スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
12/8 下北沢にて’19 2日目

2日目の日曜日は快晴♪

 

午前中は上野〜根津あたりを散策。

その後、千代田線→小田急線に乗って下北沢へと向かいました。

 

 

この日は、お祭り広場内のステージでヒロヒサさんのフリーライブを観賞。

 

セットリストは

 

はしっこねこ

僕のオリオン座

道を行けばブルース

ねんねんころりの子守唄

空とぶくるま(新曲)

東京五輪

生活の柄

 

フリーライブなのでいろんな方が立ち止まってライブを観てたんですが、その中に外国人の方もいらっしゃって、曲名を英語で説明したりしてました。「My Orion」とか。

「ねんねんころりの子守唄」の曲名を説明してたときの内容が秀逸でしたな。

そういう意味合いも込められた曲でしょうし。、

 

で、前後しますけど、はしっこねこのときに最後ネコの鳴きまねをするところがあって、そのところで外国人の方がかなり反応してたのが印象的でした。楽しげにみてましたな(^^)

 

「空とぶくるま」は、途中の歌詞で「everything gonna be nogood」って歌詞があった気がする。

次回ライブで聴けたら今度はもっとしっかり歌詞を聴きたいなぁって思います。

 

「東京五輪」は「Tokyo Olympic」って外国の方に説明してから歌ってましたな。

 

この曲の途中ぐらいかなぁ?ステージの近くに天使(またの名を妖精)が現れまして(小さなお子さんのこと)、ヒロヒサさんの演奏する姿を食い入るように見てたんですね。

 

最後、生活の柄を歌ってくれたんだけど、そのときもじーーーーっと微動だにせずステージを観てて、間奏のところで子供に近づいて演奏したりしてたんだけど、それでも全然動かなかったの。めっちゃめちゃかわゆかったです!

 

ライブ観てるお客さんが手拍子してたりすると、ちょこっと手を叩くようなそぶりもしたりしてて、ほんとキュートな天使だった。

 

ヒロヒサさんも生活の柄の途中の間奏でなぜかエレクトリカルパレードのメロディ弾いたりとかしてて、そういう即興な演奏もよかったわぁ。

 

とても楽しくライブを観ることができました(^^)

 

ヒロヒサさんのステージが終わってすぐ、前日に引き続いてパレードが出発するとのことだったので、この日もついていっちゃいました。

この日はヒロヒサさんもパレードに参加。

昨日は「上を向いて歩こう」と「オーシャンゼリゼ」の2曲だったけど、この日は「カントリーロード」も加わりました。ヒロヒサさんが加わったからかしら?ありがたいですな。

 

ゆっくりと下北沢をぐる〜っとまわってこの日は一緒に回ってくれた子供たちと記念撮影もしてましたね。

 

2日目はちょこっとの参加でしたが、楽しいひと時を過ごすことができました(^^)

 

今年はこれでライブ見納めかなぁ。

また来年もラブ人間やいのちく、そのほかのバンドのライブをいろいろ観に行けたらなと思います!

| 井乃頭蓄音団 | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
12/7 下北沢にて'19初日

先週末は「下北沢にて’19」にいってきました。

 

このライブイベントを観に行くのは4年ぶり。

今回は10周年ということで、2日間の開催。

4年前に来た時に比べて規模も大きくなっていて、駅前の「お祭りパーク」にはフードコーナーやライブステージなどもありました。

 

そういえば、初日は小雨が降っててとても寒かった記憶があります。

 

お祭りパークでリストバンドを交換した後に、トップバッターのTHEラブ人間のライブを観にGARDENへと向かいました。

 

ライブが始まる前にこの日の出演者の曲がランダムにSEで流れてたんだけど、12時になる直前に井乃頭蓄音団の曲が流れてきたんですね。

めちゃめちゃ懐かしい曲で、正直最初気づいて無くて「あれ?これ・・・、あーーー!!!!!!」ってなりました。

なんで「公衆便所で」がかかってたんだろう。誰のチョイスなんだろう??謎がいっぱいです。

 

しかも、その曲の途中でラブ人間のメンバーが登場してライブスタートしたので若干音量がボリュームアップする瞬間があって、なぜだかわからないけどすごくドキドキしました(笑)

 

いやー、びっくりした。

 

そんなこんなでライブがスタート。

 

セットリストは

 

東京

コント

アンカーソング

バラの坂道

砂男

 

10月に発売されたラブ人間のベストアルバムを聴いて以来「東京」をライブで観たいってずっと思ってたのでようやく聴くことができてとても嬉しかったです。

「東京」のときは女性のサポートボーカル?の方もいらっしゃったのもよかったなぁ。

 

コント→アンカーソングと続いた後、金田さんとツネさんがこそこそと話してて「どうしたんだろう?」と思ってたら、どうやら金田さんのギターの弦が切れちゃったみたいでどうしようかと相談してたみたい。

 

結局、ギターの弦張り替えに行く、ってことになって一旦金田さんだけステージ裏に下がったんだけどほどなくして登場。他のバンドさんからギターを借りれたらしい。

 

そしてバラの坂道。最後は砂男、と続きました。

砂男はライブで聴くとウルウルしちゃうことが多いんだけど、この日は楽しく笑って聴けたなぁ。

 

あっという間のライブステージでした。

 

ライブ中に発表予定だった(?)ニューアルバム発売の話は別途SNSで情報を見ました。

あと、「砂男供廚MVも。

このMVは反則だ(褒め言葉です)

 

歴代のメンバーが出てくるんだけど、脱退したメンバーがワゴンに乗ってきて、次のメンバーと入れ替わって降りてっていうのとか、それぞれのメンバーの表情とかみてたらウルウルが止まらなくなった。

一番知ってるのがえみそんさんと服部さんがいた5人の時代で。あの5人でワゴンに乗ってて、えみそんさんがめっちゃ笑顔だったのが印象的だったなぁ。

元ラブ人間であり、元いのちくのドラムでもある富樫さんもいて懐かしいなぁと思いながらMVみました。

 

それからカレー休憩を挟んだ後、15:30からはQueで井乃頭蓄音団と鈴木慶一さんのライブを観賞。

個人的には2019年の「いの納め」ライブとなりました。

 

 

前半はいのちくだけのステージ、後半は鈴木さんと一緒のスペシャルステージとなりました。

 

セットリストは

 

親が泣く

文豪気取り

イキテク才能

アンゴルモア

 

〜鈴木慶一さん登場〜

The Weight

どですかでん

こうもりが飛ぶ頃

 

親が泣くからライブ始まるのは久々な気がする。

そういえば、本番前のサウンドチェック中に松尾さんがしきりに「親が泣かない〜」って謎の歌詞を歌ってたというかつぶやいてたのがちょっと気になりました(笑)

 

文豪気取り、この日はギターありでやってましたね(松尾さんがね)

 

イキテク才能の後、「てめぇらが〜」とか言い始めたから、「あれ?デスコ?」って思ったのに「アンゴルモア」という不意打ち。

お客さんもたくさん入ってて、みんなで「それは明日じゃないのかな」ってやるの、楽しかったです(^^)

 

曲終わりで鈴木さんを呼びこみ。

前にフジロックで共演してたこともあり、「久々だねぇ」って感じでちょこっと会話してましたね。

「親泣かしてない?」とか鈴木さんが聴いたりして。

「今日、この状況に別の意味で泣いてるかもしれない」って話もしてた気がします。

 

そして、鈴木さんと一緒に最初にやってくれたのが「The Weight」。これは嬉しかった!!!

いのちくバージョンの歌詞での演奏だったのもよかったなぁ。

終わったあとに、「この意訳はいいねぇ」って鈴木さんがおっしゃられてて、すかさずヒロヒサさんが「僕が書きました!」っていってたのが面白かった(^^)

 

どですかでんも初めて聞いたけどよかったなぁ。松尾さんがコーラスの方担当してるのが新鮮だったな。

 

終盤はかっこいい演奏が続いてました。即興ではないんだろうけどその場で音を作ってくっていう感じがしたんだよね。

ほんと、スペシャルなライブでした。

 

ちょうどいのちくがライブをしていた15時頃の時間帯に、観たいバンドがほぼかぶっていたのでこのあとどうしようかな?と思ってぶらぶらしてたら、17時からパレードがお祭り広場をスタートするとのことだったのでいってみることにしました。

楽器帯は7〜8人いたんじゃないかしら?ギターとかトランペット?(サックス?)とか。にぎやかでしたねぇ。

お客さんもいっぱいついていって、下北沢の街を音楽を奏でながらぐるっと一周してきました。

楽しかったなぁ。。。「上を向いて歩こう」とか「オーシャンゼリゼ」とか、聴きなれたメロディーの曲を演奏してたので、沿道を歩く人たちも足を止めて手拍子してくれたり写真撮ったりしてました。

 

こういう雰囲気が下北沢いいですよね(^^)

約30分のパレード、とても楽しかったです!

 

翌日はチケットを持ってなかったのですが、ちょこっとだけ下北沢に立ち寄りました。

それはまた、次回のブログで!

| 井乃頭蓄音団 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
11/23ライブ鑑賞@名古屋R.A.D

昨日は栄にあるR.A.Dに、井乃頭蓄音団のライブを観に行ってきました。

 

会場へは16時ごろ到着。

階段で上がってくださいとのことで、6Fにある会場まで向かったら息切れしまくりでした(絶賛運動不足)

ちょうどサウンドチェック中で、ボーナストラックということで「この人は誰だろう」と「ともだち」の2曲を演奏してくれました。

 

お得感!!!!!

 

ライブは10分押しの16時半にスタート。

 

セットリストは

 

ようこそ我が家へ

言ってはいけない言葉

この道を

ぼくら風まち

デスコ

ねんねんころりの子守唄

親が泣く

あそんだら

 

松尾さんとヒロヒサさんの地元ということで、冒頭名古屋ネタの話してましたね。

なぜか、ライブハウスのトイレットペーパーがダブルだったって話から、名古屋でオリンピックやるなら瑞穂競技場だ、みたいな話とか。

その話に、名古屋の地元の人たちが反応して嬉しそうでした。

地元ワードが入ると嬉しいよね(^^)

 

この日はアコースティック編成ということで、ジョニーさんはバンジョー、ヒロヒサさんはマンドリンの演奏でした。

そして、そういえば松尾さんこの日は珍しくライブ中もメガネ姿でしたね。

ソロでは最近メガネなこと多いみたいですけど、バンドのときはなかなか見かけないですよね。

 

地元名古屋ってこともあってか最初は「ようこそ我が家へ」からスタート。

 

前日のロック!!ないのちくとはまた雰囲気が変わって、心地よい音色の演奏が続きました。

心がホカホカしますな。

 

とか思ってたら、この日もデスコやってくれたんだけど、今日は松尾さんのテンションが前日以上にあがってまして、名古屋の武将の名前いっぱいいってたな(笑)「信長、秀吉、松尾」とかいってたかな(笑)家康は次点っていってたのは覚えてる。

「イケイケ注意報」とかいって、結構な長さのMCしてました。

そうそう、この曲の歌詞に、「金田と柴田と・・・」って歌詞が出てくるんだけど、「金田と」って歌ってるところで松尾さんが指さした方向にラブ人間の金田さんが笑ってステージ観てるのが見えて、「おぉぉ!」ってなりました。

これはすごく嬉しかったわ。「おっ、金田さんいるっ!」ってなって、私もめっちゃテンションあがった。

いやー、楽しかったぁ。。。(しみじみ)

 

「デスコ」からの「ねんねんころりの子守唄」っていう振り幅がまたいのちくらしいといいますか。。。

最近わけわからん事件が多すぎて、ニュースとかも見るのがつらいって思うことも多くて。

なので、この曲はぐっさぐさ胸に突き刺さりました。デスコ視てた時とは違うテンションで演奏みてた。

感情の揺さぶりがすごかったわぁ。

 

親が泣くでは、弟さんの近況をたっぷり目に話してました(笑)

 

そして、ラストは「あそんだら」

この曲を聴き始めて1年ぐらい経つんだけど、1か所なんて歌ってるんだろう?って気になってた部分があって、昨日ようやくその歌詞がわかってスッキリしました。

「飲もう酒、組もう肩〜」であってますかね?(組もう肩のところがわかってなかった)

 

全員のソロの演奏部分があるのが好きです。松尾さんもアコギソロあるし、大貫さんのベースソロもかっちょいいし。

 

下北沢にての番外編ってことで、フェスのようにたくさんのバンドが出るイベントだったのに持ち時間が40分もあって、さらにはボーナストラックもあったので、2マン、3マンぐらいのライブのような感覚がありましたです。

 

ほんとは、ラブ人間のリリースツアーを兼ねたライブということで、トリのラブ人間のライブも観る予定だったのですが、タイムテーブルが押してたこともあって泣く泣く諦めました(涙)

ベストアルバムめっちゃよくて、「東京」とか何回も聴いてます。久々にライブ観たい気持ちが高まってるので、またぜひ見に行きたいです。

 

いのちくとラブ人間のライブが両方見れるライブイベントが、12/7,8の下北沢にてってことで、行こうかどうしようかめちゃくちゃ迷ってます。

 

迷ったらGOなんだよなぁ。。。早めに結論ださねば!!

| 井乃頭蓄音団 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
11/22 ライブ鑑賞@神戸VARIT

11/22は神戸VARITに井乃頭蓄音団のライブを観に行ってきました。

 

 

この日の開演は20時。いのちくの出番は22時からということで、仕事を終えて夕食を食べてから出かけても十分間に合いました。

前に神戸でライブがあったとき雨だったんだけど、この日もパラパラと雨が降ってましたな。

 

三宮につくと、金曜日ということもあり駅周辺はたくさんの人でにぎわってました。

若干すすきのっぽく感じたのは気のせい?

 

本日のサポートドラムは元プププランドの谷(タニマール)さん。

前回のファンダンゴのライブでもサポートしてくれてました。

 

セットリストは

 

(ボーナストラック)グッバイ東京

文豪気取り

悲しむといい

デスコ

ナミダナミダ

カントリーロード

東京五輪

親が泣く

〜アンコール〜

アンゴルモア

 

グッバイ東京を途中まで歌って「CMでした」「続きはCDで〜」っていってたのが面白かったです(笑)

 

多分、この日はいのちくのライブ初見っていう人たちが多かったと思うんですが、みんなノリノリで体動かしながら聴いてたのが印象的でした。

お酒が入ってる方々が多かったのもあってか、会場の雰囲気が雰囲気がいつもとは違ってて正直前半ちょっと怖かったんだけど、カントリーロードのとき、オリジナルのメロディのとこ一緒に熱唱してくれてて「一体感!!!!!」って思いながら楽しんでました(^^)

 

デスコをドラムありで聴くの久々だったと思う。

みんなわけわからずに、立ったり座ったりしてたよ(笑)それもまたよしだわ。

 

親が泣くのときは、ラスト谷さんのドラムソロがありました。

かっちょよかった・・・。

スポットライトに照らされて、会場の手拍子も上がって。かっこよかった・・・(2回目)

プププランドは神戸のバンドだったもんねぇ。バンドに出会ってから数回しかライブ観れなかったけど、好きだったのよね。

 

アンコールはアンゴルモア。

 

デスコとアンゴルモアを同日演奏するのも珍しいよね。

ほんっとたまになんだけど、どっちかの曲を演奏してるときに、「あれ?これって、それは明日じゃないのかな?ってコールするんだっけ?」って迷う時あります(笑)

まぁ、デスコは「それはデスコじゃないのかな」なのでそれじゃないやつはアンゴルモアになるんだけど(^^;

 

最後まで見たかったんだけど、終電が近づいてて泣く泣く曲の途中で会場を後にしました(涙)

でも、40分ライブたっぷり楽しめて嬉しかった!!

 

翌日も名古屋でライブ楽しみましたゆえ、続きは後ほど〜!

| 井乃頭蓄音団 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/7 ライブ鑑賞@cafe-CHI-MM

札幌滞在3日目。夜は古澤さんの歌ワゴンライブを観に再び大通へ。

 

 

札幌でのライブは去年の6月以来とのこと。

トーク多めでゆったりした雰囲気で進行されていました。

 

この日のセットリストは

 

Dear My Friend

start me up

Color

なくてはならないもの

キミノチカラ

〜アンコール〜

Thank you&Love you

 

前日まで3日間、どうでしょう祭で樋口さんのサポートギターを担当されていて、雨の中や極寒の夜でもパワフルな演奏をされていた様子。

スタッフさんが寒いでしょうとホッカイロとか上着とかいろいろ用意してくれたらしいのですが、ひとりギター弾きながら汗かいてたなんて話もされてました。

さすがに最終日の夜は寒かったとのことでしたが。

 

そんな天候の中でギターも酷使されちゃったのか、Colorの途中で弦が切れてしまいました。

弦が切れながらも最後まで歌い切り、次のMC中に弦の生張り替えをやってました。

3弦が切れたとのことで、3弦の特徴とか役割なんかを話したりしてて、一瞬だけギター教室みたいになってました(笑)

 

なくてはならないもののときは、どうでしょう祭の2日目で歌った時に冒頭で歌詞が飛んじゃったって話してましたな。

その日はスペシャルゲストで安田さんも出演してて、安田さんからもこの曲について「よい曲」とおっしゃっていただいたことがあるようで、そういうのもあって、絶対歌詞間違わないようにって気合い入れて歌ったらしいんですけど、飛んじゃったと。

今日は絶対に間違いませんっ!!っていいながら、この日も気合い入れて歌われてました(^^)

 

最後は日本ハムのCMソングにも使用されている「キミノチカラ」。

この曲の途中で、またもや別の弦が切れちゃって、後半はアカペラで歌ってました。

 

さらに、アンコール。ギターが使えなくなっちゃったのでどの曲にしよう?と迷われた結果、「Thank you&Love you」を。

アカペラだけでなく、マイクを通さず生歌で歌ってくださいました。

 

約1時間ぐらいのミニライブでしたが、とても楽しい時間でした。

何より、札幌で古澤さんのライブを観ることができたのが嬉しかった。

(どうでしょう祭は最終日だけの参加で、初日・2日目の古澤さんのライブは見れなかったので)

 

そうそう、ちょうどこの日に、12月の大阪でのライブ開催についても発表がありましたね。

バナナホールでのライブ、どんな風になるんでしょうねぇ。

| ライブ鑑賞 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/7の旅日記

月曜日。当初は旭川まで行こうと思って行ったのですが、朝起きれなかったことと、夜に札幌市内で古澤さんの歌ワゴンライブがあるとのことだったので、そちらを優先することにしました。

 

じゃあ、今日1日何しよう?と考えた結果、いつものようにレンタサイクルを借りて市内観光することに。

 

札幌駅近くで自転車を借りてまずは中島公園へ向かいました。

 

札幌護国神社をお参り&御朱印もいただきました。

 

お隣には多賀神社という神社もあったのでこちらもお参り。

 

その後、西18丁目付近まで移動し、今回どうしてもいきたかったカスタネットさんへ。

 

かなり前に購入したTシャツがボロボロになってきちゃって、新しいのを欲しいなぁと思ってたので買いに行きました。

店内には可愛い商品がいっぱいあって優柔不断な私はなかなか決められず。

そうこうしているうちに、お客さんが何組も入ってこられました。

 

Tシャツとコーヒーを購入し、再び出発。

 

大通方面へ戻っていると、スープカレーのsamuraiを発見!

ちょうどお昼時だったので、ここでランチを食べていくことにしました。

 

これは、チキンと一日分の野菜20品目のチキンを豚角煮に変更したもの。

スープが甘い!と思ったのは、トマトが丸ごと入ってたからかなぁと思ったり。

やさいたっぷりでおいしかったです(^^)

 

その後、大通でさえらに立ち寄り、サンドイッチをお持ち帰りで。

夕方に食べたのですが、相変わらずぼりゅーみーでした。フルーツサンドは絶品だわぁ。

 

そして夜からは古澤さんのライブを観るべく再び大通へと向かったのですが、そちらについてはまた別の日記にて。

 

結局、翌日は雨で千歳空港に早めに向かって特に観光しなかったので、この日が札幌滞在唯一の観光日となりました。

| どうでしょうな旅 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/6 どうでしょう祭最終日

10/6はどうでしょう祭の最終日に参戦。

この日は朝から快晴で嬉しかった!

 

まずは千歳から札幌へと移動し、ホテルに荷物を預けて南平岸へ。

この光景みるだけでテンションあがりますよね。

旧社屋にはこんな絵も。

 

10時頃にバスに乗ったのですが、バスにはすんなりと乗ることができました。

ただ、この日は札幌マラソンが開催されていたようで、渋滞がいくつかあって会場まで1時間以上かかりました。

 

バス内で流れてたどうでしょうD陣+ミスターのラジオが2回流れてもまだつかず。

でも、2回流れてもおなじところで笑っちゃうのがどうでしょうさんならではですな。

途中の商品紹介と相変わらずのボヤキな大泉さんのコーナーも面白かった(笑)

 

そんなこんなで、なんとか会場に到着。

 

前日までの雨の影響からぬかるんでるところが結構あって、ついて早々靴がドロドロになりました(^^;

 

ちょっと上の方の場所を確保して、お昼のステージまで待機。

 

基本的にこの場所だとステージは全く見えないので、目の前にあるスクリーンでステージの様子をみていました。

 

ただ、昼はまあまあ暖かかったのですが軽装備で来てしまったため夜の寒さには耐えられないと判断。

準備不足が否めなかったのが反省点です。。。

 

このまま寒いのを耐えながらここに残るか断念して会場を出るか迷っていたところ、夜のライブビューイングの当日券がある映画館見つけて夕方はそちらに移動することにしました。

 

夜の部は映画館で。

 

前半に樋口さんの歌の時間があったのですが、歌ってる息が白くてものすごく寒そうな印象を受けました。

 

樋口さんは3曲。

最初に、1/6の夢旅人(旧バージョンの方)を少し歌った後にアニバーサリーソングの祭りバージョン、そして小さき花の歌とライブが続きました。

 

小さき花の歌は熊本地震の復興のチャリティーソングとなっていて、レコチョクなどで購入すると収益が復興に使われます。

この曲のレコーディングにはどうでしょうの4人も参加していて、熊本に対する思いを曲中に叫んでくれています。

この日は、樋口さんが歌い、古澤さんがギターとコーラスを担当する形だったのですが、歌っている途中に、「熊本が好きだー」とか、「僕は一生熊本を応援します」とか大泉さんたちが叫んでるのが浮かんできてずっとウルウルしながら聴いてました。

樋口さんと古澤さんのハーモニーもよかったなぁ。。。

 

そして、ラストは「永遠のラストショウ」。これがまたよかったんだわ。。。(涙)

どうでしょうのイベントでこの曲を聴くというのが非常に感慨深かったです。

 

このあとは、新作の第1夜の放映。そして、第2夜の枠取りと第2夜の放送と続きました。

北海道では12月に放送されるよう。

こちらで放送されるのはいつになるかわかりませんけど、来年以降放送されるのを気長に待ちたいと思います。

(第2夜放映の前後で撮影された前枠・後枠が無事放映されるかが気になるところです)

 

エンディングに再び樋口さんと古澤さんが登場・・・の前に、鈴井さんと大泉さんが「手漕ぎボートは海をこえて」を歌ってくれました。

これは、感動した。そして、自分でもいってたけど、ミスター歌上手くなってる!!!

オーパーツの舞台の間にカラオケ言って練習したとかいってましたね。

スクリーンに映し出される若かりし頃の2人の姿にも泣けたんだよね。

20年以上年月がたっていても、大好きな2人、大好きなどうでしょうであり続けてくれてるのが本当に嬉しい。

 

これで、大団円と思いきや、大事なことを忘れています。

 

1/6の夢旅人2002の大合唱。

この曲のパワーはほんとすごいなって思う。ほんと感動するよね。

なんかねー、新作の放送があって、ザワザワってしてるわけですよ、内容云々とかではなく個人的には「わぁ、新作みれた」みたいな感じでなんかそわそわというか、落ち着かない状態があって。

 

そこへ、びしっとこの曲が来ることで気持ちが締まるというか、ほんっとに樋口さんが守護神みたいに見えましたね。

歌ってる息は先ほどよりも増して白くなってて、「がんばれー!がんばれーー!!」と思いながら中継見てました。

 

ラストは花火。空に浮かび上がる花火、とてもきれいだったなぁ。。。

 

花火が終わって、4人一人ひとりの挨拶があったあとだと思うんだけど、エンディングとしてこの日1日の映像がスクリーンに映し出されて、昼の部が始まったときに空撮で撮ってた映像とかも映ってましたね。

(ヘリコプターの音がうるせぇ、とかいって大泉さんがぼやいてたら、HTBのこの映像のためのヘリだったっていう・・・(笑))

 

最後まで現地でみれなかったのは残念でしたけど、どうでしょう祭に14年ぶりに参加できてよかったなと思いました。

 

今度はもっと温かい時期に、、、もしくは、真駒内でまたやってもらえたらなぁと思ったりもしています。

来年夏にキャラバンがあるならまた参加したいなぁ。とも思ってます。

 

3日間参加された皆様、お疲れ様でした!!

| どうでしょうな旅 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/5の旅日記

10/5から10/8まで、北海道に行ってきました。

 

初日は札幌市内でホテルが取れなかったため、千歳に泊まることにしました。

今回は、神戸空港からお昼に出発するスカイマークに乗って千歳に向かったのですが、神戸空港に向かう途中阪急神戸線が運転を見合わせていることが判明。

結構ギリギリに自宅を出たので焦りましたが、JR経由でなんとか無事空港にたどり着くことができました。

 

飛行機は定刻で出発。追い風だったらしく10分くらい早く14時には千歳空港に到着しました。

飛行機から空港ビルまではバス移動だったので、タラップを降りてすぐ「北海道すずしい〜〜〜!!」っと北海道の空気を実感。

この、ヒンヤリとする気温が北海道に来たことを実感できて、めちゃめちゃテンションあがりました(^^)

 

到着してすぐ、まずは腹ごしらえということで、ラーメン道場でラーメンを食べることに。

一幻は行列ができていたため断念。さて、どこにしようかなぁ〜と迷った結果、旭川の梅光軒のしょうゆラーメンをチョイス。

 

 

ハーフサイズにしたら一瞬で食べ終わっちゃった(苦笑)

普通サイズでも全然いけましたな。

 

その後、JRで千歳まで移動。

ホテルは駅からすぐだったので、荷物を置いて駅周辺の散策にいきました。

 

歩いて20分ぐらいのところに水族館があるということだったので、行ってみることに。

水族館は、道の駅「サーモンパーク」のすぐ近くにありました。

 

少し紅葉も始まってましたね。

 

千歳水族館は「サケのふるさと」と書かれているだけあって、サケの展示が充実してました。

 

これはベニザケ

 

これはカラフトマスの稚魚かなぁ?

オショロコマと一緒に展示されてたと思うんだけど、撮影したのは違う魚だったみたい。

 

 

他にも、千歳川の様子が見れるコーナーや、ドクターフィッシュを体験できるコーナーがあったりと、いろいろ楽しむことができました。

 

このあと、モリモトの本店へ。

今、本店は改装中とのことで、仮店舗で営業していました。

 

翌日はホテルの朝食バイキングを食べたのですが、石狩鍋とか地元のメニューも食べることができ大満足でした。

いよいよ、札幌へと移動しますよーーー!

 

| どうでしょうな旅 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/11 ライブ鑑賞@堺FANDANGO

金曜日は、十三から堺に移転したFANDANGOに井乃頭蓄音団のライブを観に行ってきました。

 

 

難波から堺駅までは南海電車の急行・特急で10分。そこから、徒歩5分ぐらいの場所にありました。

会場に入って感じたのは、ステージだ大きいなぁということ。

あと、ステージの後ろの背景がかっこいい!!ということでした。

以前の十三のFANDANGOを残しつつ、な雰囲気を感じました。

 

この日のトップバッターは井乃頭蓄音団。

 

セットリストは

 

文豪気取り

悲しむといい

ナミダナミダ

イキテク才能

アンゴルモア

THE財閥

東京五輪

 

文豪気取りのイントロが始まった瞬間、「このライブハウスすっごく音響くっ!!!」って思ったのでした。

反響というのが正しいのかわからないけど、ものすごくギターの音色が会場内に響き渡ってた。

 

”いのちく”としてのライブをみるのは2ヵ月ぶりぐらいだったので、あーこれこれ!!心地いい!!と思いながら聴いてました。

 

次の曲で松尾さんがタンバリンを持ったので、「おっ、悲しむといいだ!!」と。

リズミカルで、思わず体を動かしたくなる、元気になれる曲です(^^)

 

そして、ナミダナミダ。やはり、中盤の両脇2人のギターのやりとりがかっちょいい。

あと、最初、松尾さんがギターを準備する間にヒロヒサさんたちが先に演奏始めてるのもなんかよかった。

 

中盤まではINOTOPIAからの曲が中心でした。

 

アンゴルモアが始まる前に、「ノストラダムスが〜〜」とか松尾さんがMC始めて「あー、きたきたっ」と(笑)

アンゴルモア→THE財閥、と激しめのが続きましたです。

財閥の間奏のとき、松尾さんくるくる回ってて、目がまわらないのかなぁ?と思ってたけど、後半もちゃんと歌ってたから大丈夫だったみたい(笑)

 

そして、ラストは「東京五輪」。

この曲聴くと最近いつも思うけど、「いろんな事件をみてきたように〜」のところが胸にぐさぐさ突き刺さる。

明るいニュースがなかなかないし、この日も台風の進路とかが気になる状況だったので、余計に心にツンときました。

 

FANDANGOが十三から堺に移転して、家からは遠くなってしまったのが少し残念ではあるのですが、雰囲気の良い場所だったので、またライブが観れたなぁと思ってます。

| 井乃頭蓄音団 | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
10/12 ライブ鑑賞@VOXhall

昨夜は、京都河原町にあるVOXhallに井乃頭蓄音団のライブを観に行ってきました。

 

12日は台風の影響からミナミホイールや様々なイベントが中止となるなか、ライブ開催との発表があり、天候や交通状況を判断してぎりぎりで行くことを決め、夕方遅くに出発。

 

阪急電車(京都線)は通常通り運行してましたが、乗客はいつもよりかなり少なかったです。

 

いのちくの出番は20:55からでしたが、15分ぐらい押してスタート。

この日はアコースティック編成でした。

 

セットリストは

 

この道を

ようこそ我が家へ

ともだち

佐々木です

デスコ

カントリーロード

あそんだら

 

VOXhallでいのちくのライブ観るのは4年ぶりぐらいで(2015年の見放題翌日のライブ以来かな?)とても久々だったんですが、ここはライブハウスが階段状になってて観やすいのですごく好きです。

 

この日もちょっと高いところから全体を見渡しながらライブを観ることができました。

 

前日の堺のライブとがらっとセットリストを変えてくるところが毎回思うけどすごいなぁ、嬉しいなぁって思う。

 

初めていのちくのライブ観る人もいたみたいで、ともだちの歌詞聴いて最初は一瞬笑いが起こったりしてたんだけど、徐々に聴いていくとじんわりくるというか、聴き入ってる感じになってたのが印象的でした。

 

デスコも楽しかったなぁ。「イケイケ注意報」とかいってたなぁ(笑)

後半はちゃんと、ちっちゃくなったり大きくなったりしました←伝わらない表現(笑)

 

そして、カントリーロード。

これも毎回だけど、終盤に全員で歌うところがぐっとくるんだよね。

この日は全体を見渡せるところから見てたので、一人ひとりの歌っている姿をじっくりと見ることができました。

 

ラストは「あそんだら」

この曲、前半と後半にソロ演奏の場所があって、バンジョー(ジョニーさん)、ギター(松尾さん)、マンドリン(ヒロヒサさん)、ベース(大貫さん)とそれぞれがクローズアップされる演奏シーンがあったのがよかったです。

 

出演陣が多かったので演奏数少ないかなと思ってたんだけおd、7曲も聴くことができて、しかも前日とはセットリストが変わっててすごく幸せな時間でした。

 

磔磔でのライブも好きですけど、VOXhallでもぜひまたライブやってほしい!!

そんな願いが叶うことを願って、楽しみに待ってます。

 

追記:いのちくの出番が終わってすぐ、店内にカントリーロード(オリジナル)を流してくれて、ナイス選曲っ!って思ったのでした(^^)

| 井乃頭蓄音団 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Color
Color (JUGEMレビュー »)
古澤剛,古澤剛
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ
なかのひと