7/22どうでしょうキャラバン2018埼玉

7/22は埼玉県にある杉戸町国体記念運動広場で行われたどうでしょうキャラバンに行ってきました。

 

実はどうでしょうキャラバン初参戦!!

 

前日に東京にいて埼玉なら行けるかもっ!って思ってたら、樋口さんと古澤さんが出演すると知り絶対いくっ!!!と参戦を決定しました。

 

とはいえ、連日の猛暑&前日いのちくのライブ観てテンション上がって寝れなかったため、寝不足で挑むと熱中症が危険!と思い、ぼちぼちと出かけることに。

 

宿泊地から東京駅で東京メトロに乗り換え、東武鉄道直通運転の電車で杉戸高野台へ。

だいたい1時間半ぐらいかかりましたかねぇ。。。

 

11時頃に駅に到着。すると、改札を出てすぐのところにこんなのがありました。

 

すげーー!!気合入ってる!!!

 

コンビニで飲料調達&マクドで腹ごしらえを終えた後、早速会場へと向かいました。

 

途中、こんなクイズの看板があちこちにありましたです。

 

このあたりだったかなぁ?玄関先を掃除してたおばちゃんに「今日この道たくさんの人がぞろぞろ歩いてくけど何かあるの?」と尋ねられました。

「北海道テレビの・・・」と説明しましたが、わかってくれたかしら??

 

さらに進んでいくと、前方に会場らしき場所を発見!!

こういう道、中学校のときの通学路に似てるわぁ。。。すんごく懐かしい気持ちになりました。

 

約15分で会場に到着。

 

ちょうどステージは空になっていて、奥の方でチャンバラやったりしてたみたいです。

 

こちらはキャラバントラック(ステージ)の裏側

 

こちらが表側

 

ムンクさんも大集合!!

 

暑いので会場はテントでいっぱいになってました。

 

ライブがスタートするまでは、近くの図書館(中の多目的室は休憩所になってました)でクールダウン。

 

14時頃から、まずは黒色すみれさんのライブがスタートしました。

 

バイオリンと歌声が素晴らしかったなぁ。

最後、カノンやってたと思うんだけど、それがとてもよかったです。

 

その後、15時前ぐらいに樋口さんと古澤さんがステージに登場。

 

このコンビでのライブが久々。野外でライブ観るのも久々。しかも、これがどうでしょうのイベントっていうのがまた感慨深い。

 

まずは、古澤さんの歌からということで、「Color」を歌ってくださいました。

 

「Color」のとき、途中樋口さんがハモってくださってて、とっても感動した。

古澤さんも後日おっしゃってましたけど、樋口さんが祈るような感じで「届け―届け――」って感じのジェスチャーをしながら歌ってたのが印象に残りました。

 

続いては「アニバーサリーソング」の替え歌バージョン。

どうでしょうの名場面がちりばめられてる替え歌が秀逸です。

どうでしょうファンのみんなの前で歌うと、爆笑が起こるのがまたよいですな!

 

そして、「永遠のラストショウ」。

初めてライブで聴くことができました。

 

まさしく、「これからのどうでしょう」に向けたテーマソングだと思う。

 

レコーディングもすでに終わっているとのことなので、CD発売が楽しみです。

 

そして、ラストは「1/6の夢旅人2002」。

キャラバン中に結成した、「キャラバンズ」の面々とともに。

この日は、黒色すみれさんとの4人での演奏となりました。

 

2005年に真駒内で開催されたどうでしょう祭に参加したのですが、それを思い出すような光景でした。

なんで、野外でどうでしょうを好きなみんなとこの曲歌うと泣けてくるんだろうねぇ。

 

暑い中での熱い熱いライブ、ありがとうございました!!!

 

最後は、藤村さん、嬉野さんがステージに上がってのエンディング。

この日のイベントで、チャンバラ合戦のコーナーがあったんだけど、急きょ古澤さんが駆り出されて、勢い余ってひざを負傷したなんてお話もされてました。

 

そういうところが、安田さんと古澤さんに同じ匂いを感じる・・・(^^)

 

物販もほぼ売り切れたところで本日のキャラバン打ち止め〜となりました。

 

最後はボランティアをされていた方々とのフォトセッション。

ステージにボランティアの方々が上がってくるたびに、「お疲れ様ー」って一人ひとりに声かけて、握手したりハイタッチしたりしてねぎらってた藤村さん、嬉野さんにとても感心しました。

 

ご本人たちだって疲れてるだろうに、そうやって出迎えてくれるとボランティアやってた人たちも嬉しいだろうなぁって。

 

ステージのやりとりを見ていた私も心がポカポカ温かくなりました。

 

最後は、会場の皆さんとの集合写真も。

いやーー、自分探したけど全然わかんなかったわ(笑)

 

SNSで他の地方でのキャラバンの様子なんかをみてても、本当に楽しそうだなぁっていうのが伝わってきます。

肘折のは夜会もあってより楽しそうだったなぁ。

 

またぜひぜひ参加したいです!!

そして、また樋口さんたちにも出演してほしいなぁと心から思ってます。

 

久々に言いますよ〜〜〜

 

「一生どうでしょうします!!!」

 

| 樋口了一 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/21「いの誕」@下北沢 近松

HAPPYBIRTHDAY〜井乃頭蓄音団〜♪&わたし〜〜(笑)

 

ずっと念願だった自分の誕生日にいのちくのライブを観に行くという夢が、今年ついに叶いました!!

 

しかも、ライブの企画自体も「いの誕」=井乃頭蓄音団の誕生日、というもの。

 

4月にBYGのライブを観に行ったときに、このイベントの発表があって「いのちくと誕生日かぶってるーーー!!」ってめちゃめちゃテンションあがりました(^^)

 

井乃頭蓄音団の結成が、7月のこの時期だったみたい。(しかし、正確な日にちはわからないのもいのちくらしいというか松尾さんらしいというか。。。)

 

チケットもソールドアウトしていて、満員のお客さんと一緒にいのちくの誕生日をお祝いできたのも嬉しかったです(^^)

 

ライブは19時過ぎからスタート。

 

まずは、この日のために結成された「タカユキカトーバンド」が登場。

ヒロヒサさんもギターで参加されてました。

 

セットリストは

 

赤いかきごおり

君の銀色のギター

練馬区の歌

七夕のお祭り

ピンク色の部屋

 

ラスト2曲がエモい!!!

 

前にタカユキさんとヒロヒサさんがやってた「ひらくドア」というバンドで、一番好きだったのが「七夕のお祭り」という曲なのです。

2012年の見放題がちょうど七夕の日で、この曲やってくれた記憶あるなぁ・・・(懐)

 

タカユキさんの歌声も懐かしかったし、タカユキさんの横でギター弾いてるのがヒロヒサさんっていうのもちょっと感動だった。

 

さらにラストでやったのが「ピンク色の部屋」って!!「ピンク色の部屋って」!!!(大事なことなので2回言いました)

 

ちょっと鳥肌立った。

 

ひらくドアが解散してもう4年も経っているっていうのも衝撃だったな。

 

でも、この日のバンドスタイルのライブを観て、「ひらくドア復活!」とはいわないけど、今日みたいなスタイルでバンド形式のライブをまた観れたらいいなぁと強く思ったのでした。

 

ほんと、いいライブだった。

 

続いて登場したのは、THEラブ人間の金田さんだったのだけど、転換の間に、どこからかマイクを持った松尾さんの声が聴こえてきて、「どこ!?」ってみたら、DJブースに松尾さんいました(笑)

 

DJブースに戻ってくる元忘れの梅津さんを待つ間、「ひらくドア」について熱く語ってたなぁ。

わかる!わかるよ松尾さん!!と思いながら話を聞いてました。

 

梅津さんとは同い年とのことで、片づけを終えて戻ってくるDJ梅津さんを呼びこみしてました(^^)

そういえば、DJに合わせてちょっと踊ったりとかしてた記憶あるな(笑)

 

そんなこんなしてたら、金田さんのステージがスタート。

 

順番は忘れちゃったけど、覚えてる曲は

 

コウタ

東京の翌日

桜の顔したハクモクレン

いつもどおり、いままでどおり、好きなように

バンドをやめた友達

砂男

 

結構、歌詞の内容が衝撃的なのが多かったなぁという印象だった。

金田さんが身近に感じたことや身近に起きたことを歌ってるから、余計に印象に残る感じがしたなぁ。

地震ときの歌とか、おじいちゃんが入院してたときの歌とか。バンドをやめた友達って曲もそうだし。

 

砂男は、最初のギターの段階で「あっ!くるーーー!!」って思って構えてたら、一旦金田さんがギター弾くの止めて、「みんな砂男やるって思ってるんだろーー」みたいなこと叫んだ記憶ある。

実際フルコーラスじゃなかったけど、やってくれて嬉しかった!!

 

近松の前身がCABE BEってライブハウスで、そこで当時ブッキングしてたのが金田さんで。

 

いのちくをライブに出してくれたり、タカユキさんともライブしたり。

こういう関係が長年続いててて、全員がまだ音楽を続けているっていうのが、すごいな、羨ましいなぁって素直に思った。

 

THEラブ人間も来年で10周年。

いのちくとほぼ同時期に好きになったバンドなので、これからもライブ観に行きたいなって思ってます。

 

そして、21時前ぐらいに井乃頭蓄音団の登場となりました。

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/20ライブ鑑賞@FLAMINGO THE ARUSHA

金曜日は、桜川にある「FLAMINGO THE ARUSHA」に、古澤剛さんの弾き語りワンマンライブを観に行ってきました。

 

 

会場は、晩さん会の会場のような雰囲気。

 

ステージに対して正面に座るのではなく、垂直に(?)座るっていうのが新鮮でした。

開演直前には2階席も開放。2階席から見るのもいいなぁ〜と思ったのでした。

 

19時過ぎに古澤さんが登場し、ライブスタート。

 

セットリストは8月にもツアーがあるので詳しく書きませんが、最新アルバム「夢で会いましょう」の曲を中心に、たっぷり2時間の弾き語りライブでした。

 

曲にまつわるエピソードがいろいろ聴けたのが楽しかった。

 

「歩み」という曲ができた頃のお話を聞くと、音楽を続けてきてくれてよかったなと改めて思ったりしました。

 

「チキン南蛮」の前にやる寸劇というか、小芝居が密かに好きです(笑)

あと、チキン南蛮って曲を作ってから、妙にチキン南蛮を意識するっていうのに激しく同意。

この日、東京から新大阪に向かう新幹線でチキン南蛮弁当食べたって話もされてました。

 

「天の川」「HEY BROTHER」では、小渕さんとのエピソードを。

土日、コブクロさん京セラドームでツアーだったみたいだけど、土曜とかライブ観に行けなかったのかなぁ。

 

あと、「夢で会いましょう」にちなんで、先日見たという夢の話をされてて、運動器具の腹筋ローラーの上に乗って、故郷を回っていたら、まわりの人に「たけちゃーーん」とか「古澤さーーん」って声をかけられたって夢だったと(説明が難しい(笑))。

 

夢の話を楽しそうに話して満足そうな古澤さんだったのでした(^^)

 

ライブ後はサインに並ぶ長蛇の列。

2時間のライブ終わった後なのに、一人ひとりに丁寧に対応されてたのが印象的でした。

 

個人的には、昨年に続き、2年連続で7/20にライブを観ることができてうれしかった。

 

2度あることは3度ある!?ってことで、来年もバースデーイブとなる7/20にライブでお会いできたらなと思ってます!

 

ライブ後は、お友達とライブ会場近くにあった、マジックスパイスへ。

 

 

桜川のマジスパいったの何年振りだろうか?すっごい久々に行きました。

 

瞑想にしてみたのですが、それでも辛かった。しかし、おいしかった!!

私は角煮にカマンベールをトッピングしてみました。

 

今年も楽しい誕生日前夜を過ごせてとても嬉しかったです(^^)

| ライブ鑑賞 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/12の旅日記

札幌滞在最終日。

 

この日の朝食はこれにしました。

 

火曜にカリー軒行ったときに、7月からコラボパンが発売されていることを知り、スーパーで購入。

月末のジャンボリーのときまで売ってるとよいですねぇ。

 

10時前にチェックアウトし、地下鉄で移動開始。

まずは、澄川駅で下車。

 

ここから、神社めぐりをしながら北上し、南平岸まで向かうことにしました。

 

最初に向かったのは相馬神社。

写真だとわかりにくいんですけど、鳥居の奥は急坂になってました。

左側の迂回ルートから登ったんですが、下りまっすぐ降りてきたら転げそうになりましたです。

 

お参り後、社務所で御朱印をいただきました。

 

ここから、ちょっと歩いたところに平岸天満宮があったので、こちらもお参りしてきました。

 

この日は快晴で、気温も25℃を超えてて歩いてると汗ばむ陽気でした。

 

澄川から何分ぐらい歩いたんだろう?30分ぐらいでHTBに到着。

D陣御一行は前日にキャラバンへと向かわれた様子。

 

玄関には火曜に来た時にはなかった嬉野さんの色紙が飾られてました。

 

平岸高台公園にも立ち寄りました。

HTBの社屋が写った景色は、今回が見納めになるのかなぁ・・・。

 

そんなしんみりした気持ちを感じつつ、後ろ髪をひかれながらすすきのへと戻りました。

 

札幌滞在最後のご飯は、スープカレー。

平岸に本店のあるお店の2号店、「SOUP CURRY KING セントラル」へ。

今回は、ラム野菜カレーをチョイスしました。

 

開店直後でお客さんが少なかったこともあってか、注文してすぐ商品が出てきてびっくり。

野菜たっぷりでおいしかったです♪

 

その後、早めに千歳空港へと移動。

 

そういえば、ソフトクリーム食べてないよね?ってことで、よつ葉のホワイトコージへ。

4種のベリーベリーパフェ。

ただ、ブルーベリーは完全に凍ってました。。。これが正解なのかな?

 

16時過ぎのスカイマークで、神戸空港へ。

帰りは10分巻きました。

 

神戸空港に降り立った瞬間「あつっ!!」ってなりましたね。

暑いっていうより、湿度が高くてかなりつらかった・・・。

帰りの電車の中、ずっと汗だくでした。

 

帰宅して、この日の夕食はこちら。

かま栄のパンロールと、鮭乃丸亀の鮭おむすび。

 

佐藤水産のおにぎりは、千歳空港では買えなくなってることを知りませんでした。

次回から千歳空港でおにぎり買う時はここで買おうかなー。

 

3泊しても全然物足りない北海道旅行。

またすぐにでも札幌に、北海道に戻りたいです!!

 

月末、ジャンボリー(CDJ)で来札される皆様、楽しんできてくださいませーー!!

| どうでしょうな旅 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/11の旅日記

この日は朝から快晴♪

 

朝からちょこっと所要を済ませて早めのランチへ。

 

丸井今井の3Fにある「brasserie coron with LE CREUSET」に行ってみました。

ランチプレートをチョイス。

すると、まず最初にパンが出てきました。

どれもおいしそう〜〜〜!

 

そして、ランチプレートが登場。

この日のスープはカブの冷静スープでした。

野菜たっぷりでおいしかったです(^^)

 

その後、北海道大学へと移動。

 

札幌駅を正面から見るのも久々でした。

 

北大ではポプラの木を観に行った後、ぶらぶらしてたらクラークさんの像を発見。

大学のキャンパスってなんか好きなんですよねー。

緑が多いのでとっても落ち着きます。

 

さらに、駅周辺をぶらっと散策。

北海道庁旧本庁舎へ。

こちらも外国人の観光客の方がたくさん訪れてました。

 

その後、ホテルへと戻ろうと大通の方に向かってるときに「そういえば?HTBの新社屋ってどの辺にできるんだろう?」と思い検索。

すると、何度目の前を通ってたおっきなビルが新社屋であることが判明!

 

時計台のすぐ近くにあるんだね。

 

ちなみに、時計台は現在改修工事中とのこと。

 

そんなこんなで日中の散策を終えて一休み。

早めの夕食は、みよしののぎょうざカレーにしました(^^)

 

LOGの帰り、自転車を返しに札幌駅近くまで移動。

2日間かりた自転車がこちら。

夜中の0時までに返却可能っていうのがありがたい。

今回もお世話になりました!!

 

札幌駅からホテルまでは歩いて帰ることに。

ちょうど0時前だったので、0時になったら時計台の鐘の音が聞こえてきました。

なんか、シンデレラが現実に引き戻される感じでちょっとさびしい音だったなぁ。。。

 

大通を通りかかったら、テレビ塔のライトアップも消えてました。

 

楽しかった札幌での時間もあっという間に翌日が最終日。

もうちょっとだけ楽しみましたよーー!

| どうでしょうな旅 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/9・10の旅日記

ではでは旅編を。

 

7/9は午前中仕事を終えて、関空へ移動。

 

ほぼ定刻通り、新千歳空港に到着。

約1年半ぶりの北海道、ただいまです(^^)/

 

初日はこのままJRで札幌へと移動し、ライブへと向かったので観光はなし。

 

帰りに撮ったテレビ塔ぐらいしか写真がありませぬ(^^;

 

そのかわり、翌日はがっつり観光を楽しみました。

 

札幌駅近くで旅恒例のレンタサイクルを借りて、移動開始。

まずは、円山公園へと向かい北海道神宮を参拝。

 

2018年用の御朱印帳も購入しました。

あと、おみくじ引いたら大吉だった\(^o^)/

前回、北海道神宮で引いたときも大吉だったのよね。幸先よし、です!

 

その後、再び大通まで戻り、月寒方面へと移動。

こちらも2年ぶりとなるカリー軒ですよ〜〜〜。

 

この写真みたらまた食べたくなるね(じゅるる〜〜)

 

相変わらずおばちゃんやさしかったです。

 

ランチを食べ終わって、自転車を動かそうとしたところ、チェーンの鍵がさびてて鍵が開かない事件が発生っ!!

何度回してもチェーンが取れないのでかなり焦りました。

 

近くにあったバイク屋さんにヘルプを頼んだところ、油を差してもらうことでことなきをえました。

いやーー、ほんと助かった!!

旅は、地元の方の優しさが沁みますね。

 

チャリも復活したので、方面へと移動。

ささ、こちらも恒例の聖地巡礼ですよ。

 

HTBは9月に新社屋に移転しちゃうとのとなので、この風景もあと少しで見納めなのかなと思うとちょっぴりさびしい気持ちになりました。

ロビーもちょこっと見学して、再び移動開始。

 

大通に戻ってきて向かったのは「さえら」。

平日でも混んでますな。

なんとか座ることができたので、フルーツ&タマゴサンドとアイスコーヒーをチョイス。

 

ううぅ・・・相変わらずのうまさ!!

非常においしかったです(^^)

 

カリー軒→さえらとあまりインターバルなく食べたのでおなかがいっぱいに(^^;

 

さえらで食事をし終わってホテルに戻る頃には雨がポツポツと降り始めてました。

夜には本降りになってましたな。

 

この日は狸小路でのライブ鑑賞だったので、徒歩で会場まで移動。

 

ライブが終わった後、ちょっと歩いたところにある「にぎりめし」さんで、おにぎりを調達して帰って食べました。

 

たらこバターと親子いくらにしたんだったかな?

すじこが売切れてたのが残念だったー。食べたかったなぁ・・・

 

そんなこんなで、食べてばっかりの1日だった気がしますが(汗)

この日1日自転車でどのぐらい走ったのか見てみたら、24kmも走ってました!!

 

ルートは、こんな感じ。

 

札幌駅ー円山公園の往復ぐらいなら片道4kmほどなので、自転車の方が便利かなぁと思います。

また、サイクリングしたいなぁ〜。

| どうでしょうな旅 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/11いのちく札幌ライブ最終日@LOG

井乃頭蓄音団×奥山漂流歌劇団プレゼンツ「ねんねんころりでまた明日」最終日の感想。

 

この日は最終日なだけあってOAから盛りだくさんな内容。

 

 

19時を少し過ぎて、まずは1番手のジョニーさんが登場しました。

 

セットリストは

 

さよならだけが人生ならば

水族館ブルース

もっと、もっと、もっと

心に薔薇を

 

セットリストを決めずに歌われてたみたい。

 

最初のMCで、地元札幌で初のソロライブですってお話をされていて、急に胸がきゅーんってなりました。

地元でのソロ初ライブに立ち会うことができて光栄です。

 

ライブはブルージーであり、フォーキーであり、井乃頭蓄音団で演奏するときとはまた雰囲気が違ってかっこよかった!

 

3曲目に入る前のMCで、「この曲書かなかったら、井乃頭蓄音団とも出会ってなかっただろうし・・・」って話をされてて、「もっと、もっと、もっと。」がスタート。

もともと、この曲は心に沁みる曲なんですけど、そんなMCの後だったから、ちょっとうるっときそうになりました。

ぐっときたなぁ・・・。

 

最後は、会場のお客さんの手拍子とともに「心に薔薇を」。

 

4曲と短かったけど、ものすごく温かくていい時間となりました。

 

2番手は、奥山漂流歌劇団で3日間サポートギターをされていたヤハタトシキさん。

 

そういえば、機材の関係でジョニーさん、ヤハタさんのギター弾きながらソロ歌ってました。

 

3日間、奥山漂流陰劇団の一員として、ギター弾いたり、歌ってる姿をみて、楽しそうだな〜本当に歌が好きなんだろうな〜って感じがしてたので、OAでソロライブが観れるのを楽しみにしていました。

 

5曲ぐらい演奏されてたんだけど、ほんと楽しそうに歌ってたな〜。

札幌に自宅があるのに、奥山さん家にみんなで泊まってたって話もされてた。

 

おそらく、今回出演されてたメンバーの中では最年少な感じがした。

メンバーやいのちくのみんなからも可愛がられてるなぁ〜っていう感じがしました。

 

歌はやさしくもあり力強くもあった。

 

そして、今調べてわかったけど、ヤハタさんが歌ってる姿を見るの、これが初めてじゃなかったことが判明。

 

4年前、いのちくが初めて札幌でライブしたとき、LOGのライブでバンド(ハウアユース)で出演されてたんだね。

 

バンドスタイルでもライブもいつか見てみたいです。

 

そして、OA3番手はヒロヒサさん。

 

セットリストは

 

はしっこねこ

僕のオリオン座

雨のニューヨーク

ギター

途切れた絆

 

ヒロヒサさんのソロも数年前に、風知空知の誕生日企画で観て以来だと思う。

 

当然なんだけど、ジョニーさんとはまた全然違った雰囲気、切り口の曲が続いて、とっても楽しめました。

 

CDに入ってる曲で演奏してくれたのは、「はしっこねこ」「僕のオリオン座」「ギター」の3曲。

この3曲だけを見ても、ぞれぞれタイプが違うというか、特に後半の2曲は、心にズシンとくる歌詞がちりばめられてて、結構考えさせられることもありました。ギターは特にそうだな・・・。

 

あと、最後にやった曲も、想いをストレートに表現してるところに関心をもちました。

 

ソロライブはなかなか観る機会がないので、今回ヤハタさんも含めて3人のソロライブが観れてよかった。

 

ヒロヒサさんもお母様の故郷が小樽で若干北海道に関係があるっておっしゃってましたし、また札幌遠征のときに、ソロライブも聴けたらなぁと思ってます。

 

(というか、大阪とか名古屋とかにもソロでライブ来てくれたら喜んで駆けつけますよ(^^))

 

というわけで、OAだけでがっつり感想かきましたが、さらに続きます(笑)

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/10いのちく札幌ライブ2日目@tabibitoキッチン

井乃頭蓄音団×奥山漂流歌劇団プレゼンツ「ねんねんころりでまた明日」2日目の感想。

 

この日は、午後からあいにくの雨模様。

ライブが始まる直前は結構激しめの雨が降ってました。

 

この日のライブ会場は狸小路の近く。

てっきり商店街の中に会場があるものだと思って、中をうろうろしてたものの全然見当たらず、スマホのマップを使ってようやく会場を発見しました。

 

会場は、逆L字型になってて、その真ん中でライブをするというスタイルでした。

 

昨日のライブが楽しかったのもあってなのか、会場は超満員。廊下にも人があふれてました。

そして、熱気がすごかった!!

雨が降って湿度も高く人も多かったため、めちゃめちゃ暑かったです。

 

この日も、まずは奥山漂流歌劇団のライブからスタート。

 

この日やってたのは、

 

みんなのしあわせ

おもしろきこともなき余をおもしろく

負け犬の遠吠え

原始の宴

同じ世界

 

かな?

 

1曲目にやったのは、前日の最後に演奏してた曲。

この曲好きですねぇ。すごく楽しく、元気になれる曲。そして、やはりこの日もジャンベの女性の演奏に惹かれた。

なんかわかんないけど、好きなんですよね。

 

そしてこの日も「負け犬の遠吠え」やってくれました。

 

原始の宴と最初にやった曲以外は、以前に買ったCDの中に入ってる曲だったのでライブで聴くの久々だなぁと思いながら聴いてた。

原始の宴も多分、以前に観たライブでもやってた曲だと思う。

メロディも好きだけど、歌詞も好きなんですよね。

結構、感情を揺さぶられるような歌詞があったりします。

 

2番手はBENBEさん。

 

男性3人組のバンド。ウッドベースとアコギとエレキギターの3人編成でした。

以前はバイオリンの方もいたみたい。

 

初恋の歌とか、お酒の歌(途中で乾杯した記憶ある)とかを歌ってたように思います。

カントリーっぽかったり、フォークっぽかったり、北海道の雰囲気に合ってるなって感じがした。

 

室温が暑かったのがちょっぴり残念だったな。なかなか曲に集中できなかった。私の問題でもあるんだけども。

 

もう1回、北海道の雰囲気を感じながらライブを観てみたいです。

 

そして、この日もトリは井乃頭蓄音団でした。

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
7/9いのちく札幌ライブ初日@つくしのこ

井乃頭蓄音団×奥山漂流歌劇団プレゼンツ「ねんねんころりでまた明日」初日の感想。

 

いのちく、約2年半ぶりの札幌でのライブ。

今年の春に「札幌でライブやるよー」との告知があり、「絶対行く!!!」と即決しました。

 

ちなみに、2014年のライブの感想は、こことかこことかここ、2016年のはここここに書いてます。

 

個人的に北海道は大好きな場所で、いのちくが札幌でライブやってくれたらいいなぁってのをファンになった当初から思ってたんですが、その夢が最初に叶ったのが2014年。そして、2年前にもグッバイ東京のレコ発ツアーで札幌2daysがありました。

今年、結成10周年のタイミングで、札幌でライブをやってくれたことが本当に嬉しい!!

 

平日の3日間でしたが、がっつりと休みを取ってライブ&観光を堪能しました。

 

初日の月曜日は、午前中仕事をし、職場から関空へと移動。

15時半発の飛行機で、新千歳空港へと向かいました。

 

チェックイン後、地下鉄で北18条へと急いで向かいましたが、会場に到着したのはライブが始まる直前でした。

 

 

会場はお座敷タイプ(後方にはカウンターもあり)の居酒屋。

転換のときのBGMは「子供ぼんおどり唄」。

初日、2日目、そして最終日の途中までずっとこの曲が流れてたから、脳内「ちゃーんこちゃんこちゃんこ」がぐるぐるしてた。

札幌の人いわく、この曲聴くと「夏の終わり」を感じるみたいで。

でも夏は始まったばかりなんですよね。

 

この曲聴くと、嬉野さんがいつぞやのどうでしょうで瀬戸大橋の明かりみながら「祭の明かりみたいだな」みたいなことをいったときに、大泉さんがこの曲歌い出したのを思い出します。

フルコーラスで聴いたの、というか、あれだけエンドレスで聴いたの初めてだったので、すごくインパクトが強かったです(^^)

 

そんなこんなで20時過ぎ、まずは奥山漂流歌劇団のライブがスタート。

 

この日は、キーボード、アコースティックギター、エレキギター、ジャンベ、コーラスの5人編成。

ジャンベの女性に妙に惹かれました。なんかとっても雰囲気がよかった。

 

セットリスト(順不同)

 

ほんとは知りたいんだ

負け犬の遠吠え

原始の宴

みんなのしあわせ(曲名調べました。最後沖縄っぽい雰囲気になっててすごく好きな曲だった)

 

4曲ぐらいだったかな?

 

この日嬉しかったのは、久々に「負け犬の遠吠え」が聴けたこと。

札幌でのライブ&奥山さんといえば、まず思い出すのがこの曲なんですよね。

 

初日からこの曲をやってくれてすごくすごく嬉しかったです。

 

ライブの途中には、ドリンク・食事注文タイム〜なんかもあって、アットホームな雰囲気の30分でした(^^)

 

2番手は、音道青心さん。

 

見た目がファンキー!曲もファンキー―!な印象。

4弦タイプのギターを使ってたと思うんだけど、1曲目ぐらいで速攻弦が1本切れてました。

 

ご自身でもおっしゃってましたけど「反社会」的な雰囲気ながらも、愛すべきキャラクターといいますか、先日の豪雨災害のこととかについても、何とかできないかと思って活動をしにいくというお話をされてましたし、しっかりとした信念をもった人なのだなという感じがしました。

 

最後にみんなで、「輪」ってやるやつが楽しかった(^^)

久々に昔のタイプのいいともを思い出したわ(笑)

 

最初、照れちゃってできなかったんですけど、全員やらないと終わらない雰囲気だったので参加したら、なんとお店のマスターがやってなかった、とかでやり直し(笑)

昔、この曲だけで20分以上続けたことがあるとか言ってた気もします。

 

会場が熱気に包まれた状態でいよいよ、本日のトリ、井乃頭蓄音団の登場となりました。

 

 

続きを読む >>
| 井乃頭蓄音団 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
6/23どうでしょうさんとシャープさん

7月7日は嬉野さんのBirthday♪ということで(?)先日参加したイベントを振り返ります〜。

 

嬉野さん59歳とかびっくりだから!

このイベントの時も「俺、来年で定年なんだよな」ってなお話をされていて「まじか!?」ってなったのでした。

 

このイベント、嬉野さんの対談のお相手が「シャープさん(SHARP_JP)のツイッターの中の人と知り、行きたい!と即決。

チケット発売日のお昼に速攻チケットを取ったのですが、席は後方でした(左端からお客さんを埋めていったのかな?)

 

当日はあいにくの雨模様。結構な土砂降りで、会場に到着する頃には服がずぶ濡れになってました。

 

 

キャンパスプラザ京都は京都駅から歩いて5分ぐらいのところにありました。

 

入口にはこんな掲示板が。

 

4階に移動し、会場内へ。

黒板には嬉野さん直筆のメッセージも書かれてましたよ(^^)

 

会場内は、大学の教室みたい。まさに「キャンパスプラザ」なだけありますな。

隣で観てた方はイベント中メモを取られてて、ほんとに講義を受けてるみたいな感覚になりました。

 

15時過ぎに嬉野さんとシャープさんが登場。

「中の人」と呼ばれている人は多いと思うんだけど(ゆるキャラとかも含めて)、その中の人の実物にお会いするというのも初めてだったので、新鮮でした。

 

前半はシャープさんの紹介(でいいのかな?)

まず思ったのは、センスがずば抜けてよいっ!!ということ。

しっかりと”ツボ”を抑えているというか、ツイートもそうですけど、何気ない一言や画像がすっと心の中に入ってくるんですよね。

 

わかるわかるっ!!っていう部分が何度もあったり、スクリーンに映される画像が変わった瞬間に爆笑したり。

 

すごく楽しかったし、こういう感覚って大事だよなぁって思うこと何度もありました。

 

印象に残ったのは、どの話題でお話されてた内容だったかは忘れてしまった上に、解釈が合ってるかも不安なのですが、今やyoutubeでは1分間に300時間以上の動画がUPされる時代となっているとのこと。

 

2000年代に入って、youtubeのような動画が簡単に作れるようになったり、SNSが普及したりした結果、情報量が人間が処理する量を大幅に超えてしまったよう。

 

そうなると、本当に欲しい情報が欲しい人に届かなかったり、届けたいと思う情報も受け取られずにスルーされてしまうことも多いと。

 

そのため、万人に受ける情報というのが難しくなっており、「誰か」に届ける情報が重要であるとのこと。

 

シャープさんのツイートは、製品情報の他にも、日常のたわいもないことをツイートしたり(テレビ番組の感想とかも)、ときには、大雪の時の室外機の対策方法について、同業他社のダイキンさんのサイトを引用してツイートするなど、お客さんにとって必要な情報であれば、他社の情報も活用するというスタンス。

 

そういう姿勢が、フォロワー47万人にも及ぶ要因なのかなと思ったりしたのでした。

 

フォローしたくなるアカウント(公式)の特徴としては、フォロワーとの距離の近さもあるのかなと思ったりします。

リプライくると、やっぱり嬉しいですし。

告知だったり、商品紹介だったりにも反応したりしますけど、その人(中の人?)の感じている生の声がツイッターで届くと、こんなことを感じたり見たりしてるのかぁと思って、興味持ったりすることがありますです。

 

そんな感じで、だいぶ話の内容は忘れてしまっているのですが、シャープさんの中の人の自己紹介があって、その後は、嬉野さんと対談という話で中盤進んでいきました。

 

嬉野さんの話で印象的だったのは、どうでしょうのレギュラー放送が終了してからしばらくの間、HTBのサイト内にあるどうでしょう日記の更新に合わせて、BBS(掲示板)に書きこまれるファンの方々からの書き込みに返信したりしていたことがあって、ファンの方々との距離が近くなったと。

 

HTBの上層部の人たちなんかは、BBSに返信作業をすることでどんなメリットがあるんだなんて言われたりもしましたけど、嬉野さん自身にはそれをやったことによる実感を感じたこと出来事として、2005年のどうでしょう祭の話をされてました。

 

ステージ袖で待機してると、カッパきながら楽しそうにしてるお客さんの姿が見えて、思わずうるっときて、自分がやってきたことは間違いじゃなかったと思った、なんてことをお話されてました。

 

2005年のどうでしょう祭は参加したので、その様子がすごく伝わってきて嬉しかったなぁ〜。

 

あと、どうでしょうって、一応企画を決めて現地に行くけど、どの場にいかないと何が起こるかわからないって話もしていて、ヨーロッパ20か国完全制覇(完結編)のときに、クワンカの街で起こった出来事として、大泉さんがやる「糸ようじ」のモノマネに爆笑した話を挙げてました。

 

「糸ようじ」のフレーズに爆笑する会場(笑)

どうでしょう藩士の方々もたくさん来場されてたんですな(^^)

 

そんなこんなで、いろいろと記憶が抜けてますけど、あっという間の1時間半でした。

 

またこんなイベントがあったら参加したいなぁ〜〜。

 

<追記>

 

イベントが終わったら、雨があがってました。

帰りに京都駅近くにあるサートーマスリプトンで女子トーク(笑)

白桃のタルト&ロイヤルミルクティ、おいしかったです(^^)

| その他の水曜どうでしょう | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと