5/19 ライブ鑑賞@グランキューブ大阪

今年も、パーキンソン病のセミナーに関連して、樋口さんが来阪されました。

 

 

前半は先生方のセミナーがあり、休憩を挟んで14:40に樋口さんが登場。

目の前にファンの方たちが座っているのに気付いてくださり、軽く手を振る樋口さん横目で見てました(笑)

 

前半は大阪大学の望月先生とのトークショー。

 

最初の樋口さんの紹介のときに、司会のお姉さんが「1993年に”いつまでも”でデビューされ。。。と話しているのを聞き逃しませんでしたぞ!!

特に樋口さんも突っ込んだりしてなかったけど、『いまでも』が正解ですからっ。

(去年と同じ司会者の方だと思うんだけどなぁ)

 

望月先生は椎間板ヘルニアを発症されたとのことで、「腰痛」について、パーキンソン病からくるものなのか、それとも他の要因(運動不足など)から来るものなのかを見極める方法などをお話しされてました。

 

樋口さんも仕事場で作業をしていて薬が切れてくると痛みが強く出てきちゃうというお話をされてましたね。

 

あと、暑すぎるときや寒すぎるときは薬の効きが悪くなってしまうとのことで、寒い時は暖かくして過ごすように、あまり寒い場合は外に出ないだとの対応が必要というお話しをされていました。

 

友人にパーキンソン病の方がいらっしゃる場合の関わり方については、樋口さんの実体験のお話をされていて、適度にほっておいてくれる方がよいと。ほんとに手助けが必要、助けてほしいなというときだけ手を貸してもらって、それ以外は自分のことは自分でやるというようなことをおっしゃってました。

 

パーキンソン病との向き合い方については、これは昨年も話されてましたけど(ということで、昨年のブログ内容を一部引用)

 

英語ではパーキンソン病であることを「He has Parkinson's Disease」という。「has(持ってる)」と表現する。

パーキンソン病は、彼、その人が神様から与えられた持ち物(荷物)なんだ。

神様という表現はあれだけど、神様はその人が乗り越えられるものしか与えないと。

必ず、その荷物を降ろす時がくるのだから、それまではお互いにそれぞれに与えられた荷物をもって生活していく。

 

歌手という職業をしているので、歌うことで皆さんがいろんな表情でそれを受け取ってくれることがエネルギーになるというような趣旨のことも話してましたね。

 

望月先生も、昔はパーキンソン病になったら仕事はするな、ということをいってたそうなんですが、今は仕事に行く、朝、「よしっ!今日も仕事に行く」と思うことでドーパミンが出るからできるだけ仕事を続けることを進めているとおっしゃってました。

 

20分という短い時間でしたけど、いろいろと貴重なお話を聞くことができました。

 

その後は、樋口さんのミニコンサート。

今回のサポートギターは古澤剛さん。タケヒゴで大阪でライブやってくれる日がくるなんて!!

 

その現実に気づいたときに「嬉しい・・・」としみじみ思ったのでした。

 

セットリストは

 

ぼくたちは

COLOR

手紙〜親愛なる子供たちへ〜

1/6の夢旅人2002

 

「ぼくたちは」のときは、内田麟太郎に内緒でこっそり歌ってたら本人にバレて、謝りの電話を入れたら「どうぞどうぞ、どんどん歌ってください」といわれて今に至る行った話をされてました。

 

2曲目は古澤さんの曲である「COLOR」を2人で。

この曲を樋口さんと古澤さん2人でハモって歌うの、すごく好きなんです。

この日聴けると思ってなかったからすごく嬉しかった!!

そして、ハーモニーがとてもよかったし、力強かった。めちゃめちゃ感動しました。

 

樋口さんは、昔は自分でギター弾いて弾き語りでライブやったりしてたけど、病気の影響で歌うこととギター弾くのを同時でするのがだんだんと難しくなってきて、ただ、自分でギターを弾けなくなった分、今度は、サポートギタリストとして素晴らしいパートナーを得ることができた(ギフト、っていってたかなぁ?)と古澤さんのことをお話しされてました。

 

古澤さんも、こんな形で樋口さんの横でギターを弾かせてもらえることが非常に光栄だとおっしゃってましたね。

 

余談ですけど、古澤さんと初めて会ったのは、2010年10月に愛知県刈谷市のイベントに樋口さんのサポートギターとして参加されたとき(写真残ってるかな?と思ったけどさすがにその頃は全く知らなかったので一緒に写真撮ってもらってなかった)

その後、竹楽で一番搾り(当時のユニット)のライブみて、翌年2月にストリートで大阪来た時に見に行って今に至るという感じです。

いや、懐かしいこと思い出しちゃった(てへっ(笑))

 

この日一番ぐっと来たのはこの曲だったかもしれないわ。正直なところ。

 

手紙は、昨年のこのイベント以来で聴いたんじゃないかしら。

昨年も会場の方のすすり泣く声が聴こえてましたけど、今回もかなり会場にいらっしゃった方々の心に響いたようでした。

樋口さんは「この曲を歌うときは必ず一番最初にこの曲を歌ったときのような感覚になる」とおっしゃってましたね。

 

この曲やる前のMCかなぁ?2009年のレコード大賞で優秀作品賞をいただいたんだけど、そのときは、まわりに超一流の歌手の方ばかりいて、場違いなんじゃないかと思ったというようなお話をされてましたね。

EXILEだったり、氷川きよしくんだったり・・・って話始めた後で、「しにものぐるいとか」っていってて、誰よそれ?そんなバンドいたっけ?って頭の中ぐるんぐるんしてたら、古澤さんが「いきものがかりですよね?」って突っ込んでくれて、その時点でようやくわかりました(笑)

樋口さんのダジャレがコードすぎて全くわからなかった(笑)

この日はトーク抑え目でしたけど、相変わらずのトーク力に感服しましたです(^^)

 

最後は、「1/6の夢旅人2002」。「水曜どうでしょう」=サイコロの番組って説明しますよね、いつも(笑)

知ってる方は拍手を〜っていったら、先ほどの望月先生も拍手をなさってて「おっ!藩士!!」と思ったのでした。

 

では、僕が「ろくぶんのいちのゆめたびびと〜」って叫びますから、その後に、無意味に「にせんじゅーきゅー」って叫んでくださいって会場のお客さんにお願いして、曲がスタート。

 

ちょっとね、祭りとかキャラバンを思い出したよ。古澤さんもスタンディングでジャカジャカギターかき鳴らしてるし。

古澤さんがハモってくれるのもめちゃめちゃ嬉しかった。最後、盛り上がりましたな!!

 

そうそう、前後するけど、COLORの前後で、2人でやるときのユニット名がお互いの出身地の熊本(肥後)の「ヒゴ」と竹田の「タケ」を取って「タケヒゴ」って話もしてました。

また、古澤さんの大阪でのライブ(7月5日)の告知コーナーもあったり。「これも出会いですからね」とのことで。

さすが、事務所の先輩だわ。素敵な師弟愛を感じました。

 

この日は30分のステージでしたが、何度か言ってるけど、「タケヒゴ」で大阪でライブハウスとかホールでのライブやってほしいんですよね(懇願)

大阪じゃなくてもいいです、この際。2人でやるライブがすごくみたい。

ぜひぜひご検討くださいませーーー!

 

ちなみに、樋口さんはご自身のライブ告知されてませんでしたけど、6月28日(金)に東京の大森でデビュー25周年記念のライブがあるとのことです。

詳細は樋口さんのオフィシャルサイトに載ってるので確認してくださいませーーー!

 

10月のどうでしょう祭りにもいらっしゃるんでしょうかねぇ?そちらも気になるところでございます。

(札幌行きたい・・・)

| 樋口了一 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
11/18どうでしょうトークショー@HMV渋谷

日曜日の出来事その2。

 

この日は東京についたのが遅かったため、あまりぶらぶらできず。

新御茶ノ水の近くにあった和食の店でランチを食べました。

 

その後、根津にあるまるちゃんのお店に立ち寄り、秋葉原まで徒歩で移動。

(これが行けなかったんだなぁ。歩きすぎて夜めっちゃ足痛かった・・・)

 

一旦ホテルにチェックイン後、吉祥寺に向かう前にちょっと渋谷へ寄り道。

HMV渋谷でどうでしょうのDVD発売記念のトークショーをやってるとのことだったので、行ってみることにしました。

ただ、整理券も持ってないし、人いっぱいだろうなぁと思ったのでゆる〜く出発。

着いたら、すでにトークショーは終わっていて、樋口さんも登場後でちょうど「1/6の夢旅人2002」を歌われているところでした。

 

店内について、この曲聴こえてきたらやっぱテンションあがるよね!!

モニター越しにしか歌っている様子はみれなかったけど、どうでしょうが好きな人たちと一緒にこの歌で盛り上がってる姿はとても感動的でした。

 

イベント終了後はサイン会あり。

DVDはすでにローソンで買ってしまっていたので、樋口さんのCDを購入し列に並びました。

列に並んでから、実際にサインしてもらうまで1時間以上待ったかも(^^;

それでも、段々とステージに近づいてきて、3人(樋口さん、嬉野さん、藤村さん)の姿が見えるのが嬉しくてあまり長く感じませんでした(ただ、後ろの予定が迫ってたのでちょっと焦ってたけど(笑))。

 

樋口さんにサインをいただいたのですが、そのまま3人と一緒に写真を撮っていただくこともできました\(^o^)/

一生の宝物だわ〜この写真。緊張しすぎて後ろ下がりすぎちゃってるからめっちゃ自分が小っちゃく映ってる(^^;

 

 

このCDにサインもらったの、14年ぶり(感慨深い・・・)

 

またこのメンバーが揃うイベントに来年も参加できたらいいなぁと思ったのでした。

| 樋口了一 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/22どうでしょうキャラバン2018埼玉

7/22は埼玉県にある杉戸町国体記念運動広場で行われたどうでしょうキャラバンに行ってきました。

 

実はどうでしょうキャラバン初参戦!!

 

前日に東京にいて埼玉なら行けるかもっ!って思ってたら、樋口さんと古澤さんが出演すると知り絶対いくっ!!!と参戦を決定しました。

 

とはいえ、連日の猛暑&前日いのちくのライブ観てテンション上がって寝れなかったため、寝不足で挑むと熱中症が危険!と思い、ぼちぼちと出かけることに。

 

宿泊地から東京駅で東京メトロに乗り換え、東武鉄道直通運転の電車で杉戸高野台へ。

だいたい1時間半ぐらいかかりましたかねぇ。。。

 

11時頃に駅に到着。すると、改札を出てすぐのところにこんなのがありました。

 

すげーー!!気合入ってる!!!

 

コンビニで飲料調達&マクドで腹ごしらえを終えた後、早速会場へと向かいました。

 

途中、こんなクイズの看板があちこちにありましたです。

 

このあたりだったかなぁ?玄関先を掃除してたおばちゃんに「今日この道たくさんの人がぞろぞろ歩いてくけど何かあるの?」と尋ねられました。

「北海道テレビの・・・」と説明しましたが、わかってくれたかしら??

 

さらに進んでいくと、前方に会場らしき場所を発見!!

こういう道、中学校のときの通学路に似てるわぁ。。。すんごく懐かしい気持ちになりました。

 

約15分で会場に到着。

 

ちょうどステージは空になっていて、奥の方でチャンバラやったりしてたみたいです。

 

こちらはキャラバントラック(ステージ)の裏側

 

こちらが表側

 

ムンクさんも大集合!!

 

暑いので会場はテントでいっぱいになってました。

 

ライブがスタートするまでは、近くの図書館(中の多目的室は休憩所になってました)でクールダウン。

 

14時頃から、まずは黒色すみれさんのライブがスタートしました。

 

バイオリンと歌声が素晴らしかったなぁ。

最後、カノンやってたと思うんだけど、それがとてもよかったです。

 

その後、15時前ぐらいに樋口さんと古澤さんがステージに登場。

 

このコンビでのライブが久々。野外でライブ観るのも久々。しかも、これがどうでしょうのイベントっていうのがまた感慨深い。

 

まずは、古澤さんの歌からということで、「Color」を歌ってくださいました。

 

「Color」のとき、途中樋口さんがハモってくださってて、とっても感動した。

古澤さんも後日おっしゃってましたけど、樋口さんが祈るような感じで「届け―届け――」って感じのジェスチャーをしながら歌ってたのが印象に残りました。

 

続いては「アニバーサリーソング」の替え歌バージョン。

どうでしょうの名場面がちりばめられてる替え歌が秀逸です。

どうでしょうファンのみんなの前で歌うと、爆笑が起こるのがまたよいですな!

 

そして、「永遠のラストショウ」。

初めてライブで聴くことができました。

 

まさしく、「これからのどうでしょう」に向けたテーマソングだと思う。

 

レコーディングもすでに終わっているとのことなので、CD発売が楽しみです。

 

そして、ラストは「1/6の夢旅人2002」。

キャラバン中に結成した、「キャラバンズ」の面々とともに。

この日は、黒色すみれさんとの4人での演奏となりました。

 

2005年に真駒内で開催されたどうでしょう祭に参加したのですが、それを思い出すような光景でした。

なんで、野外でどうでしょうを好きなみんなとこの曲歌うと泣けてくるんだろうねぇ。

 

暑い中での熱い熱いライブ、ありがとうございました!!!

 

最後は、藤村さん、嬉野さんがステージに上がってのエンディング。

この日のイベントで、チャンバラ合戦のコーナーがあったんだけど、急きょ古澤さんが駆り出されて、勢い余ってひざを負傷したなんてお話もされてました。

 

そういうところが、安田さんと古澤さんに同じ匂いを感じる・・・(^^)

 

物販もほぼ売り切れたところで本日のキャラバン打ち止め〜となりました。

 

最後はボランティアをされていた方々とのフォトセッション。

ステージにボランティアの方々が上がってくるたびに、「お疲れ様ー」って一人ひとりに声かけて、握手したりハイタッチしたりしてねぎらってた藤村さん、嬉野さんにとても感心しました。

 

ご本人たちだって疲れてるだろうに、そうやって出迎えてくれるとボランティアやってた人たちも嬉しいだろうなぁって。

 

ステージのやりとりを見ていた私も心がポカポカ温かくなりました。

 

最後は、会場の皆さんとの集合写真も。

いやーー、自分探したけど全然わかんなかったわ(笑)

 

SNSで他の地方でのキャラバンの様子なんかをみてても、本当に楽しそうだなぁっていうのが伝わってきます。

肘折のは夜会もあってより楽しそうだったなぁ。

 

またぜひぜひ参加したいです!!

そして、また樋口さんたちにも出演してほしいなぁと心から思ってます。

 

久々に言いますよ〜〜〜

 

「一生どうでしょうします!!!」

 

| 樋口了一 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
2/12ライブ鑑賞@グランキューブ大阪

今日は、樋口さん(樋口了一さん)が、パーキンソン病のセミナーに参加されるとのことだったので、グランキューブに行ってきました。

 

午前中に予定があり遅刻しての到着となったのですが、遅刻した上におもいっきり場所を間違えておりまして・・・

 

場所をしっかり見てなかったのが悪いんですけど、てっきりグランフロント大阪だと思ってたんですよね(汗)

13時半頃梅田に着いたので、さて、場所はどこかな?と思ってハガキを確認してみると・・・

ん!?グランキューブって書いてる!!!!!!!!!と・・・。

 

もうね、その瞬間、終わった・・・って思いましたね。

 

昔さださんのコンサートでグランキューブに行ったっきりで場所も「確か遠かったよなぁ」っていう印象しかなくて。

間に合わないかもーと思いつつ、JRで福島駅に向かい、そこから小走りでグランキューブへと移動。

 

到着した頃にはちょうど休憩時間に入る直前でした。いやーー焦った・・・。

 

先に来ていたお友達と合流し、樋口さんの登場を待ちました。

 

最初の15分は神経内科の先生と樋口さんとのトークショー。

パーキンソン病の症状が出始めた2009年のときのお話を中心にされていました。

 

・身体の不具合(肩甲骨の周辺に違和感を感じてパソコンをうまく打てなくなったなど)から整形外科に通ったり、マッサージを受けたりして、しばらくはよくなった気持ちになるが、やはり違和感は治らず、いろいろ病院を回った結果、神経内科に行きついた

 

・2009年は病名が確定するのと前後して「手紙〜親愛なる子供たちへ」が発売されテレビに出る機会も増えた頃だった。病気と曲の内容があまりにもリンクしていたので、病名を隠して歌わなければならず苦労した。

 

・レコード大賞の優秀作品賞を受賞し、年末に番組を出演することになったときに、本番直前になってもなかなか声が出ず、開場の周りを走り回って声が出るように調整した。

 

といったお話などなど。

 

英語では「He has Parkinson's Disease」という。「has(持ってる)」と表現することがよいなと思う、と。

パーキンソン病=彼、ではない。彼本来が持つ人格だったり人となりは、たとえ病気になったり、認知症になって家族のことを忘れたりしても決して変わることはない。

パーキンソン病は、彼、その人が神様から与えられた持ち物(荷物)なんだ。

 

というようなお話もされてました。

 

司会の女性の方が、樋口さんのリハーサルの様子をみて、声がとてもよくなっているように感じたと話されたときは、昔の自分歌声に戻りたいとか戻そうと思うと葛藤が出てしまう。今は、現時点で自分が歌える歌声、歌い方で表現するようになった。ということも話されてました。

 

こうしたトークの後、樋口さんのミニコンサートが開催されました。

サポートギターは、森竹忠太郎さん。

 

樋口さんのライブを観るのは1年半ぶり。

樋口さんと忠太郎さんの2人でのステージっていうのは、いつぶり?ってぐらい久々でした。

 

で、調べたところ、忠太郎さんがサポートしてるライブを観るのは、4年ぶりだった模様。

ただ、2014年1月の7thのライブは30分ぐらいしかみれなかったんですよね・・・。

 

とにかく、ステージで忠太郎さんがギターの準備を始めた瞬間から、わーー!!ちゅーちゃんだ!!!嬉しい!!!ってなってました(^^)

 

今日のセットリストは

 

How

ぼくたちは

手紙〜親愛なる子供たちへ

1/6の夢旅人2002

 

Howは、この曲を歌う時によくお話をされる、「おとうちゃんなんか大嫌いだー」って息子さんとショッピングモールでけんかした後、しばらくして、息子さんが泣きながら走って駆け寄ってきて「おとうちゃん大好きーーー!!」って樋口さんに抱きつくっていうエピソードがキュンキュンして大好きなのです。

 

そしてこの曲を歌い始めたんですけど、なんというか、力強く歌うところがあったり、優しく語りかけるように歌うところがあったり、のびやかに歌い上げるところがあったりと、聴いててとっても心地よい歌声でした。

 

Howの中盤の間奏部分でハミングで歌うところがあるんですけど、その高音部分の歌声もすごーくのびやかでうっとりするぐらいの歌声だったんですよね。ほんと、聴いてて気持ちいいなーと思う歌声でした。

 

2曲目は「ぼくたちは」。この曲も久々でした。

この曲の後半の「がんばれ、がんばれ」って歌うところ、2回目の「がんばれ」のところを、ささやくように、つぶやくように歌われていて、ドキッとなりました。

ほんと、励まされてるような感じがしたんですよね。

 

そして、「手紙」。

樋口さんの優しい歌声にもとても感動したのですが、忠太郎さんのギターの音色がとても優しくて、グッときました。

 

そんなしっとりとして3曲を終えて、最後は元気に「1/6の夢旅人2002」。

曲の前に、「水曜どうでしょう知ってる方?」って樋口さんが会場にいらした方に聴かれてたんですが、何人か反応してて、おぉ!!ってなりました(^^)

樋口さんがこの曲の前にする水曜どうでしょうの説明も久々だったんですよね。

基本的に、サイコロの場面で例えていくんですけど、その例え方がとても懐かしくてニヤニヤしながら聴いてました。

ハウステンボス行ったと思ったらサイコロ振って、新潟ーって出たら深夜バスで新潟にいってーーっみたいな感じで。

 

2018年が良い年になるように、僕が「ろくぶんのゆめたびびとー」っていったら、みんなで「にせんじゅうはちーーー!」と叫んでください。そうしたら、隣のギター持った人がギターを弾きはじめますんで。との説明の後、樋口さんがおっきな声で、「ろくぶんのゆめたびびと〜〜」と叫び、会場にいた人たちの「にせんじゅうはちーー」の後で、1/6のイントロのギターがスタート。

 

手拍子もあって盛り上がりました!!

 

やっぱ、1/6の夢旅人はテンション上がりますな!!

めちゃめちゃ元気出ました!

 

30分のステージ、久々の樋口さんのライブ、大満足のハッピーな時間となりましたです。

 

帰りにお友達とも話してたんですけど、1回ライブ観ちゃうとまたライブ観たくなっちゃうんですよね・・・。

次はいつ見れるかなぁ。。。

なるべく早く観れるといいなぁと思ってます。

 

関西でもまたぜひともライブ開催してくださいませーーー!

| 樋口了一 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/20樋口了一ライブ@CIB Vol.34

樋口さんの熊本にあるレストランバーCIBでの定例ライブがスタートしたのは、2011年の7月20日。

なぜ日付まで覚えているかというと、7/20は誕生日の前日だったからです。

 

熊本でのライブは、基本的に奇数月の第3水曜日に開催されるので、誕生日(7/21)と重なる日が来たら必ず行こうと思ってました。

昨年が7/15の開催だったので、今年はようやく誕生日と重なると思っていたところ、閏年で1日飛びまして、7/20の開催になることが判明。。。

ちなみに、第3水曜日が7/21になるのは、5年後の2021年となるよう。

それだと遠いなぁ・・・ということで、いちばん誕生日に近い今回、満を持してライブを観に行くことにしました。

 

相変わらず前置き長いですけどもう少しだけ。

 

熊本には毎年訪れているものの、CIBで樋口さんのライブを観るのは4年ぶりでした。

樋口さんのライブ自体を観るのも昨年8月の大分以来なので、ほぼ1年ぶりになりますね。

 

バンドスタイル(ギターだけじゃなく、ドラムやピアノが加わる)のライブがほんとに久しぶりだったので、会場についてからずっと緊張してました(苦笑)

 

 

樋口さんはスタート予定の19時半を20分ほど過ぎて登場。

 

では、感想などを。

続きを読む >>
| 樋口了一 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
8/6カレイなる仲間たちライブ〜2015・夏編〜
昨日は、西大分にあるブリックブロックで行われた「カレイなる仲間たち」のライブを観に行ってきました。



久々に樋口さん、松尾さん、古澤さんが揃う夢のようなライブ。

先週に引き続きの遠征となりましたが、今回も「行かない後悔よりも、行ける可能性が少しでもあるなら何とかして行きたい!」との気持ちが強く、1年ぶりに大分を訪れることにしました。

では、早速感想を。
続きを読む >>
| 樋口了一 | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
11/30エンドレスライス@上尾ショーサンプラザ
タイトルを観てお分かりのように、「諸事情」とは、別のライブ(しかも久々の樋口さん!!)に向かうことでした。

また前置きが長くなりますがご了承を(苦笑)ライブの感想は続きに書いております。

エンドレスライス=樋口了一さん&村上ゆきさんのユニットです。

11/30に上尾でエンドレスライスのインストアライブがあることがわかったときに、「これは、いのちくの出演時間次第ではしごできるかも!!」っていろいろ考えてました。

ただ、なかなか「下北沢にて」のタイムテーブルが発表にならなかったので、とにかくライブ時間がかぶらないことを祈りつつ、発表を待っていました。

で、先週の土曜にタイテの発表があり、早速観に行ったところ・・・。

いのちくの出番は13:10〜14:00とのこと。

ちなみに、エンドレスライスの出演時間は 13:00〜と15:00〜の2回。

こっ、これは・・・。

まぁ、間違いなく13時の回は無理ですよね。
で、15時の回。。。

交通手段を調べたところ、下北沢→上尾までの所要時間がほぼ1時間かかることがわかり、うーん、これは諦めねばならぬのかと。。。

下北沢か上尾、どっちか1つしかいけないのであれば、今回遠征するのは諦めようと思ってたので、ほんとにほんとに迷ったのですが、なんとか最小限のロスで行けないものかと試行錯誤を重ねた結果、いのちくを10分だけ諦めて出発すれば、15時の上尾にギリギリ間に合う!という結論に達しました。

ただ、上尾到着時間は14:58。超ギリギリです(笑)

先ほど書いた通り、花いちもんめの途中で会場を出た時点で13:50。
そこからダッシュで下北沢駅へと向かい、小田急線で新宿へ。
1本でも早いのに乗れたら・・・と思っていたものの、結局予定していた14:19発の湘南新宿ラインで上尾まで向かうこととなりました。

上尾って初めて行ったんですが、浦和とか大宮とかあらゆる主要駅のさらに先にあったんですな。。。

遅延等がなかったのはほんとに幸いで、14:58定刻通りに上尾に到着。
そこからショーサンプラザまで徒歩2分だったってのも幸運でした。

駅からダッシュで会場を目指したのですが、とりあえず2分でつけるってことしか調べてなくて、ライブをやっている会場がどこかわかんない!!
あせりまくって、1F降りてうろうろしてたら「それではそろそろライブを始めたいと思います」というようなアナウンスが流れてきて、「あっ!あっちだ!!!!!」と、急いで向かいました。

ほんとに前置き長くてすみません(苦笑)

じゃ、ライブの感想を。
続きを読む >>
| 樋口了一 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
2度目のデビュー日
今日は樋口了一さん&村上ゆきさんのユニット「エンドレスライス」よりデビューシングル「結婚写真」が発売となりました。

「結婚写真」は動画サイトにMVがUPされているのでぜひぜひご覧くださいませ。

曲調は明るいのに切ないというかぐっとくる、そんな素敵な曲です。

今日は、昨日寝る前にMVを観たのと、今朝やっていたラジオでもこの曲が流れていたせいか、1日中この歌が頭の中をぐるぐるしていました。というか、今もしてます(笑)

まだCDは購入していないのですが(関西にインストアライブもしくは通常ライブにいらっしゃるのをお待ちしております)、タワレコさんに販売状況を確認しにいってきました。

アーティストとしてすでに実績がある方が、別のユニットでCDを発売する場合、どこにCDが置かれるのかっていうのがちょっと疑問に思っていて、どこにあるのかなー?と思って昨日(フラゲ日)探しにいってきました。

マルビル店さんでは、樋口さんの棚のほか、「え」の棚の一番最後にCDが置かれていました。
お友達情報によると、NU茶屋町店だとちゃんと「エンドレスライス」のネームプレートのところに置かれていたとのこと。
マルビルの方はまだプレートはありませんでしたので、お探しの際はご注意くださいませ。

テイチクさんのサイトでは、インストアライブやラジオ出演情報もぽつぽつと出てきております。
今週末は大分、来週以降は関東でもインストアライブが行われるようです。

関西はいつかな・・・と心待ちにしております。

素敵な歌がたくさんの人たちに届くように、心より願っています。
| 樋口了一 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
8/31 武道館から日本全国へ〜
24時間テレビの樋口さんについての感想をちょこっと書き残しておきます。

放送前にも少し書きましたが、樋口さんの24時間テレビ出演に関しては、嬉しい!と思う反面、それとは別の気持ちがあったことも確かです。
樋口さんの歌手、アーティストとしての一面以外をどのようにVTRでまとめられているのか、っていうのがすごく気になるというか、不安だったというか。

でも、VTRでは病気が影響する日々の出来事についていろいろ触れてたなぁという部分もありつつ、家族写真だったり、現在のライブ活動だったりの映像もいくつか織り込まれてたなぁという印象を持ちました。

VTRを終えて、武道館での「手紙」の弾き語り&歌唱。
歌ってる途中は、とにかく、いつもの樋口さんのままで、手紙という曲を歌い届けてほしい!そういう気持ちで見てました。
途中、映像が切り替わって、家族写真なんかが何度も映るたびに、こんな素敵なご家族に囲まれて、日々を過ごされてるんだなぁと思ったりもしました。

この日の手紙は、ショートバージョンでしたが、聴いててすーっと心に入ってくる感じがしました。

なんかね、ライブの様子を見ているときは、泣きそうになるとかそういうのは全くなかったんですが、歌い終わって、歌い終わった後の樋口さんの姿が映し出されたときに、なぜか、ホッとしたというか、樋口さんお疲れ様でした〜!ってことを素直に思って、すっごくうるうる来ちゃったんですよね。

演奏後にマイクを向けられた樋口さんの一言もなんか樋口さんらしくてすごくよかったです。
だから、樋口さんのこと好きだし、これからもずっと応援していきたいんだなぁってすごく思った。

こういう番組に出ることで、いろいろ今までと変わってしまうことが怖いという感情が多少あったりもします。
でも、樋口さんはこれまで通り、歌を届けていくんだし、それが変わらずに続くだろう、ということを歌い終わった姿をみて確信したので、これからも変わらずにいたいなぁと思ったのでした。

ちなみに、余談ですが、錦戸さんと樋口さん(若い頃のね)って似てるなぁって思った時期が昔ありました(^^)
7UPのCMに錦戸さんが出てるときに、エアーギターをしてる映像があって、それと、アニバーサリーソングで樋口さんがギター弾いてたVTR(サイコロ3でちょこっと流れたやつ)とだぶって見えたんですよね。
そんなこともあり、今回の共演はとっても嬉しかったです!
| 樋口了一 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏の終わりの配達人
8/31(日)24時間テレビで・・・そう!武道館で!!樋口了一さんが「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」を歌唱&演奏されます。

時間は13時過ぎとのこと(テイチクさんなどからの情報)

月曜の夜中に放送されたという予告編は見逃しちゃったので、今朝のZipを録画して、予告を観ました。

スタジオぎゃーん(樋口さんの仕事部屋)が映ってたのと、渋谷DUOとCIBでのライブ映像が流れたのと、錦戸君と一緒にギターを弾いてるぽかったのは「いいね、いいね!」って反応した。

あとは、VTRの中身がどういう内容になっているのかなぁ・・・っていうのは正直気にはなってます。

個人的な想いとしては、「手紙」という歌が、純粋に、聴いてる人たちに届くといいなぁと思ってます。

武道館で歌うっていうのはすごいことなんだと思うし。
多分、たくさんの人が番組を見てると思うので、いろんな形で届けばいいなぁと。「配達人」ですから(^^)

そして、もう1つ。

数年前からライブでは「エンドレスライス」というユニットでも活動をされてましたが、満を持して10月末に“デビューシングル”が発売になるとのこと。
結婚写真は、ほんとにほんとにいい曲なので、CD版ではどんな風になっているのか早く聴きたいです。
あと、そのCDを引っ提げてのレコ発ライブも楽しみにお待ちしています。

樋口さんのカテゴリーのブログが1月末以来だったってことは、ライブもそれ以来見てないってことなんだよねー。
しかも、自分都合とはいえ、1月のときは数曲しか聞けなかったのがすごく心残りだったので、がっつり樋口さんの歌声に浸りたいなぁとすごく思ってます。

まずは、日曜日。そして、今後の続報を楽しみに待ってます!
| 樋口了一 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと