最終日の行程
さて、本日の行程は、もちろんHTBロビー見学でございます。

飛行機出発が11時40分。余裕を見て11:00前には空港に着きたいと思ったら、
南平岸を9時半には出発しなければなりません。

9時から開館するというのは以前に確認していたのですが、
はりきって出発したため8時半には着いちゃいました(^^;

一応、ロビーは開いてる風だったのですが、いやーでもまだ早いでしょ〜
ってことで、3度目まして平岸高台公園にむかいました(笑)

そこから、その辺一帯をぐる〜〜〜っと一回りして時間をつぶします。

9時ちょっと前、守衛さんに「あのー見学にきたんですけどいいですか?」と
説明して、いよいよ見学スタートです。

もちろん、月曜のこんな早朝から見に来てる「バカ」は私しかいません。
どうでしょうをメインにおにぎり、ハナタレ、ドラバラと、もう
目をキラキラ輝かせながら見学しておりました。
ふと、よこを見ると・・・、これは幻の写真集2では!!
ショーケースみたいなのに入ってて表紙しか見れませんでしたが、
あぁすげーー!!しかもとなりにサイコロ1のビデオまで飾ってありました。

時間を気にしつつ、しかも小心者の私、一人で見ているのはなんだか
落ち着かなくて、早々と退散しちゃいました。
一応、ディレクター陣に持ってきたおみやげを受付のお姉さんに渡したのですが、
ここでもかみまくりな私「あ、あのぉ、こ、これを、ふじむらさんたちへ〜」
と、とっても片言な日本語で・・・(苦笑)

でも、お姉さん、笑顔で受け取ってくれてほっと一安心です。

そして、札幌駅へ向かい、空港へといったわけですが・・・(先ほどの日記へ)

なんでしょう、あっという間でしたね。旅行は。
あんだけ計画して行く前散々もりあがってたのに終わっちゃうとあっけない。
そして、いっぱい見落としてる点、あこいきたかったなぁってのが
出てきちゃってます。
そうです、もうすぐにでも旅立ちたい、そんな勢いです(笑)

8月・・・。いけるのかな?
| 2004年6月北海道旅日記 | 20:33 | comments(6) | trackbacks(0) |
えらい揺れっぷりだ!
はいっ。見事にやられて帰ってまいりました(>_<)
昼間、携帯からも送ったように、千歳空港で約3時間待たされました。
また、搭乗前「この便は、伊丹空港上空で機長が着陸不能と判断した場合、
羽田へ向かいます」というアナウンスが繰り返し流れていました。

飛行機は定刻から約3時間遅れの15時ごろ出発。
北海道、東北上空は特に支障はなかったものの、新潟あたりから台風の影響が
出てきて、少しずつ揺れが激しくなってきました。
松本上空あたりからは、これはこれはえらいどえらい揺れっぷりで・・・。

飛行機なんてまだ数えるぐらいしか乗ったことのない私にとっては、
もう、「助けて〜〜(T_T)/~~~」の状態。

着陸態勢に入ってからはもっとすさまじく揺れ始め、空は雲で覆われており、
下降していったのにまた上昇してきたときは、「あっやはり羽田なのか?」と
かなりあせりましたが、ものすごい勢いで着陸し、無事伊丹に到着。

昼には大阪に戻ってきてゆっくり旅の余韻に浸ろうと思ってたのに、
結局は夕方となってしまいました。

不幸中の幸いというかなんというか、搭乗手続きを済ませロビーで待ってたら
なんか、ごっつい男性陣の集団が!!
さすがは、もと野球ファン(笑)すぐにわかりましたよ(日ハムの選手だ!!)って。

その後、集団よりかなり遅れて「プリンス」が登場。
ちらっとしか見てないけど、すぐに写真を撮る人たちに囲まれてました。

私も一昨年は空港で待ってたものだよ。近鉄の選手をさ(^^;

全体的な旅の感想などはまたのちほどお届けいたします〜〜。

| 2004年6月北海道旅日記 | 18:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
台風の影響
千歳足止め中〜。携帯からなので箇条書きです。
HBCの特番、重大発表が更新されてます。う〜ん、どうするの?洋ちゃん・・・。
サンサンサンデー拝聴感想→大泉さんたちが中継で大通り付近に繰り出す
ほんの数時間前その辺ふらついてた(^_^;)おしいっ!
番組では、大泉洋知名度対決をやってましたが道内でも知らない人が・・・。
かなり凹んでましたねぇ。
HTB玄関コーナー朝一いってきました。時間がない!
とハイパワーで見学しダッシュで空港きたのにまだ帰れない・・・。
帰してくれんかぁ(-_-X)
| 2004年6月北海道旅日記 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
白石ウォーカー
先ほどHTBコーナーにて総額15,000円のお買い物してまいりました。
片っ端から購入(^^; しかも客は最初私一人だけで見られてるようで
むちゃくちゃ恥ずかしかったです。

今日の目的はホワイトストーンズロケ地めぐり。

前日(というか今日の夜中)ガタメ&ゴイスで2時過ぎ就寝。

ガタメはモリさんの仕切りでクイズなんかやっちゃってました。
最初のほうは大泉さんボケまくり。
まともに応える、ヤスケンさん。
モリさんに名前を覚えてもらえないオトオさん。
「携帯早撃ちできねーんだ」っていいつつ1番に送信してるシゲさんなど。
合間に入る曲がまたすごいよ。最後に音尾さんの選曲でかかったのは、
北島さぶちゃんでしたからねぇ。いやーすごいラジオだ。

一方ゴイスの方は、もうミスターの声ってだけでうれしい。
ミスターさんあんまみれないんだもん。
上海の映画祭トラブル事件のお話をされてました。
途中はうとうとしちゃってて。。。(苦笑)
でも、最後に「起きないあいつ」ようやくフルで聞けました。
私はビデオクリップに入ってる後半のFANさんのソロ部分が好きなので、
全部聞けて、「ああやっぱいい曲だ〜」としみじみ思いました。

あらら、話がだいぶ横道に・・・。

そんなこんなで、だいぶ夜更かししたのに起床は5時過ぎ。
起きたところ「雨予報」だったのに天気は晴れており、
こりゃ、早めに動いたほうがいいなぁと6時すぎに出発。

まずは、「2度目まして」の平岸高台公園。
さすがに早朝は犬の散歩をしてる近所の人しかいませんでした。

その後、地下鉄で移動、いよいよ白石ウォーカースタートです。
続きを読む >>
| 2004年6月北海道旅日記 | 12:33 | comments(4) | trackbacks(0) |
いよいよ聖地へ
先ほどの続きを。

夜中、ハナタレも見ました。

あんなのが毎週見れるなんて・・・(あこがれ)

おもしろいよぉ。多分隣に泊まってた人とか笑い声で「うるせえなぁ」
って思われてたはずだよ。

明けて2日目。

早朝起床して、昨日できなかった「普通の観光地めぐり」をしました。

函館ドック前から八幡坂、金森倉庫、函館朝市(食べてないけど)と周り、
地図で「北ふ頭」を発見し、あおかん(大泉さんが「北ふ頭?フェリー?」
っていったところ)を見つけるべくひたすら奔走。

しかし、北ふ頭は見つからず・・・。

あまりに遠くまで歩きすぎたため、ちょっと立ち寄る予定だった場所へ向けての
列車発車時刻ぎりぎりになり、ダッシュで函館駅へ戻り無事乗車。

以前もこちらに書いておりました「13年ぶりの再会」を果たしてきました。

あんだけいこうかどうしようか迷ってたけどやっぱいってよかったです。
これについてもまた別の機会に。

その後、再び函館へ戻り、最後に五稜郭公園へ。こちらも土方・新撰組一色です。

そんなこんなであわただしい函館の旅は終了。
いよいよ札幌上陸となります。ところが・・・

続きを読む >>
| 2004年6月北海道旅日記 | 20:24 | comments(8) | trackbacks(0) |
旅行前半を終えて
ただいま、札幌市内のとあるネットカフェより書き込みしております。

っていうかさぁ、今日明日と泊まるホテル、設備に「モジュラージャック」
って書いてあって、予約前に電話でも「インターネット接続できますよね?」
って確認してたんですが、今日いったら、それらしきところがない!!

んで、フロントの人に聞いたら「電話につながってるモジュラージャックを
パソコンに直接つないでください」だとさ・・・。

昨日も結局、何度も設定をやり直したのにつながらず、ロビーにあった
パソコンでちょこちょこっと書いただけで。

やっと本腰でございます。

さて、旅日記のちゃんとしたやつはもちろん写真つきで後日アップする予定
なのですが、今日は大まかに金曜土曜とこんなとこいってきましてん。
こんなことありましてん話をしたいと思います。
続きを読む >>
| 2004年6月北海道旅日記 | 20:13 | - | trackbacks(0) |
2日目スタート
今から昨日やらなかった「普通の函館観光」をちょこっとしてまいります。

そして、午後からはいよいよぉ、札幌上陸っ!!

| 2004年6月北海道旅日記 | 06:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
当日となりました
いよいよ今日から数日北海道へと旅立ちます。

昨日まではむっちゃくちゃ興奮しまくってたんですが、当日の朝を迎えて
妙に落ち着いております(^^;

先ほどまでホワイトストーンズを見直しておりました(笑)
やはり名所満載。半日で全部回れるのかしらん♪
本番はまだなので、もう少し吟味しなければ。

簡単な旅日記は随時更新予定。

では、いってきまーーす(^^)/~~~
続きを読む >>
| 2004年6月北海道旅日記 | 08:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
13年ぶりの再会
「どうでしょう」にはまったことがきっかけで、大泉さんをはじめCUEの方々が
好きで好きでたまらなくなっている今日この頃。

でも、どうしてこんなに猛烈に日常生活が180度変わっちゃうほど
好きになっちゃったんだろう?と毎日考えています。

で、ちゃんとした結論っていうのはまだ出せないんですが、
「彼らが北海道出身で、北海道で番組が作られている」というのが、
好きになった大きな理由の1つであるなぁと考えているわけです。

「北海道」と私の家族は、とっても関係が深い。
母が北海道出身であるし、両親が出会ったのも北海道だったから。
子供である私も、必然的に幼少時は北海道に行く機会が数多くありました。

ただ、中学生時代に北海道へ行った後は、冠婚葬祭などの行事もあったのに、
私自身、北海道へ訪れることは全くありませんでした。

いやっ、2002年札幌へ行っているのですが、北海道に住む親類や知人に
会うということはしませんでした。

そして今年。
今回の旅行のメインは「どうでしょう」&「ホワイトストーンズ」ロケ地巡り
なのですが、実はもう1つ、今回の旅で別の課題を自分自身に課しました。
続きを読む >>
| 2004年6月北海道旅日記 | 22:33 | comments(14) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと