーーな雰囲気のところから、突然に松尾さんがギターを弾きはじめるのが不思議な感じだった。

からの〜THE 財閥。もーいーくつねーるとーー♪ってフレーズあるから、カウントダウンギリギリに歌うのかなとか勝手に思ってたら、アンゴルモアからの流れですぐ来たので、テンションアゲアゲでしたよ(笑)

 

中盤はカバー曲が続きましたね。

ぶらぶら節は歌詞を井乃頭バージョンに変えて歌ってました。時勢を踏まえた歌詞で今しか歌えないというか、MCでもいってたけど、別の時代にこの曲をカバーしたらその時々の内容の歌詞が入るんだろうなーなんて思いながら聴いてました。

 

2018年を振り返る話とかもしてたのかなー(記憶がうろ覚え(汗))。

ジョニーさんとヒロヒサさんがソロアルバムを出して、嬉しかった〜みたいな話を松尾さんがしてた記憶があります。

毎日CD眺めてます、とか言ってた気がする(^^;

 

そんなこんなでナミダナミダが終わった後、楽器をチェンジしてて、何を思ったか松尾さんがおもむろにヒロヒサさんのエレキギターを持ち始めたんですよ・・・。

またまたまたぁ・・・なんて思ってたら、本当に演奏始めちゃった!!

 

その時の写真がこちら。

 

いのちくのファンになって初めて松尾さんがエレキギター弾くのを見たよ(この写真だとエアギターになってるけど(笑)途中ちゃんと弾いてました)

 

おそうじオバチャンも歌詞の内容がかなり過激というか、結構な内容の歌詞もあったんだけど、過去に備わった耐性があるのでじっくり聴いてました(メインボーカルはヒロヒサさんが担当してました)

 

東京五輪が始まる前に、クドカンさんが今年の大河の構想を練るときにこの曲を参考にしたって話をちょこっとしてました。

(第1回の大河を日曜にみてて、どっかに名前ないかな?ってクレジットをじっくりみてたのは内緒です(笑))

 

最後は親が泣くで終了。またカウントダウンのときに〜ってことで、いのちくの出番は終了しました。

 

後半はハッチハッチェルさん。でも、その前に年越しそばタイムがありおいしくいただきました(^^)

 

ハッチェルさんの登場は23時半頃だったかなぁ?

カウントダウンまで何分かな?って途中気にしながら演奏されてました。

10分前ごろからはいのちくもステージに上がって準備万端。ハッチェルさんと2曲ぐらい一緒に演奏してましたな。

 

カウントダウンはBYGの方が呼ばれてステージ中央でされてました。「ごー、よーん、さーん、にー、いーーちっ!」って。

 

カウントダウンイベントのイベントって地元でも大阪でも参加したことがなくて、今回が初めてだったので不思議な高揚感がありました。新しい年の幕開けを、この空間で大好きな人たちと一緒に迎えられたのは嬉しかったなぁ〜。

 

その後、ハッチェルさんの演奏が続き、最後アンコールで再びいのちくも登場して「あそんだら」をやってくれました。

バイオリン入ってドラム入っての「あそんだら」はいつも以上に軽快で楽しかった!!

アコースティックバージョンも好きだし、楽器が増えるとまた違った雰囲気になって楽しめるなと思ったのでした。

 

ライブ後には、BYG近くの神社に出演者の皆さんと一緒に初詣に行くというおまけつき(^^)

神社でふるまわれていたおしるこも食べました♪

 

最終的に解散したのは1時半頃かな?

まだ渋谷駅周辺は警察の方がたくさん警備されてましたけど、駅前で行われていたカウントダウンイベントも終わった後だったようで、かなり落ち着いた状態になってたように感じました(ハチ公口はまだ閉鎖されたままでしたけど)

 

2月からはイノトピアツアーが始まるとの発表もあり楽しみです!(久々の磔磔が嬉しいっ!!)

 

2019年も旅行にライブといろいろ楽しんで行きたいと思いますっ!!

| 井乃頭蓄音団 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと